ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音>Take My Life and Let It Be(この身を捧ぐ)(モーツァルト) 

今週のシューイチは、モーツァルト作曲の讃美歌です。
Take My Life and Let It Be(この身を捧ぐ)
楽譜にしてわずか2段、16小節の、非常に短い曲です。

去年他教会の牧師先生がゲストとして来られて礼拝を導いたとき、この曲も選曲されたのですが、そのとき初めて
「この讃美歌集にもモー様の曲が入っているんだ!」と知りました。
モーツァルトの何かの曲の一部を借りてきたのでしょうか?それとも最初から独立した作品として書かれたもの

実はタワシ今回一段と多忙につきまして、この曲についての調査はいったん保留とさせていただきます。
シューイチの曲目解説(?)を楽しみにしている方もおられるそうなのに申し訳ないのですが。
後日、何か情報がありましたらお知らせしますね。

ではどうぞ♪






「Take My Life and Let It Be(この身を捧ぐ)」(モーツァルト)
( 2015/09/05 23:00 ) Category 今週の録音 | TB(0) | CM(2)
モーツァルト好きですが、知らない曲でした。
素晴らしい曲の紹介をありがとうございます。知るきっかけになって嬉しいです。
ユーチューブで調べて歌詞つきのも聴いてみました。
[ 2015/09/06 18:16 ] [ 編集 ]
モーツァルト好きのゆきなぎさんも、ご存じなかったですか?やはりクラシックとしては有名な曲ではないんですね。
歌詞つきバージョンのYOUTUBEは私も聴きました。賛美歌としては、歌われる機会がそれなりにあるようですね。
讃美歌の中には、普通のクラシックまたは当時のポピュラーソングとして書かれた曲にキリスト教の歌詞をつけて讃美歌に転用したものがかなりありますので、この曲もそうなのかもしれません、余裕ができたら再度調べてみます。
[ 2015/09/09 08:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア