ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

ちょっとは成長した?~昔の自分の記事を読んで~

  1. 2015.
  2. 04.
  3. 24
  4. (Fri)
  5. 10:08
たまに自分のブログの以前の記事を読み返すことがあるんですが、いつまでたっても進歩ないなあと思うことが断然多い中、時には「お!こんな自分でも、成長してるんだなあ」と気付くこともあります。
最近またハイドンのソナタやってますので、それに関する自分の過去記事を見ていたら、こんな記事を書いてました。

ハイドンはどうなった?~やっぱり古典派は苦手

こう言ってしまっては実もふたもありませんが、やはり古典派はあんまりタワシの性には合わないみたいです。
と、早々と結論(?)を出してしまってますな~。
この2,3日の練習でモーツァルトでぼろが出る人はハイドンでもやっぱりぼろが出るのだということを学びました(苦笑)
・・・ってさぁ、たしかに今でもボロは出まくりですけど、でもでも、たった2,3日の練習であきらめるのは、われながら潔すぎるというか、あまりにもあまりにも「単なる根性なし」でしたね。

あの記事を書いてから4年余り、別のソナタではありますけど、「DustBoxクオリティ」ながら(笑)ソナタ1曲最後まで通るようになって(2楽章もそのうちアップします。相変わらずゴミ箱かもしれませんが)ちょっと自分をほめてあげてあげたい気分になりました。
この間に、少なくとも「古典派は譜読みは楽だけど退屈」という偏見は、タワシの中ではまったくなくなったように感じます。

ピアノの演奏技術自体は、あまり進歩してないかもしれません。
苦手意識のあるテクニックも当時とほとんど変わっていなくて、いつも苦戦してます。
でもあの頃よりは確実に引き出しが増えて、あの頃つまらないと思った曲を楽しんで弾けている。
それだけでもやっぱり、成長といっていいんじゃないかなと思います。

COMMENT

No title

聴かせていただきましたが、ハイドンいいですよ~~!!!ダストボックスって・・・改名しましょうよ~たとえば・・そうだなあ・・・「生き恥音源」とかどうですか?それはわたしだ・・・・うーん・・・思いつきません!(笑)


>苦手意識のあるテクニックも当時とほとんど変わっていなくて、いつも苦戦してます。
でもあの頃よりは確実に引き出しが増えて、あの頃つまらないと思った曲を楽しんで弾けている。
それだけでもやっぱり、成長といっていいんじゃないかなと思います。

そうですよ~絶対成長していると思います。
以前とは違っているはずです。
継続は力なり!ですからね~^^

No title

>でもあの頃よりは確実に引き出しが増えて、あの頃つまらないと思った曲を楽しんで弾けている。

うわぁー、立派な成長ですよ!
ハイドンのソナタ、かっこよかったです♪
先生がいないとさっぱりわからない私には、
独学ってすごいなぁって尊敬します。
合格っていうか、私の場合、発表が区切りって感じになりますかね~。

No title

ハイドンのソナタ、ハイドンは結構好きなんですが、演奏すごくかっこよかったです!

タワシさんの演奏は、とても憧れるタイプの演奏の1つなんです。お世辞でもなんでもありません。タワシさんと僕は、同じ独学デジピ組み(?)なんですが、演奏は対照的だと感じます(僕は何を弾いても古典みたいになるし、練習曲を正確に弾くのが得意な「小手先テクニック演奏」で、ロマン派が鬼門です笑)。タワシさん色の古典、インパクトがあって、面白くていいなあといつも聴かせて頂いています。

タワシさんが果敢に、苦手意識があると言われてきた古典にチャレンジされる姿もまた、かっこいいものですね。チャレンジし続けることによって、意識自体が変わることがあるのだということ、参考になりました。

ねこぴあのさん>

ダストボックスのハイドン よかったですか~?
私にしては長く弾いている曲なので、だんだん思い入れも育ってきて、そういっていただけるとやっぱりうれしいですね♪
改名はしませんよ。だいたい「生き恥音源」だなんて今よりさらい下手そうじゃないですか!(笑)
ねこぴあのさんこそ「生き恥動画」のままでいいのですか?あれだけがんばって長い時間かけて磨いてきたモツソナも、生き恥?それは自分に厳しすぎでは?もうちょっとだけ、自分の演奏を好きになってあげてもいいんじゃないかと思います。

成長は・・・少しずつでもしていると思うことにします。
その実感が、自分ではいまいちわからないとしても~

マミさん>

ハイドンのソナタ聴いてくださってありがとうございます♪
ミスタッチの箇所は弾くたびに変わりますが(苦笑)、今の私としてはこれくらいのレベルで限界です~

独学派の人 私のブロともさんにも結構いますが、皆さんなかなかハイレベルです☆
発表会などがなくてもモチベーションを保って日々練習に励んでいる姿は尊敬ものです。
私もちょっとでも近づきたいと思っているんですが なかなか・・・(汗)

Yukinagi さん>

Yukinagiさん ハイドンお好きですか?
ハイドンパパ、てっきりピアノ弾きにはあんまり人気がないと思い込んでいましたが 意外と「好き」という人も多いんですね~。

タワシ色もろ出しで様式感ほとんどゼロのつたない演奏に、過分な評価をいただいて恐縮です・・・
私よりずっと上手な方に時々「あなたの演奏が好きだ」「あなたの演奏にあこがれる」などと言われることがあり、すごく不思議な気がします。自分ではわからないですが「何か持ってる」んでしょうかね~笑
Yukinagi さんの演奏を「小手先テクニック演奏」だなんて思ったことは一度もないですよ。初心者向けのやさしい小品でも、手を抜くことなく過度に自己主張することもなく、過不足なく曲想を表現できているなあと感じます。
「練習曲を正確に弾ける能力」、すばらしいじゃないですか?それって、私にはどんなにがんばっても決して身につかないであろうものなので、心からうらやましく思ってます。

いろいろと対照的なYukinagi さんと私ですが、「やさしい曲を美しく」を目指して、ともに独学ピアノ道に励んでまいりましょう!

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a