<今週の録音>ゴンドラの歌(ケーラー)

前回の記事では、ご心配おかけしました。
あれを書いたときはてっきり片手練習のしすぎだと思ったのですが、痛みはピアノではなくて仕事が原因だった可能性が大きい、ということが昨日判明しました。
昨日仕事で、ある作業をしているとき、左手がすごく痛かったのです。その作業は確かに左手首をかなり酷使するものでした。
一昨日もその作業をしましたので、おそらくその疲れが現れたんだと思います。
その作業は最近はやらなくなっていたのですが、一昨日、昨日と、随分久々にやったので、よけいこたえたのでしょうね。
やっぱり、タワシごときが練習しているような難易度の低い曲に、この程度の練習量では、普通は腱鞘炎などにはならないですよね。もちろん、腱鞘炎になんてならないに越したことはないのですが。

そういう次第で、ピアノも手ににいつもより一層やさしい曲を選んで弾いてます。
ピアノを弾いていたみが増すということはないようですし、確実に昨日より今日はよくなっています。
ただ、それゆえ(←ほんとにそれだけかな?)、先週に続き今週もまた、「バイエル併用」の初心者向け曲集の中からお届けすることになりました。

ドイツ・ロマン派の作曲家、ルイス・ハインリヒ・ケーラー(1820~1886)の「ゴンドラの歌」です。
ケーラーはツェルニーの弟子で、師匠と同じように多くの練習曲を自ら書いた教育者です。
タワシも子供の頃彼のソナチネ(作品300)やいくつかの小品を弾いたことがありますが、この曲は初めて知りました。
これも出典がわからないのですが(作品番号くらい書いておいてくれたら嬉しいんだけどなあ)短くて技術的に平易なことからして年少の学習者向けの教育用小品の一つなのでしょうか。
それにしては、かなり大人っぽい曲想で和声も変化に富み、なかなか弾き(聴き)がいがあると感じました。
メンデルスゾーンの無言歌のなかの同種の曲を思わせるような、メランコリックで美しい舟歌です。
これは、人生経験の乏しい小学校の低学年くらいでは、雰囲気を出すのはちょっと難しいかも知れないですね。

では、どうぞ~♪






ゴンドラの歌(ケーラー)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

手が良くなってきているとのこと、良かったです!

ケーラーさんのは練習曲しか持ちませんでした。なんか、スケールばかりのつまらないやつ笑
しかし、こんなに哀愁漂う曲があったのですね~。
これは、確かに表現が難しそうです。メランコリックな感じがとても出ていて、季節柄にもぴったりでした。

手の痛みはどうですか?
お仕事のせいとわかって良かったですがピアノ弾きさんには
手の故障は 一大事なので 気をつけてお仕事されてくださいね。。。

ケーラーの ゴンドラの歌 初めて聴きましたが 素敵な曲ですね。
ほんと こういう曲は 大人でないと哀愁漂う 深い表現はできないですよね。
今日は雨なんですが 雨降る静かな外の景色を眺めながら
タワシさんの演奏を聴かせていただきました。

ゆきなぎさん>

>ケーラーさんのは練習曲しか持ちませんでした。なんか、スケールばかりのつまらないやつ笑
ああ~わかるわかる~、とってもよくわかりますよ。
実は作品番号とかを特定できないかなと思って、ちょっとだけ無料楽譜サイトIMSLPの彼のページを見てみました。いくつかクリックしてみたらチェルニーそのもの(?)の、うんざりするような機械的なエチュードが目に飛び込んできて、そういうのが嫌いな私は気持ち悪くなってページを閉じました(爆!)
それからするとこの小品は奇跡的に(!?)メロディックで綺麗です。

そうそう、季節に合っているといっていただけてうれしいです。選曲の時点では全然意識してませんでしたが、あっという間にメランコリックな曲がすっかり似合う季節になりましたね。もう少しすると今度はクリスマスモードに突入ですね。

ゆめゆりさん>

ご心配おかけしてます。
ゆめゆりさんの方は最近はいかがですか?かなり慢性的に、ちょっと無理すると痛くなる状態が続いているようで、そんな中で模様練習してらっしゃるなあと感心してます。無理せず、好きなピアノが長く続けられますように。
私の方はある種の職業病ですね。
仕事の内容や量によってはどうしても手を酷使するのは仕方ない時がありますね。気をつけるといっても郵便物の量は調節はできませんし・・・せめて、痛いときは、仕事が終わったら(ピアノもほどほどにして)少しでもと手を休めるくらいでしょうか?

全く有名でもない、バイエルレベルの小品を聴いて下さりあたたかいコメントまで・・・本当に感謝します。
「年の功」で(?大)人なりの表現は少しは出来たかなあと思います。今後も時々バイエルレベルの曲が登場する予定ですが引きつづき広い心で見守ってやってくださいね。

左手の痛み仕事が原因だったようでよかったです。
お大事にしてくださいね!
今日の曲も素敵ですね~
この曲を聴いていたら、やっぱり短調もいいな・・・・と思いました。

タワシさん、こんにちは~

左手、大丈夫ですか?? 国税調査・・・想像しただけで大変そうです~ (少しはよくなったとのことで安心しましたが)どうぞご自愛くださいね。

ゴンドラの歌、本当にメンデルスゾーンの曲を彷彿させるメロディーラインですね。しっとりと美しく、なんだか知らないけど泣きたい気持ちになりました。。

タワシさんのところに来ると、かなりの確立で知らない曲と出会えるのでとても楽しい! 

ねこぴあのさん>

考えてみたらピアノが原因で手が痛くなるようなハードな練習はやってませんからね~(←いいんだか悪いんだか)
もっとも、仕事が原因と分かっても、仕事の量は調節できないですよね(苦笑)12月から1月前半までは喪中はがき→クリスマスカード→年賀状に埋もれてもう戦場のようです。体と手を壊さずになんとか今冬も乗り切りたいものです。

私の音は明るく健康的なイメージらしいですが、(自分にあまり似合わないとしても)短調の曲もいいですよね。ただあまりに暗くてシリアスな曲は弾く気になれないです。ちょっとセンチメンタル、メランコリックになれる程度がいいなあ~

ゆにくあさん>

こんにちは~♪
手はもう、痛いのをほとんど忘れるくらいになりましたが、重いものを持ったり手をひねる動作をしたときなど、一瞬軽い痛みがあることもあります。
タワシ地方では来月初旬に「マイナンバー」の通知書が全世帯に交付されるとのことで、その時は早出、残業などまた相当ハードな日程になりそうです。
さらに11月になると早い人は喪中はがきを出し始め、あっという間にクリスマスカードそして年賀状の山と格闘する繁忙期へと突入していきます。
手と体がが無事でなんとかやり過ごせますように。

>タワシさんのところに来ると、かなりの確立で知らない曲と出会えるのでとても楽しい! 
いわゆる{王道曲}とほとんど縁が無いこのブログですが、ゆにくあさんのように知らない曲との出会いを楽しんでくれる読者サマの存在は嬉しいし、励みになります。今後とも、応援よろしくです☆彡
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月17日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪カヴァテーナ(伴奏)(ラフ) ♪詩的なワルツ集より(グラナドス) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場