{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。
「教会のピアノ弾き」の近況
2015年07月03日 (金) | 編集 |
タワシの通う教会の牧師先生が代わって、3ヶ月あまりが経ちました。
気がつけば、前の牧師先生とのお別れの記事以来「教会のpianist」カテゴリの記事を書いていませんでしたね。
久々に、奏楽者つまり教会のピアノ弾きとしてのタワシの近況をつづってみようと思います。

新しい牧師先生を教会に迎えてしばらくのうちは、当然のことながら、礼拝や祈祷会のスタイル、雰囲気ががらりと変わったことに戸惑いもありました。しかし3ヶ月も経つと、かなり慣れてきました。
前任の牧師先生は40代、かなりフレンドリーで砕けた雰囲気の人でしたが、新任の先生は60代で「いかにも牧師らしい牧師先生」、という感じです。本格的に声楽を専攻されたのかなと思うくらい声がよく、歌がお上手です。
前の牧師先生の時は、礼拝の中で歌う讃美歌のうちメッセージ(説教)前の1曲と、水曜の聖書勉強会で歌う讃美歌の全部(3曲)を、選曲させていただいていました。選曲はできるだけメッセージの内容にふさわしいものにするため、曲を選ぶ際は歌詞の内容も吟味しなくてはならず、忙しいときには大変に思うこともたまにありますが、自分の好きな讃美歌を皆で歌ってもらえるのはやっぱりよろこびですね。
牧師先生の交代で、選曲作業もなくなっちゃうかなあ?と、ちょっとさびしい思いでいましたが、今度の先生も、奏楽者が選曲するという習慣を引き継がれたので、タワシもこれまでどおり選曲もしています。
金曜夜の祈祷会は、水曜夜の聖書勉強会と統合されました。

日曜は大体月3回くらいがタワシの奏楽当番で、ほかの週がもう一人の奏楽者(ヴァイオリンも弾く、20代女性です)。
水曜は彼女が来れないので基本的にタワシが一人で伴奏を担当しています。
変わったことといえば、日曜の礼拝前に教会学校があるのですがそこでもピアノを弾くように頼まれて、やっています。前は牧師夫人がメッセージもやって、ピアノも弾いていました。近々日曜教会用のの新しい賛美ファイルを作りたいと思ってますがなかなか時間が取れないですね。

今度の日曜は うちの教会の創立記念礼拝です。
いつもの聖歌隊とはまったくメンバーがかぶらない、特別編成の聖歌隊が「特別賛美」をします。
曲は 讃美歌502番.「いともかしこし イエスの恵み」と決まりました。
タワシはこの日の礼拝の奏楽当番ではないので、「特別賛美」の伴奏に専念します。   
当日はお天気悪そうだけど、梅雨空を吹き飛ばすような元気な賛美を神様にささげたいですね。
テーマ:聖歌・讃美歌
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
先日は拙ブログへのご訪問とコメントをいただきありがとうございました。
私はタワシさんは礼拝や聖書勉強会で歌う賛美歌の選曲もなさっているのですね。できるだけメッセージの内容にふさわしいものを選ぼうとされているとのこと。すごいなぁ! と思いました。わたしは「なるべくふさわしい奏楽曲」を選ぶだけで毎回青息吐息f^_^; 何を見ても思い浮かばずすっかり途方に暮れてしまい、ついに木曜日の祈祷会で牧師に助けを求めたという週もあります。
これからもまた時々貴ブログを訪問させてください。よろしくお願いしますm(__)m
2015/07/03(Fri) 21:45 | URL  | にゃあ #x.vDsD.s[ 編集]
にゃあさん>
ようこそ~いらっしゃいませ~
訪問してくださってありがとうございます、うれしいです!

礼拝や聖書勉強会の選曲を信徒に任せてくれる教会は少ないと思います。過去に所属していた教会でもほとんど牧師先生が選んでいました。
本当はどっちかというと曲本位で選びたいのですが、で歌詞ができるだけメッセージの内容とマッチすることを最優先にしています。
日ごろから讃美歌集を、よく読む?眺める?ように、努力だけはしてます。自分の教会では使わない讃美歌集もひそかに(?)持っていたりしますよ。でもまだまだ知らない賛美歌の、なんと多いことでしょう。

ではでは、またいつでも遊びに来てくださいね~
2015/07/05(Sun) 00:43 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック