<今週の録音>「もしあなたが私を愛してくれて」(ペルゴレージ・偽作)

 今週のシューイチは「ぱちもんおふ」のネタを引っ張ってというわけでもないんですが、「ニーナ」と同じくペルゴレージの作曲とされながら実は別人の作品だったという「偽作つながり」で、イタリア歌曲の名曲「もしあなたが私を愛してくれて(Se tu m'ami)」をお届けします。

この曲は声楽をやる人にとってはおなじみの「イタリア歌曲集」に収録されていて、ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ作ということになっています。
しかし実の作曲者はなんとこの曲集の編纂者である19世紀のイタリアの音楽学者、アレッサンドロ・パリゾッティという人物なんです。
パリゾッティは17、18世紀のオペラアリアや宗教曲を集めて、19世紀ロマン派ふうのピアノ伴奏をつけて出版しましたが、なんとその中にペルゴレージの作として 自分自身の作品であるこの曲を混入したのです。
他人の曲を自作として発表するのは言わずと知れた盗作ですが、これはその逆バージョン。
そういえば、偉大なヴァイオリニストにして、作曲家でもあったフリッツ・クライスラーが、自作をしばしば、過去の忘れられた作曲家の作品として出版したことは有名ですね。

それにしてもペルゴレージさんはただでさえ夭折して作品が少ないというのに、その数少ない作品が次々と偽作と判明するとは・・・
(この2曲のほかにも、いくつも、彼の名による偽作があります)
まあ逆に言えば偽作がたくさんあるというのはそれだけ人気があったということでもありますね。

「もしあなたが私を愛してくれて」は、ロマンティックな要素が濃く通俗的ではありますが、自然で流れるような旋律が美しい歌曲です。
タワシが最初にこの曲とであったのはアルテュール・グリュミオーのヴァイオリン小品集でしたが、ヴァイオリンの音色にもとてもよく似合います。(ただし絶対に、音色の美しい人に弾いてもらいたいですね!)
原曲の速度指定はもっと遅いテンポなんですが、グリュミオーはそれより若干速めのテンポで弾いていますし、タワシも速めのほうが個人的に好みなのでそうしました。

例によって声楽用の三段譜(歌+ピアノ伴奏)を見ながら弾いてます。
しばらく放置していた楽譜を久々に引きずり出してきて今朝さくっと練習したので、いつものことながら練習不足もいいとこです。
何箇所も捏造してますし、最後に派手に音をはずしましたが、毎度おなじみのことですよね?今回もどうか広い心で、ご容赦ください・・・






もしあなたが私を愛してくれて(ペルゴレージ・偽作)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

タワシさん、こんにちは!
「もしあなたが私を愛してくれて」、本当にロマンティックできれいな曲ですね。
タワシさんのピアノは歌わせるのがお上手なので、
こういう歌曲はいっそうぴったりだなあと聴き入ってしまいました。
それにしても、声楽用の三段譜を見てさっと弾けるというのもすごいです!
コメントをさせていただいていないときもあってすみませんが、
シューイチ演奏はいつも楽しみにしています♪

いい曲ですよね。私はアムランによる編曲でこの曲に出会いました。
Marc-André Hamelin - Con Intimissimo Sentimento, No. 6 'After Pergolesi'
https://youtu.be/75QBS6V5WO4
http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA71557310

ぴょんさん>

コメントありがとうございます。
「もしあなたが私を愛してくれて」イタリア歌曲集の中でも、甘美なメロディの魅力では、ひときわ光っているような気がします。こんな素敵な曲を、他の作曲家の名を借りて、さりげなく(?)曲集に紛れ込ませるパリゾッティという人に、興味がわいてきました。

私は王道のピアノ曲というものがほとんど弾けないんです。その代わりというわけではないですがこういう「歌モノ」の比率がとっても高いんですよね。シューイチでもかなりの確率だと思います。
三段譜に抵抗があまりないのは、やはり慣れが大きいと思います。

コメントいただけるととってもうれしいですが、コメ残さなくても立ち寄って聴いて下さるだけで感謝ですので、今後ともシューイチとこのブログをよろしくお願いします♪

Erakkoさん>

こんにちは!こちらではお久しぶりですね。
ツィッターのフォロー、そしてリツィート感謝してます。

この曲は本文にも書いたように最初はvn用の編曲でであったのですが、そのときはパリゾッティが真の作曲家だということはまったく知らず、この時代にもこんなにロマンティックで美しい曲があるんだなあと思ったものでした。
アムランの編曲は初めて知りました。すごいですね!!

こんにちは(・▽・)

素敵な曲ですねぇ♪
とってもロマンチックでした(>▽<)

自分の曲を内緒で入れちゃうって
内心ドキドキしたのかな?
パリゾッティさんの気持ちを想像すると 
ちょっと ニヤニヤしちゃいました!

いもコンさん>

コメントありがとうございます。
いかにも恋のときめきが伝わってくるような、甘美な曲ですよね!

ね~
どんな気持ちで自分の作品を曲集に紛れ込ませたのか、私も気になっていたところです。やっぱりもしも見破られたらというスリルみたいなものはあったと思うんですよ。
偽作の本来の作曲家が次々とわかるようになってきたのは割と近年お話が多いので、パリゾッティさんのケースも、彼が生きている間はバレなかったのかな?
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月17日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪カヴァテーナ(伴奏)(ラフ) ♪詩的なワルツ集より(グラナドス) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場