「易しい曲を堂々と」弾ける大人ピアノ♪

今シューイチのために練習している曲は、なんと「バイエル併用」と書いてある初心者向けの小品集の中の1曲なんです。
その曲、うまくいけば明日アップしますけど、「さすがにどうみてもバイエルでは無理なんじゃ?」と思う程度の体感難易度でしたが、いずれにしても初級の学習者の為に書かれた作品であることには間違いないです。

練習しながら、こういう曲を堂々と弾けるのも「大人ピアノ」の楽しさの一つだなあと思いました。
「永遠のソナチネレベル」卒業宣言はしたものの、あれは今思えばかなり強引な見切り発車だったなあと反省することもしばしばのタワシです。つまり、ソナチネレベルなら楽々と弾けて当然の曲さえも、なかなか思うようには弾けない。
いつまでたってもそんな低いところでうろちょろしています。

ところが、驚きべきことに!そんなタワシの演奏を聞いて「うらやましい」と思う上級者さんもいるようなのです。
この前の「ツクピア」でもタワシが弾いている時に「どうしてあんなふうに弾けるのか?何が違うのか?」と議論していた上級者さんがいたらしいです。
不思議ですね~。
でも、オフ会でのそんな経験やブログでのコメントのやり取りを通してよくわかったことは
曲の技術的な難易度と、それを聴いて人が受ける感動とは、比例しないということ。
だからブルグ25番レベルだろうがバイエルレベルだろうが、いいと思った曲は堂々と弾けばいいんです!
オフ会でも、発表会(タワシは縁が無いですが)でも。

繰り返しになりますが・・・
これも、100人いれば100通りの楽しみ方がある「大人ピアノ」ならでは、ですよね♪
大人ピアノ万歳!です(^-^)v

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

演奏する人が聴いてほしいな~と思う何かと、聴く人の気持ちが一致した時、そこに共感が生まれるのかなと思います。

「この響きが好きなんです!」「ホント、素敵!」という感じでしょうか?

なので速く難しい曲を「たぁ~~っ」と弾かれると、想いを重ねる余地がなく寂しいです。一方的に喋られる感じです。

曲の難易度というより、聴く人の気持ちが重ねられる余地がある事、そこに聴く人が想いを重ねて共感できる事かな~、と思うこの頃です。

楽譜的に?易しいであろうと思われる曲(バイエル程度と言われる)でも
上手な方が弾けば素晴らしい作品であり素敵な演奏なんですよね(^^)♪
本当にピアノを始めて間もないお子さんが弾くのとは同じ曲だとしても聞いていて全然違うんですよね。

曲の技術的な難易度と、それを聴いて人が受ける感動とは、比例しないということ。

うんうん、難しい曲を聞いても感動しない事ってありますよね。
わあ、なんだかわからないけど難しそう~というだけの感想だったりして。
なるほどなあと思いました!

はい、とっても素敵な演奏でした!
本当に、教えてもらいたいです~(*^^*)
無理がない演奏というか…真似できないです❗
また聴けるの楽しみにしております♪

いや~ほんとうに、なんでですかね~?って訊かれてもタワシさんもはっきりわからないですよね(^-^;
センスっていうか、なんていうか。
「間」かな??
でも間違いなくタワシさんは耳が良いのでしょうね。
自分の音を弾きながらきちんと聴くって、なかなかできないですからね。

おゆきさん>

おゆき先生、コメントありがとうございます!まさかおゆき先生のコメントいただけるとは思ってなかったので、びっくりしたり感激したりしてます☆ミ

演奏する人の想いと聴く人の想いが重なったところに共感が生まれる・・・なんて素敵な表現なんでしょう♡ 本当にそうですね!
そして、どんなに上手でも残念ながら共感できない演奏って、確かにありますよね。
私の場合、逆立ちしても<速く難しい曲を「たぁ~~っ」と弾く>なんてことはありえないので、「一方的に喋られる」心配はまずは無用だと思いますが(笑)

子供の頃はほかの人の弾いている曲の難易度や、進み方の早さがやたら気になったものですが、大人ピアノではそう言おうものからほとんど解放されて自由になれたのはすごくいいことだと思ってます。
聴く人と心を重ね合わせることのできる演奏を目指して、頑張りますね!

ね~み♪さん>

巨匠と言われる人がアンコールで私にも弾けそうな(表面上は)易しい小品を弾いたりすることがありますけど、ほんとに立派な芸術になっているんですよね~
でもそんなすごい例を出さなくても、オフ会などでも「易しい曲を美しく」弾いている演奏に時々出会えます。そんな時は「とてもいいものを聴けたなあ(≧∇≦)」と、心が満たされます。

逆に、速くて難しい曲を聴いても、ちっとも感動できないことも正直ありますよね。もちろん、よく動く器用な指に感心し羨ましくはなりますけど、それは感動とは別のものです。
>わあ、なんだかわからないけど難しそう~というだけの感想だったりして。
そうそう!ありますあります、そういうときが。でも私の親しくお付き合いしているピア友さんたちには、そういうことがまったくないですね(*^^)v

えりさん>

こちらにコメントいただいたのはもしかしてこれが初めてでしょうか?(間違っていたらごめんなさい)
ようこそいらっしゃいませ~我がブログへ(・∀・)♪
そして私の拙い演奏にもったいないお言葉・・・嬉しくも恐縮してしまいます。
私の方こそみなさんのハイレベルな演奏を楽しませていただきながら「ここにいるみなさんみたいに難しい曲をさらりと弾けたら人生違うだろうなあ」なんて考えていたのですよ。

真似できない、って・・・私の演奏を真似しようなんて考えては絶対ダメですっ!私の演奏なんて「反面教師」にしかなりませんから(^_^;)
教えてもらいたいだなんて何を血迷っているんですか~
でもまたご一緒したいですね。ホールでお会いできないのが残念ですがまたの機会に期待します。

いずみさん>

今回はツクピアの方からのコメントが多いですね。ピアノの先生コンビから揃ってコメントいただけて嬉しいです♪

クラシックだとまだ、いろいろ頭を使うことがありますけど、特に後半に弾いたようなポピュラー系の曲だと、演奏中はほとんど何も考えてないですね~
ただ、音楽の流れに身を任せている、って感じでしょうか。
なので「どうしたらそんなふうに弾けますか?」って稀に訊かれますけどほんとうに答えようがないんです・・・

耳・・・はどうなんでしょう?
少なくとも絶対音感は、ある程度は(調が判別できる程度は)あるようです。
子供の頃に、聴音などかなりみっちりやる音楽教室に通っていたおかげでしょうか。(聴音が難しくてついていけなかった、というのが、教室をドロップアウトした原因の一つでもあるけど)
それに、学生時代は(何度も言ってますが)クラシカル音楽研究会という鑑賞専門サークル出身なので、そこでいい音楽とたくさん触れることで、身についたものもあるかもしれません。

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月17日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪カヴァテーナ(伴奏)(ラフ) ♪詩的なワルツ集より(グラナドス) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場