プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

DATE: CATEGORY:教会のpianist
去年の9月に「近づくお別れ・・・半年後のその日まで」というタイトルで記事を書きました。
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-993.html
当然のことながら、あれからも時は流れ続け、牧師先生一家とのお別れはあと一月あまりに迫っています。

教会のほうは、無事に後任の牧師先生を迎える手はずも整い、4月からも無牧(担任牧師がいない)状態にならずにすみます。
でも牧師先生が変われば礼拝のやり方や雰囲気など変わる部分も大きいと思います。
少なくとも、今の牧師先生のように聖書勉強会や礼拝の選曲を奏楽者にゆだねるということはまずないだろうなあと思います。
選曲作業は大変に思うときもありますがとてもやりがいがあり楽しくもあったので、ちょっとさびしいですね。

またクリスマス礼拝、イブのキャンドルサービスや、イースター、受難日の礼拝も変わると思います。
これまで受難日にはピアノソロの演奏、キャンドルサービスにはそれに加えてアンサンブルも、機会を与えていただいていましたが、今年からもうそれもなくなりそう・・・
(そもそも今年は受難日礼拝じたい、できるかどうかわかりません。ちょうど牧師先生の引継ぎの時期に重なってしまったので)
いつもこの時期になると、そろそろ受難日のために選曲して練習に入っていたっけなあ。去年はチャイコフスキーの「バラの冠」でした。バッハの「主よ、我、汝を呼ぶ」 (BWV 639)を弾いたこともありました。

今の牧師先生には本当に(実力以上に?)、特に音楽面にかんしてはタワシのことを信頼してくれていたと思います。
教会にゲストの方が来られるとよく、「タワシさんのおかげで本当にウチの教会の賛美は豊かになっていますよ」などと、身に余るほめ言葉で紹介してくれてました。
教会によっては奏楽者がいなくて「ヒムプレイヤー」という賛美歌のカラオケにあわせて賛美しているそうなのですが、うちの牧師先生あれが大、大、大嫌いなんだそうで、それを思えばタワシの伴奏でもすごくありがたいんでしょうね~

牧師夫人Yさんはタワシのもっとも熱心なピアノの生徒さんでもありますが、Yさんのレッスンもあと数回しかできませんね。
ほんとにさびしい~
新しい赴任先がもうちょっと近ければ時々は会えるだろうしもしかしたら単発レッスンなんかもできるかなあと思ったりもしましたが、京都なんですよ。遠い・・・

ここでご一緒できる、残された日々を大事に過ごして行きたいと思っています。
新しく来られる牧師先生ともいい信頼関係が築けますように。
Comment

No title

タワシさん、こんにちは(^^)

3月4月は別れと新しい出会いの時期ですね。
今の牧師さんは京都に行かれるのですね。
でも年に何回かは旅行がてら会いに行くというのもありかもしれません!

せっかくのタワシさんの演奏機会がもし減ってしまったら皆さんとても残念だと思います。
やはり、心を込めて弾く生演奏に勝るものは無いと思います!

新しい方ともよりよい関係が築けますように(^^)

ね~み♪さん>

コメントありがとうございます。
そうなんです、同じ関東だったらいくらでも会うチャンスがあると思うのですが京都は遠い・・・
もちろんときどきは会いに行きたいですけれど、仕事もそうちょくちょく休めないし貧乏なので交通費を捻出するのも大変です。
牧師先生はしょっちゅう海外を含め出張している、フットワークの軽い方なので、つくばも時々訪問してくれることを期待してます。

4月からの礼拝はどんなスタイルになるのか、私だけでなく誰もが、その場になってみないとわからないのです。もちろん、奏楽者クビになるとかそういうわけではありませんので、大丈夫ですよ。自分の好きな賛美歌を選曲することはできなくなりそうで少しさびしいですが、でもそれが普通です。
そうそう、新しい牧師先生は、声楽を専門に勉強されていたとしか思えないほど歌がお上手で声量も抜群なんです。礼拝では他の全員の声を合わせたよりも断然大きい声で朗々と歌ってらっしゃいます。

おはようございます。

上の記事の演奏聴かせていただきました。
日曜日の朝、こういう曲は心が洗われます^^
シンプルな中にも深みがあるというか・・。
やはり音楽の力ってあると思います。
カラオケは血が通ってない感じでさびしいです。

新しい牧師の先生になると色々変わるものなのですね。
でもまた、よりよい関係が築けるとよいですね。



どれみさん>

聴いてくださってありがとうございます。賛美歌ってホント心が落ち着き、清められるように感じますね。ピアノのスイッチがまったく入らなくても賛美歌だけ何曲も弾き散らかすという日が、私はたまにあります。
最近の賛美歌カラオケは進歩していろんな機能があるようで、それはそれで使いようだとは思いますが、やっぱり生が一番ですよね。

新しい牧師先生、夫人や娘さんと一緒に、昨日教会に来てメッセージ(説教)をされてました。
現在高2の娘さんが、とてもピアノがうまいという情報を得ました。 ピアノ伴奏の後継者の心配は、当分の間はしなくてよさそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © ようこそ!タワシワールドへ♪ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ