■調律師さんにほめられた、教会のアップライト

2週間ほど前のことになりますが、タワシの教会のアップライトピアノ、約1年ぶりに調律してもらいました。
日本のほとんどのキリスト教会がそうだと思いますが、ウチの教会も経済的に苦しくて、費用は匿名の有志さんが全額負担してくださいました。
本当は教会のピアノを一番弾く機会が多いのはたぶんタワシなので、何割かでも調律費用を出したいのですけれど、タワシもとってもビンボーな上に、最近何かと出費がかさんでおりまして・・・ 今回も去年に続き、、匿名さんの好意に全面的に甘えてしまいました。

実はタワシは匿名さんの正体を知っております。そして調律師さんのことや、調律の様子を、匿名さんから聞かせてもらうことができました。
調律師さんはかなり高齢のおじいちゃんだそうです。匿名さんの自宅のピアノを調律するついでに教会のピアノの調律も一緒に頼んでいるとのことでした。
ウチの教会のピアノのことを、とてもいい楽器だと誉めていたそうです。
木目(茶色)の色合いも、音色もすばらしいと。
「教会は皆さんのお祈りが満ちあふれている場所だから、ピアノの音もきれいになるのかもしれませんね」とも言っていたそうです。いくらかはリップサービスが混じっているかもしれませんがそれにしても、こんなに誉めてもらうとうれしいものですね。

タワシは先週の祈り会も日曜礼拝もいけなかったので、おとといの夜の祈り会が、調律後初演奏でした。
ああ~やっぱり全然違う!気持ちいいわ~♪
ちょっとだけピアノの腕が上がったような気がしましたが それはあきらかに錯覚ですね(笑)

ただ、この調律師さん先ほども書いたように相当お年で、そろそろ引退も考えてらっしゃるらしいです。
そのときは、タワシのお友達に優秀な調律師さんがいらっしゃいますのでぜひ茨城まで出張をお願いしたいです。
ね?Iさん~?

そうそう、近いうちに教会のアップライトで何か弾いて、録音をお聴かせしたいですね~
やっぱり讃美歌かな。

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

今日の練習メニュー

<6月12日> ♪マズルカ第41番嬰ハ短調 Op63-3 ♪同55番ニ長調 B4 ♪同50番イ短調『ノートル・タン』(以上、ショパン) ♪学生王子のセレナード(ロンバーグ)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム