新曲(ハイドンソナタHob.XVI:49)練習開始!

一昨日からハイドンソナタの新曲、練習開始しました♪
ハイドンのソナタといえば、ト短調の曲(Hob.XVI:44 op.54-1)  が一番好きで、1年以上のお付き合いになりますが、DustBox
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1095.html
にアップした時からほとんど進歩していません(というか、かえって後退してるかも(^^;)
このト短調ソナタをもう一度本気でやり直したい思いもあるのですが、それはまたの機会にということにして、今回は、明るい長調のソナタを新しく始めてみることになりました。
ソナタ変ホ長調 Hob.XVI:49です。

最初に一番弾きやすそうな第3楽章メヌエットから手をつけて 昨晩から1楽章の方もぼちぼちと練習し始めました。
古典派の緩徐楽章はどうも、拍感が出なかったりひどい時は音価やリズムを間違えたりするなど苦手意識があるので、もうちょっと音源をいろいろ聴いて曲が頭にはいってから練習開始しようと思ってます。最初っから音源頼みではあまり譜読み力は向上しないかもしれないですが・・・

毎度おなじみ「練習3日目シリーズ」?
第3楽章の冒頭部分だけ録音してみました。
ほんのちょっとだけです。。。
ここから先、弾けてないんで。
Hob.XVI49第3楽章冒頭 (←Click!)

ところどころ焦ってツッコミ気味に入ってるし~古典派とはいえ強弱が乏しすぎてほとんど能面演奏ですね(;・∀・)
だけど、これでも、以前の自分に比べたら「練習初日(あるいは3日目)でのクオリティ」は、かなり上昇したと思ってます。
シューイチで、締め切りが迫ってから短期集中でガーッとやるくせが身に付いたからでしょうか(笑)
ただタワシの場合・・・問題は「ビフォー版とアフター版を比べた時の、進歩がなさすぎ!」この一言に尽きます。
同じ曲を何度もアップしてその度に別人のように変わっていくブロともさんたちを何人も知っていますが、本当にうやらましいです。
(もっとも、教会の奏楽者としては、初めて目にする曲でも、短時間で音楽的に弾けるように持っていく能力は求められます。
それに、限りある人生の残り時間でいろんな曲を広く浅く弾きたいと思うならば、スタートダッシュの良さはやはり必要かも?)

お耳直しとしてブレンデルの演奏(全楽章)を貼りつけておきますね。

Joseph Haydn Piano Sonata nº 59 in E flat, Hob. XVI:49

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

*コメント

ハイドンのソナタ(^_^.)

こんにちわぁ(^。^)
ハイドンですね。^^
ハイドン後期の変ホ長調のソナタは、このXVI:49 もXVI:52 も共に私も好きな曲です。
タワシさん!!「練習3日目シリーズ」とは思えない程のクオリティですね。
「能面」と仰いますが、ハイドンの場合それが標準装備ですので。(*^。^*)
ト短調の方もよろしくお願いします!!!!♪

>限りある人生の残り時間でいろんな曲を広く浅く弾きたいと思うならば、スタートダッシュの良さはやはり必要かも

それは確かにそうだと思います!
わたしはタワシさんとは逆で、一生でたった数曲でもいいから自分のものにしたいと思っていたりします・・・・自分のものに・・・・出来たためしはないですが(爆)
練習を開始してすぐにこれって、うらやましいです^^

練習始めて3日でこれ?
これで文句言うなんて贅沢ですよ~~。
めっちゃ進度が遅い私は本当に本当に曲になるまでが時間かかりすぎていつもこの曲は自分には無理なんじゃないかとマジで思って首かしげて練習してますよ。

やっぱりスタートダッシュが速かったらそれだけ弾き込みに時間もかけられるし…うらやましい~~。
広く浅くでも深く1曲を極めるでもどっちでもスタートダッシュ速いのは有利ですよぉ。

まあ私がスタートダッシュできないのは当然ですけどね。それだけの経験を積んでないし、やっぱ修行が足りん!ってことですから。
カメの歩みでもコツコツコツコツ…ですね。

タワシさんの演奏大好きですよ。どんどん聴かせてくださいね。

ハイドン

タワシさんこんにちは。

ハイドンの3楽章の録音聞かせていただきました。
装飾音符がきれいにはいってますね。

ブレンデルの演奏するこのソナタ、もう何年も前ですが夢中になって聞いたことを思い出しました。ブレンデルの演奏はとっても清らかで、このソナタの2楽章は古典時代にしてはちょっとロマンチックで好きです。
タワシさん3日目でこうですから、きっとすぐ弾けるようになりますね。楽しみにしてますね〜♪

★赤影★さん>

こんばんは!ハイドンの話題の時に★赤影★さんがコメントしてくださる確率が高いような気がするのですが(笑)今回もありがとうございます。
ハイドンのピアノ曲弾いててこんなに楽しく思えるなんて、数年前にはまったく思わなかったです。
短調のハイドンも良いですが、やっぱりハイドンは基本的にはこういう明るくて健全なキャラクターですよね。
能面は言いすぎだったでしょうか?でもあまり感情過多にはしたくないですけどもうちょっと抑揚はあってもいいかなと思いました。まあ、練習始めてまだ日が浅いのでこれで精一杯ですね。

ト短調のソナタは本文に書いたとおりあれからほとんど進展なくて・・・でも1,2楽章ともに一応最後まで通るようにはなってます。3楽章はそのうち、ダストボックスにでもアップします。もうしばらくお待ちください♪

ねこぴあのさん>

いつも思うのですが・・・
同じピアノを愛する者であっても、ねこぴあのさんと私はいろんな面で対照的ですねえ。
ピアノへの愛もいろんなかたちがあるってことで。
だから面白いのかもしれませんね。

>一生でたった数曲でもいいから自分のものにしたいと思っていたりします
そういう曲があるって幸せですよ。
私も、こよなく愛する曲はいくつもありますが、それを自分の手でどうしても弾きたいという情熱がなくて(誰かが美しく弾いてくれればそれで満足しちゃうという・・・)だから進歩もあんまりないのかなあと思ったりします。

隣の芝生は青く見えるといいますが、人は自分が持ってないものに憧れるようですね。私はお世辞や社交辞令抜きで、ねこぴあのさんのコツコツ力を本当に羨ましく思っています。

まんまるお月さん>

>カメの歩みでもコツコツコツコツ…
ん?一瞬「これもNぴあのさん(意味ない伏字!)のコメントか?」と錯覚しかけましたよ(笑)
ねこぴあのさんのとこにも書きましたが(伏字はどこへ?)コツコツ練習が出来るのってそれだけで才能だと思います。根気のない私は絶対に持っていない才能です。

贅沢でしょうかねえ・・・
でも本当に、数日間のスタートダッシュのあとは、自分でも嫌になるくらい長い停滞期の泥沼に埋ずもれるんですよ!(だからアフター版がなかなかアップできません)
とはいえ、自分の考えるピアノの楽しみ方のためには、譜読みが早いほうがいいのも確かで。以前より早くなってきたのは素直に喜ばしいことです。

>タワシさんの演奏大好きですよ。どんどん聴かせてくださいね。
まんまるさんはいつもそう言ってくれますね。練習に行き詰って落ち込みそうなとき、そのひとことが本当に励みになります。本当に感謝してます。

ここまふぃんさん>

ここまふぃんさんこんばんは~♪
演奏聴いてくださってありがとうございます。
装飾音難しいですね。この部分に限って言えば、なんとか無事収まってくれたという感じです。笑

>タワシさん3日目でこうですから、きっとすぐ弾けるようになりますね。楽しみにしてますね〜♪
うう~
そ、それが・・・
だいたい練習初始めて数日間は順調に伸びるのですが、それが過ぎるとたちまち停滞モードに入ってしまうのですよ(ヽ´ω`)トホホ・・
でもせっかく応援してくださっているので頑張ります!

私は古典派の緩徐楽章には記事に書いたようにちょっぴり苦手意識があったりするのですけど、美しく弾けたら気持ち良いでしょうね。そのうち是非トライしてみたいと思っています。
非公開コメント

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*フリーエリア
        
*ただいま練習中!
<6月11日> ♪詩人の魂(トレネ) ♪マリウ、愛の言葉を(ビクシオ) ♪ダイアモンドの雨(ワルトトイフェル) ♪Let us Serve Him(Don Besig)(聖歌隊の伴奏)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*リンク
        
*カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*amazon
        
*楽天市場