KV570 第2楽章 

第1楽章もまだまだ弾けると言えるところまで進んでいませんが、たまたま目にした、とあるブログの記事で、{K570の第2楽章が心にしみる}という記述を見かけたんで、気になって弾いてみました。

譜面上は、かなりやさしい部類なのではないでしょうか?
音階、跳躍、装飾音など苦手テクニックが山ほどあるタワシでさえも、この2楽章に関してはほとんど難所と思われる部分がありませんでした。
たぶん数日間本気で練習すれば一通り弾けるようになるものと思われます。

なのに、なんなのでしょう?
やっぱりモーツァルトの緩徐楽章は、音符が少なくても、本当はものすごく難しいのではないか?そんな思いが弾きながら沸き起こってきて困りました・・・
「やさしい曲を美しく弾く」を目指し続けるタワシには、格好の教材かもしれません。でも こういう曲をやさしい曲といってはいけないのいのでしょうね、たぶん。

例によって(?)練習初日の「第1ページめだけ」録音です♪
アダージョにしてはずいぶん焦ってますね・・・
黒い(細かい)音符を見ると反射的にテンポがあがってしまうんですね~、反省!
ただし、これでも以前に比べたら、初見能力はだいぶアップしたのですよ。あくまで自分比ですが~

KV570 第2楽章冒頭部分

Comments

K570

おはようございます!
初見でこれだけ弾けるなんてすごいですね。((+_+))
K570の第2楽章ですね、私はこの楽章では特にロンド形式の最初の挿入句の部分、短調に転ずるここのフレーズが好きです。
タワシさんのジンワリ悲劇的な演奏、良いと思います!(*^。^*)

こんにちは(・▽・)

初見 全然イケイケじゃないですかー(>▽<)
でも やっぱりモー様は奥が深いですねぇ
偉大ですねぇ
音符が少ないとよーーーく聴こえるから緊張しますし
ごまかしにくいっていうか(;▽;)あは

タワシさんのタンゴ 楽しみだなぁ♪ 

確かに確かに、易しい曲をいかに美しく弾くかということでは恰好な曲がします。
しかしこれ、ほぼ初見に近い音なのですよね??
それがまずすごいです。
話は違いますが、今日偶然、ジャズの曲を自己流にアレンジする方に出会いました。中学以降レッスンは受けていなくて独学なのだそうです。
タワシさんを思い出したのは言うまでもありません^^

タワシさんの演奏、ほんとに素敵です!

「やさしい曲を美しく弾く」

私もタワシさんに倣います(*^^)v

★赤影★さん>

おはようございます。
つたない演奏ほめていただき恐縮です。
が・・・、★赤影★さんはじめ皆さんひどく誤解されているようですが、初見ではないですよ~
練習初日ではありますが、1日とはいえ、それなりに練習してます。
初見でこれだけ弾けたら!私だって大満足です。

モーツァルトの短調って萌えポイントですよね~♪
交響曲25番のようなもっとシリアスな悲劇を想起させる曲もありますが、私はこの箇所のようにちょっとメランコリックになる程度のが好きです。深刻な悲痛とか苦悩とかは、私にはとても表現できないですし。

いもコンさん>

★赤影★さんへのレスにも書きましたが、これはまったく初見ではないです。
練習初日というのは事実ですが、一日あればそれなりに練習はできるでしょう?
初見は 止まったり弾きなおしたりしまくりですよ。

モー様 怖いですよね。
本当にごまかせない・・・
これでもっと知名度の高い長有名曲だったら・・・とてもじゃないが恐ろしくて人前では弾けませんわ~

タンゴは、ミスタッチこそ避けられないと思いますが、妄想の世界に入り込み、女優になった気分で、燃えるような恋に落ちた女を演じるのを、楽しもうと思ってます♡

ねこぴあのさん>

「やさしい曲を美しく!」シューマン先生の名言を心の中で叫ばない日はほとんどないくらいです。でも道のりは遠い・・・。特にこんな曲を弾くときそれを感じますね。

初見に近い・・・完全な初見と誤解されなかっただけまだいいですが、でも実はこの日一日で相当に練習したんですよ。
初見、たまにめっちゃうまい人いますよね。私もあこがれてます~♥

ジャズを自由に弾く方に会ったのですね。
偶然ってどんな出会いだろう?なんかわくかわくします。機会があったらどうやってそのかたと出合ったのか教えてくださいね。
ジャズはクラシック以上に独学派が多いようです。もって生まれたものも結構ありそうです。もっとも私は平凡なセンスしか持ってませんが~

★あ~や★さん>

コメントありがとうございます。
「やさしい曲を美しく弾く」、 あのロベルト・シューマンの名言中の名言です。
ピアノや音楽に関する名言といわれるののはたくさんありますが、その中で一生かけて追求しようと思えるのはこれです。
「やさしい曲を、上手に、美しく弾くように努力しなさい。 難しい曲をいい加減に弾くよりはずっとましです。」難しい曲を弾きたくても弾けない私にはこのことばは希望の光のように思えます~

荘厳で味があると思いました。
つくづく、いい曲です。

ゆきなぎさん>

腱鞘炎はいかがでしょうか?日々案じてます、どうかお大事に!

モーツァルトのピアノソナタでは500番台のソナタ、それも第2楽章が好きだとおっしゃってましたね。
この第2楽章も気高くて美しい曲ですね~
譜面面(づら)はこのとおりですから譜読みは割と楽でしたが、これからじっくり弾き込んで表現を磨いていけたりいと思っています。
ただ 弾きたい曲が目白押しすぎて この曲にどれだけ継続してとりかかれるか不明ですが・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1135-a42f426a