<今週の録音>ソナチネ ニ長調(第1楽章)(プレイエル)

ショパンが愛した楽器として名高いプレイエル社のピアノ。そのプレイエル社の創設者、イグナツ・プレイエル(1757~1831)は、存命中は大いにもてはやされた作曲家でもありました。
音楽出版の分野でも功績のあった人です。

今週のシューイチは彼が初級者対象に教育目的で書いたと思われる 全2楽章のソナチネニ長調から第1楽章を弾いてみました。

当ブログでは何度か登場している「こどものソナチネ」に収められています。
ピアノ教室では完全に落ちこぼれ組のタワシでしたが、この曲集はけっこう好きで、練習にもまじめに励んでました。
あれからウン十年・・・
子供の曲を、かっこよく、かつ味わい深く弾ける大人に、こころから憧れるタワシですが、まだそれには程遠いようです・・・

何はともあれ今回のシューイチももあっという間に終わりますので しばしお付き合いくださいませ♪





ソナチネ ニ長調(第1楽章)(プレイエル)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

*コメント

プレイエルのソナチネ、初めて聴きましたが、懐かしい感じがするのはなぜでしょう。
恥ずかしながら、プレイエルが作曲していたことすら知りませんでした(^_^;)

カウンター「80010」でした~
(おそすぎたv-15

昨日きたときはあと6人でキリ番でした。一晩おいて再度お邪魔しましたらもう80011に。タワシさんってやっぱり人気があるんだなあと実感しました。文章が面白い上にこんな楽しい(しかもためになる)企画も続けてらっしゃるんですもの、当然ですよね。

私もプレイエルさんについては何も知りませんでした。興味をひかれてさきほどWikipediaを見たところ、ハイドン序曲やナポリ王やビジネスマンやらエピソードがたくさんでした。ウィッグも立派でした。

なかでもいちばんびっくりしたのはこのくだり。「ハイドンの主題による変奏曲(作品56)の主題の真の原作者は、ハイドンでないことが明らかにされたが・・・(中略)・・・最近の研究では、それがプレイエルである可能性が推測されている。」。この変奏曲は私などにはとても弾けないレベルですが、友人の練習につきあって(合いの手のごとく)出せる音だけ出した・・・ことがあったので。

何かに似ていると思ったら、ツェルニー100の22番でした!
落ち着いた演奏で、繰り返し聴いても飽きない曲と思いました。

jじゅうぶんに、味わい深く歌って弾けてる大人のソナチネになっていらっしゃいますね!

ソナチネって子供が弾くとやっぱり機械的に弾いちゃうと思うんですけど(私も子供の頃機械的に弾いてましたし)
大人ならではの曲にしあがっているところはさすがです(^^)

プレイエルって人の名前だったんですね~
しかも作曲もなさってたんですね。
マメ知識マメ知識・・・!!
いつもいろいろ教えてくださりタメになりますね(^^)

naokoさん>

初めて聴いた(弾いた)はずなのに、なぜか懐かしい気持ちになる曲って、確かにありますよね。
ゆきなぎさんのコメントによれば チェルニーにこれと似たような曲があるみたいですが。

プレイエルはかなりの数の作品を書いてます。私は子供のころ彼のかわいらしいメヌエットをひいた記憶があります。ピアノメーカーのプレイエルの名前を知ったとき「あ、あのメヌエット書いた人とおんなじ名前」と思ったんですが同一人物でした~(笑)

キリ番は10番遅れでしたか?残念ですが次回また狙ってください。

とにさん>

とにさんも、(繰り返して来てくださったのに)キリ番残念でしたね。
人気がある、だなんてそんな~(〃゚∇゚〃)
文章面白いですか?ためになりますでしうか?だったらうれしいです。
王道を外れた曲を録音したり、記事で紹介するのに、おおいに励みになる言葉です!

プレイエルさんは、多方面に才能を発揮した、なかなか優秀な方だったようです。
ハイドン・ヴァリエーションの主題は、偽作の疑いがあるということは前に何かで読んだか聞いたかして知ってましたが、プレイエル作の可能性があるんですね!あの曲私はいつもオケバージョンで聴いていますが、特にテーマが、好きなんですよ♪プレイエルさんが真の作曲者だったら、私の中で株が上がりそう~笑

ゆきなぎさん>

ツェルニー100に似たような曲があるんですね!
ハノン、チェルニーに拒否反応の私は知る由もなく・・・
今度楽譜をチェックしてみます。(手元にないので立ち見かネットで・笑)

落ち着いた演奏でしたか?
アンダンテという指定があるのでもうこころもち遅くてもいいかもしれません。でも私は遅いテンポで弾くのは苦手なので~

ね~み♪さん>

大人のソナチネになってますか~
ありがとうございます♪
子供のころは私もきっと思いっきり機械的に弾いていたんだと思います。
当時の録音が残っていたら聴いてみたいところです。
私の子供時代といえばカセットテープもない時代だったかな?

マメ知識も楽しんでいただけたらうれしいです。
ためになりますでしょうか?
私は雑学が好きなんで、
あんまり役に立たないことばかり、意外と知っているかもしれません。笑

これは好きです~~^^
バイエルっぽい!
ピアノの原点って感じがします♪
アルベルティバス、タワシさんに教えていただき、覚えました!

ねこぴあのさんはバイエルによく出てくるようなドソミソ、ドミソ~の伴奏が好きだって前におっしゃってましたものね。
こういうのは、お得意でしょう?

私は(このテンポだったらまだ大丈夫ですが)テンポが速くなると、均等にかつ軽やかに弾くのが難しくなっちゃいます。しかも延々と続くと厳しいです。(どんだけ左手が弱いんだ?)
バイエルでもおなじみの伴奏形だけに、大の大人がヨロヨロと弾いてるとかっこ悪いかな~なんて思っちゃいます(汗)
非公開コメント

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*フリーエリア
        
*ただいま練習中!
<6月11日> ♪詩人の魂(トレネ) ♪マリウ、愛の言葉を(ビクシオ) ♪ダイアモンドの雨(ワルトトイフェル) ♪Let us Serve Him(Don Besig)(聖歌隊の伴奏)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*リンク
        
*カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*amazon
        
*楽天市場