ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音>「新しい生活」(グルリット) 

初心者向けの易しい小品を、さらりと、しかも味わい深く弾けるプロや上級者に憧れています。
なんといっても.ロベルト・シューマン先生の「易しい曲を上手に綺麗に弾くことは、難しい曲をつまらなく演奏することよりもはるかにすばらしい」というお言葉を、座右の銘にしているタワシですからね。自分がいざ弾いてみると「易しい曲を上手に綺麗に弾くこと」はとても難しいものだと悟ります。

今日のシューイチは、まさしくそんな、「易しい曲」です。
ドイツ・ロマン派の作曲家、コルネリウス・グルリット(1820-1901)が書いた、多数の初心者向けの練習曲のなかから、今の季節にふさわしく、「新しい生活」を弾きました。
(グルリットの作品の中で一番よく弾かれているのは「小さなロマンス」という曲だと思います。幼い子供が人生最初のピアノの発表会で弾くのにふさわしいような曲で、実際YOUTUBEにもそのよう動画がいくつもアップされていますので、興味のある方は検索してみてください。
タワシも幼いころにこの曲を好んで弾いていたことを覚えてます)
今回弾いた曲も、演奏時間時間たったの1分という短さだし、平易なテクニックで書かれていますが、自然な音楽の流れが美しく弾いていて気持ちのいい作品です。タワシの好きな8分の6拍子ということもあり、いっそう心地よく弾けました。
でもシューマン先生の金言への道のりは、まだまだ遠いです・・・







新しい生活(グルリット)
( 2015/04/11 23:21 ) Category 今週の録音 | TB(0) | CM(10)
さすが!心地いいですね♬
[ 2015/04/12 00:51 ] [ 編集 ]
「易しい曲を上手に綺麗に」、ホント難しいですよね。
易しい曲でも、初見と引きこんだものとでは全然違いますし、追求するほどに奥深いと思います。そんなわけで、グルリットの初級の曲も最近、丁度気になっていましたが、タワシさんの演奏、明るくかわいらしい感じがして素晴らしいです!
[ 2015/04/12 11:41 ] [ 編集 ]
タワシさん、こんにちは。
なんて軽やかですてきな演奏でしょう!
4月にぴったりのさわやかな曲ですね。
そんな曲の魅力をすぐに引き出してしまえるのが、
やっぱりタワシさんですね~
とってもいい気分になれました。
[ 2015/04/12 16:53 ] [ 編集 ]
イキイキとして流れるような演奏ですね~!
さすがタワシさん!!!

「易しい曲を上手に綺麗に」弾きたいですね。
音が少ない曲はかえって一つ一つの音質が明らかに
なる分、ごまかしが利かないので難しいですよね。
[ 2015/04/13 22:34 ] [ 編集 ]
さわやかな曲ですね~。
易しい曲?タワシさんなら数回弾けばOKかもしれませんが、私だったら何週間もかかるわ~~^^;

私なんか1曲を時間かけて弾いてるけどまだまだ独りよがりで聞き手のことを意識できてないよなあ~って思います。

いつも本当に素敵な演奏で癒されます♪ありがとうございます。
また1度生演奏もお聴きしたいものです。
[ 2015/04/14 15:59 ] [ 編集 ]
ありがとうございます♪

おひさしぶりじゃないですか~
一時ピアノ熱が下がっていたみたいでちょっと心配してましたが、完全復活も近そうですか。
近々またリアルでもお会いできそうですね☆
[ 2015/04/14 20:57 ] [ 編集 ]
>「易しい曲を上手に綺麗に」、ホント難しいですよね。
→はい、ほんとに。これは一生かけて追求するテーマなんじゃないかと思います。

グルリットの曲 気になっていたんですか!
美しく親しみやすい曲が多そうですね。
それに、もう少し難易度の高い(中級レベルの)サロン風の曲も書いてるようです。でも私には、この曲みたいな初級者向けの曲がぴったりなので、そちらは他のどなたかが弾いてく下さることを期待してます。笑
[ 2015/04/14 21:05 ] [ 編集 ]
演奏聴いてくださってありがとうございます!
4月にぴったりだと思いますか?よかったです♪
「新しい生活」というタイトルの曲ですが、新入学の小学生のわくわく感を表現しているのかもしれませんね。

初見でさらっと弾けそうなんですが、易しい曲でもいざ録音となるとかえって緊張してしまい、ありえないところでミスタッチや音抜けがあったりして、何度も録り直しましたよ。
[ 2015/04/14 21:57 ] [ 編集 ]
ミスしても音楽の流れだけは絶対に止めないように!教会の伴奏者として訓練を受けていたとき、厳しく叩き込まれたことです。少しは身についたかなあ~

ふくうめさんは「難しい曲を(も)上手に綺麗に」弾けるじゃないですか!うらやましすぎます~

音の少ない曲とかテンポの遅い曲は、ぼろが出やすいので怖いですね。
(その怖さが実感できるようになったのはわりと最近のような気がしますが)
結局 易しそうに聞こえる(見える)曲だって難しいのですよね。
「本当に易しい曲」なんて存在するのかなあ と、たまに思います。
[ 2015/04/15 00:06 ] [ 編集 ]
>易しい曲?タワシさんなら数回弾けばOKかもしれませんが、私だったら何週間もかかるわ~~^^;
→何をおっしゃるまんまるさん~絶対にそんなにかからないですよ~
まんまるさんも最近ずいぶん新曲をものにするペースが早くなってるではないですか。
それにね。1曲に時間をかけられる 何ヶ月も同じ曲を弾き続けられることが、それだけでも、私にとっては、とってもうらやましいんですよ。

聴き手のことは私も意識してませんよ。
伴奏するときはさすがに相手のこと(というより相手の音)を意識しますけど。
[ 2015/04/15 00:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア