プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

DATE: CATEGORY:雑記
せっかくの休日(タワシは火曜が定休日)というのに、一日中雨に降られて、ほとんど引きこもり状態でした。
こんな日こそ「弾きこもり」になればいいんだけど、やる気が気圧にほぼ比例するタワシ、今日はテンション低くて、せっかく時間があるのになかなかピアノに向かう気にならず 面白くもないテレビを漫然と見てたり、だらだらとネットサーフィンしたりして時間をつぶしてしまいました。
最近の目まぐるしい気候の変化についていけず、体調が今イチなせいもあるかも。

夜になってやっと少しエンジンがかかりました。
去年の夏から秋にかけて取り組んで、何とかかんとか最後まで通るようになったとたんに、(たぶん、ほかに弾きたい曲ができたせいで)放置したハイドンのト短調のソナタト(Hob.XVI:44 op.54-1 )が今日の練習のメインです。

リヒテルの情感あふれる演奏聴いて久々にまた弾きたくなったんだけど・・・
数ヶ月弾いてないとやっぱりかなり逆戻りしてしまいますね~
レパートリーを維持することの難しさを感じます。。。
でも当時、拍を感じるのに苦戦した第2楽章が、今日は弾いていてちゃんと3拍子っぽく感じられたのはよかったな。

それにしても2,3分で終わる小品ならともかく、ソナタくらいの規模の曲になると、なかなか最後まで完成させることが難しいです。
ミスタッチが山のようににあるとか、難所で指がもつれるとかの、技術的な問題を別にすれば、曲想もそれなりに把握して一応それらしく弾くことはできる曲は、このソナタを含めていくつかあるんですけど、そこから先が・・・
はっきり言って、独学では、どこをどう修正すればいいのか、そのためにどんな練習をすればいいのか、わからないことが多いのです。
ある一定の完成度まできたらそこから先は、たぶんやみくもに練習してもそんなに成果は上がらないじゃないかなあ。
独学者って、レッスンを受けている人のように、「はい、この曲はこれで合格」と言われることがないから、ある曲を「卒業」するタイミングの見極めは、難しいですね~。
そうはいっても、タワシの場合、もうちっとは粘らないとダメでしょう!!
Comment

No title

遊びに来なさい(笑)

No title

レッスン受けてますけど、「合格」って言われたことは一度もないです、そういえば・・・・(笑)

No title

私もレッスンで「合格」ってはっきり言われることは、まぁ少ないですね。そもそも音楽に合格なんてないですから。数年たてばまた違う弾き方になるかもですし・・・。とはいえ、たまには「よくできた」とか「合格!」って言ってもらいたいですよね。

No title

私もここ数年、合格なんてもらったことないよ~笑
コタのレッスンで花丸もらってるの見て、そういう時代もあったなぁって懐かしく思ったりするけどね。

それらしく弾けるようになったその先、難しいですよね。私の場合は、それらしく弾けるところまでも先生のお世話にならないとたどり着けませんが、人前で弾くとなるとその先がとても厳しいです。

この先どうしたらいいか分からない、っていうのすごく分かります。一時先生についていなかったとき、そのありがたみを痛感したので。そして、毎回のレッスン前には「この状態からどうやって教えてくれるんだろう・・」ってワクワクしますよ。

No title

私も「合格」っていうのは今の私の力だったらここまでで一旦おしまい、っていう意味ですからね~。

でもそこまでにしてもらえるのも先生の指導があってこそなのでありがたく思いますし、うちの先生はわりと「レッスンでやるならこれでもいいんだけど、もう1ステップ上がったところまで」って感じでレッスンしてくださるのですごく楽しいです。

1曲を長い時間かけて取り組むのが嫌いじゃないからなのかな。
私が早く終わりたいタイプだったらそこで合格、って言われそうな時期があるんですよ。
そこをもう少し頑張ってから合格って言われると自分なりの合格ですけどやっぱりうれしいものですね。


shigさんのコメントに笑いました(笑)わたしも遊びに行きたいです♪

No title

みなさんそろって、「合格もらったことない!」の嵐になってますねw 私も便乗して・・・私の先生も「合格」とは絶対に言わないです! (この調子でもっと練習しておいてね、じゃ次。と言われることが多いです)

とはいえ、独学だと線引きが難しいっていうのは、判る気がします☆

私の場合

「今回はこのくらいにしといたるわ!! 覚えてろよ!!(←といいつつ忘れるんだけど)」…と自分でいいます

No title

まぁその、ピアノの先生的には「次行ってみよー!」とでも言うしかないってことはあったりなかったりするようです。
#ようです、ってのはオレ、ピアノのせんせーじゃないしぃ(爆)

フセイン・セルメット先生もおっしゃってたが、「自分が先生になる」ってすごくピアニスト的に重要なスキルで、それができるまでは先生につくべきだし、出来て初めてピアニストになれるわけです。
#ってオレ、ピアニストでもないけどな!(笑)

shigさん>

2度のコメントありがとうございます♪

行きたい行きたい行きたい!!
本当はあさっても仕事すっぽかしてそっちに行きたいですよ~

shigさんは 立派なピアノのせんせーだと思います。
スイッチ入ったときのshig師匠は「フセイン・セルメット先生」にかなり似てます。
「自分が先生になる」って、スキルのひとつなんですか!とてつもなくハードル高いですね。

そんな、私にとっては次元の違いすぎる話はさておいて(?)
>ピアノの先生的には「次行ってみよー!」とでも言うしかないってことはあったりなかったりするようです。
これ、絶対ありますよね。「あったりなかったり」というより、「あったりあったり」する・・・?笑

ねこぴあのさん>

ねこぴあのさんも、本番前のお忙しいときなのに2回もコメントありがとうございます!
今度ぜひぜひ、一緒shig師匠のとこに 遊びに(?しごかれに?)行きましょう!

合格という表現でなくても、もちろん事実上は合格してるんだからノープロブレムですよ~
ほかの方のコメント見ても「合格」という表現はあまりしないのが一般的みたいですしね。

金魚さん>

金魚さんの先生も あんまりほめない人ですよね。(さすがは鬼さん!)
目指すところが高いから仕方ないのかもしれないけど。
でも時には「よくここまでがんばった」ってほめてもらいたいものですね。大人であっても。大人だからこそピアノ以外ににほめてもらう機会って、そうそうないですからね。

でも[音楽に合格なんてない]、というのは,真実でしょうね。

Sleepingさん>

>コタのレッスンで花丸もらってるの見て、そういう時代もあったなぁって懐かしく思ったりするけどね
わかるわかる~
最後に花丸なんてもらったのはいつのことだったろう?

そういえばSleepingさんも独学時代がありましたね。
この先どうしていいかわからない感、ありましたか。
やっぱり独学で「人前で弾けるところ」まで持っていくのは難しいですかね。
そもそも「それらしく」まで行っているのか?たぶん行ってないですね。おんそうずはともかく、イロモノとか星座とかやっぱり聴き専門にした方が賢明かな~

毎回わくわくしながらレッスンの日を迎えるのって素敵ですね。
これからもどんどん進歩していくんでしょうね、良いなあ~(遠い目)

まんまるお月さん>

>私も「合格」っていうのは今の私の力だったらここまでで一旦おしまい、っていう意味ですからね~。
たいていの人が そうなのではないでしょうか?
でもまんまるさんの先生は、同じ曲でも合格の基準ラインがいくつもあって、状況とか本人の希望で、融通が利くところがいいなあと思います。
そんな先生に習っているからなのでしょう、まんまるさんも、いい意味で、欲が出てきたって言うのか、現状に妥協せずより高いところを目指す心が育ってきているなあと感じます。

長い時間をかけて1曲に取り組み続けられるって、いつも言ってますけど、本当に才能ですよ。
私にはその才能は、かけらもないです。
だからいつまでたっても同じレベルでぐだぐだしてるんだろうなあ・・・

No title

こんばんは♪
お久しぶりのコメントになります(^^ゞ

「合格」ピアノや音楽に関しては、なかなか線引きが難しいですね>_<
先生も、ある程度の合格ラインがあって、そこをクリアすれば次へ、って感じなんだと思います
独学でも、ゴールに本番があれば、それを区切りにすることもできますけど、そうでない場合、私ならリタイアしちゃいそう>_<
タワシさんは、独学でもとことん追求されて仕上げてらして、すごいな~って思います!

ゆにくあさん>

>みなさんそろって、「合格もらったことない!」の嵐
レッスン受けてても、やっぱりなかなか、すっきり「合格!」って演奏はできないですよね。
ブログに貼り付けてあるピアともさんの演奏を聴いても「なんでこれで合格じゃないの?」と思うことがたまにありますが、きっと目指すところがそれだけ高いからなのでしょう。

独学の場合、次に進むための線引きはたしかに難しいけど 私はそのボーダーラインまで行っていないことは確実です(滝汗)

アンダンテさん>

曲に向かって直接、リベンジ宣言・・・?笑
さすがアンダンテさんです。
そりゃ実際、忘れちゃうこともあると思いますけど、忘れずにちゃんと再挑戦することもあって、そのときはしっかりと結果を出してるからいいじゃないですか?
私は以前やった曲を解凍してもそのときのレベルまで復活させるので精一杯のことがほとんどですよ~

atsumiryさん>

atsumiryさん、こんにちは!お久しぶりですね。
私のほうこそなかなかコメントできずに読み逃げが多くてごめんなさい、でも、がんばってらっしゃる様子は、ブログでちゃんと読ませていただいてますよ~

先生なりの合格ラインは確かにあるでしょうね。
でもそれをクリアして先に進めたとしても、先生も生徒も、「この曲で、やりのこしたことはない」といえることは、たぶんほとんどないのでしょうね。
上級者になればそれだけ自分自身でも求めるものは高いでしょうし。

あ。
>タワシさんは、独学でもとことん追求されて仕上げてらして、すごいな~って思います!
これだけは 絶対にないです。ぜんぜん仕上がってないですよ~
シューイチにアップしているような、短くてシンプルで易しい曲でさえも。
毎週の録音がもう完全に、妥協の産物ですよ~(とほほ)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © ようこそ!タワシワールドへ♪ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ