<今週の録音>レントラー(グルリット) 

おんそうず前日のタワシです。
こんな日に限って(というわけでもないか)残業で 今夜はもう練習するのはあきらめました。
実は今朝もスタジオにグランド練習に行ってきたのです。
ソロも合わせものも 今の完成度だとたぶん相当トチると思いますが、おんそうずは発表会ではなくて交流の場なので、楽しめればよしとしたいです。

で、こんな状況でもやっぱりシューイチはあるのです!
すごく短くて、すごく易しい曲ですけど。

今年の4月にシューイチでアップした「新しい生活」に続き、コルネリウス・グルリット作の初心者向け小品の中から、今回は「レントラー」です。
「レントラー」とは、ワルツの原型のひとつとも言われる3/4拍子のドイツ南部発祥の民族舞踊。
ベートーヴェンやシューベルトにも「レントラー」というタイトルの曲たちがあります。

今回録音したグルリットの「レントラー」は、1分足らずの小品ですが、簡素な中にもロマン派の曲らしい雰囲気をたたえた美しい曲です。
ではどうぞ~♪






レントラー(グルリット)

Comments

キレイな曲ですね~ 最近、曲の難易度って曲の美しさとは比例しないなって思ってたとこだったんです。こういう曲をさらっと弾けてしまうタワシさん・・・やっぱすごい!

ほんとに美しい曲ですね!
タワシさんの丁寧な演奏で曲の美しさがより引き出されているのではないでしょうか。

「やさしい曲を美しく弾く」タワシさんのことを先生に話したことがあるのです。
「それって難しいことですよ」と先生も言われていました。
タワシさん、尊敬します!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆにくあさん>

いつも演奏聴いて下さって感謝、感謝です。

>最近、曲の難易度って曲の美しさとは比例しないなって思ってたとこだったんです。
そうなんです、なにかの折にそれを実感する瞬間があります。
難易度低い曲でも納得の演奏ができたときはすごく満足感があります。でもなかなか満足のいく演奏はできません、この演奏も実は和音が抜けてたりするんですよ~(汗)

あ~やさん>

こんな短くて易しい曲ですが、演奏ともども気に入っていただけたようで嬉しく思います。

>「やさしい曲を美しく弾く」タワシさんのことを先生に話したことがあるのです。
え?そうなのですか。照れます(・・。)ゞ テヘ
私はピア友さんの弾いているような難しい曲(上級レベルはもちろん中級レベルの曲も)はがんばっても弾けないと思います。
「易しい曲を美しく」これこそが私の生きる道!と、いつからか覚悟(?)を決めました。
でもこの道も結構奥が深くて・・・とてもじゃないが極められませんね~

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1147-701a0ef4