プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

DATE: CATEGORY:今週の録音
すでにご案内のとおり、週末にイベントを控えておりまして、シューイチに時間をさけそうな状況ではないので、木曜日ですが、今日アップします。
そんな状況ですので、今週もまた思いっきり初級レベル(ブルグミュラー25番後半程度とのことです・・・)の、しかも1分にも満たない小品で、お許しを~

パッヘルベルのカノンといえばクラシックに多少なりとも関心のある人なら、知らない人はいないくらいの超有名曲ですが、これはそのパッヘルベルのフーガです。
フーガといえば、カノン以上に規模が大きくて格声部が複雑に絡み合っているイメージがありますよね。
バッハの小フーガト短調もしかり。あれだけスケール感を感じさせ、音楽的にも深い曲でありながらも、「小」フーガと呼ばれているのです!
だけど一方では、このパッヘルベルの曲のように、初心者でも余裕で弾けるような、かわいらしいフーガもあるんですね。
プロや上級者のアマチュアなら、モルデントやトリルなどの装飾音をたくさんつけて演奏するかもしれません。

バロックだからあまり表現が大げさにならないように、かといってあまりにも無味乾燥なのも味気ないし・・・
その辺のさじ加減がちょっと難しいですね。
素直に、シンプルに、さらりと(?)弾いてみましたが・・・いかがでしょうか?






フーガ(パッヘルベル)
Comment

No title

素敵です^^
キレイだな~と思いながら聴かせていただきました。

前記事の老化ですが。。。
人の名前は本当に思い出せないですね。
ばったり会った人に、え~っと、え~っと、誰???と
思うことあります^^;
私も極度の近視ですが、眼はえらく疲れるようになってきました。
いろいろイヤですね~

No title

わ~~お、素敵素敵♪
最後のトリルなんかかっこいいですね~。

そうですね、いつものタワシさんより抑え気味ですね。
でも私のような能面演奏じゃなくていいな。

私、ほんとトリルが下手で絶賛練習中ですがちっともきれいに弾けません。
軽いタッチで弾けなくて重いし、トリルに聴こえないんですよね~。

軽やかにトリルを弾くことは大きな目標です!(`・ω・´)キリッ

No title

さすが、タワシさん!
とても気持ちの良い美しい演奏です。
バッハのインヴェンションみたいですね。

No title

コメントはお久しぶりです(汗)
パッヘルベルのフーガはメロディが生き生きしてて好きです~。
タワシさんの音と相まって、朗らかでスッキリとした演奏でステキです(*´ω`*)

No title

まろやかな感じで、とても聴きやすいです。装飾音はたくさんつけるよりも、少なめが好みですし、とてもいいさじ加減と思いました。

ふくうめさん>

発表会直前のお忙しい時期にコメント下さったのにお返事そくなってゴメンナサイ。
きょうはいよいよ本番だったですね。お疲れ様でした。きっと麗しの梅子ワールドが会場を魅了したことと思います。

老化・・・私よりずっとお若いふくうめさんも感じてますか。
人の名前をわすれるのは結構切実ですよね。場合によっては相手にとっても失礼になっちゃいますし。
眼もそういわれれば見え方自体はそんなに以前と変わらないんですけど、眼精疲労というんですかね、を感じることはしばしばありますね。やっぱりトシ相応です(苦笑)

まんまるお月さん>

すみません、コメントのお返事遅くなりました!

やっぱりいつもの私より抑え気味だと思いました?
数年前にのことですけど「タワシさんって何をひいてもロマン派みたいになるね」とある人に言われたのは、結構気になってました。
曲によってはあまり感情過多にならないように意識したりはしてます。といってもこの曲は、意識しなくてもそうロマンチックにはならないでしょうけど。

トリル、絶賛練習中なんですね。まんまるさんガンバレ~!
(たまたまこの曲のは弾きやすいですけど、私もそんなに得意じゃないです)
でも私は装飾音全体に苦手意識があったんですけど亀の歩みながらこれでもだいぶましになり、苦手意識も少しずる薄らいできました。もっともいまだに左手の装飾音は大の苦手ですが。

★あ~や★さん>

いつも演奏聴いて下さってありがとうございます!
気持ちよく聴いていただけたらうれしいです。
そう、確かにバッハみたいですね。★あ~や★さんもやっぱり、インベンションの1番思い出しましたか?
などといいつつ、実はインベンションを1曲たりともまともに練習したことがない私です。その理由はそのうち記事に書くかも(?)

空苑さん>

おお~こちらではちょっとお久ですかね~コメントいただけるとやはり一段とうれしいです♪

パッヘルベルのフーガ。こんなにシンプルで易しくて短いけど、なかなかいい曲ですよね。
あ~やさんのコメントにもありますが、バッハのインベンション(特に1番)を思わせるところがあります。インベンション前の導入としてこんな曲を練習してみるのもいいかも。って、インベンション1曲もやってないお前が言うな、って感じですか(汗)

朗らかでスッキリとした演奏でしたか~ありがとうございます。
そうですね、音楽に関する限り(?)単純でわかりやすいのを好む傾向があるようですので、選曲や演奏にもそれは出るのかなあと思ったりもします。

ゆきなぎさん>

コメントありがとうございます。
さじ加減ちょうどいいですか~
ゆきなぎさんにそういってもらえると安心します。
装飾音やたら多い演奏ってありますよね。ハープシコードではそれがよくても現代のピアノでまったく同じようにやるとちょっとやりすぎとちゃうかな、と思うことも時々あります。
そして(こういう人はごくごく少数だと思いますが)時には自分の技量をひけらかすために装飾音をやたらめったら入れる人もいるとのこと。そんな演奏は「ノーサンキュー」です!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © ようこそ!タワシワールドへ♪ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ