プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

DATE: CATEGORY:雑記
とにもかくにも「楽譜と違う音」を弾いてしまうことがあまりにもあまりにも多いタワシです。

この「楽譜と違う音」には タワシの分類によれば3種類あります。
まずなんといっても一番多いのが「ミスタッチ」。
頭の中では鳴らすべき正しい音が鳴っているのですが,お手手がついていかなかったり滑ったりして変な音を出してしまいます。
特に本番(教会での伴奏等を含む)では「たとえミスっても、音楽の流れは極力止めない!」という意志を持って弾いているせいか、タワシのミスタッチは自分で思うほどにはほかの人には気にならないようではあるのですが、でもそれも程度ものですし、努力してミスを少しでも減らせるならばそれに越したことはないと思います。

そしてミスタッチよりは断然数は少ないけど、気がついたときはかなーり恥ずかしい「譜読み間違い」。
大(O)雑把なO型にふさわしく、結構やらかしています。
誰もが知っているようテッパンの王道曲だと、CDでも生演奏でも、何度となく聴きまくっているから、細かいところも含め結構アタマに入ったりしたりして、違う音を出せばすぐ気がつくのですが、マイナーな(あまり知られていない)曲だと音源を聴く機会も少ないため、間違った音のまま覚えていたりすることも多いです。
先日もボロディンの小組曲で装飾音完全に読み間違えてました。だって細かいんだもん。しかも同じパターンのところすべて類推適用して間違ってました。あうー。もうすっかりそれで指が馴染んでしまったので修正するのに努力が必要です。。。
タワシは今のところ老眼の症状はほとんど体感してませんが、これから年齢が進むと目が原因で譜読みの間違いも一層増えるかも、と思うと怖いです。

そして最後が「捏造」です。
捏造するときは、ほとんどの場合、楽譜と違う音を出していることを本人がちゃんと認識しています。
ミスタッチと譜読み間違いは決していいことはなく、一個でも減らすように努力すべきですが、「捏造」は<功罪相半ば>とでも言うんでしょうか、場合によっては捏造のおかげで助かることもあります。
例えば暗譜が急に飛んじゃった時とか、思いっきり間違った音を出した後、とっさにそれに続けても音楽的に不自然ではないパッセージを作り上げちゃうのです。
あるいは、バス(ベース)の進行や、和音(コード)などを自分のしっくり行くように、あるときは確信犯でまたあるときは無意識のうちに、改変してしまっているということがあります。これはポピュラーピアノでは当たり前のこと、むしろできない方が不自由で困るんですが、クラシックでは作曲家の意図に沿って音符や休符のひとつさえも尊重するのが基本中の基本ですから、得意技=捏造というのはあまりいただけないですね~
しかしこの捏造の能力を羨ましがる人は意外と多いんですよ。本人は「捏造撲滅!」とまではいかないまでももうちょっと減らしたいと思っています。
Comment

なるほど・・・こうやって考えたことありませんでしたが、
違う音を弾くのにも、3種類あるんですね(笑)

ミスタッチも譜読みミスもどうせなくならないから、
せめて捏造がもう少しうまくなりたいです(^^;

ご無沙汰してますぅ!

レベル的には遥か下のほうで
私も同じことやってますー
細かく分析したことがなかったので
おもしろい(^.^)
クラシックでもつい、やっちゃうんだよねぇ

タワシさんこんにちわ♪

この記事で私とタワシさんの共通点は3点発見しました‼︎ 1) ミスタッチするところ、2) 譜読み違い 3) 血液型 ・・・・残念ながら捏造問題は一致しません。
私も捏造してみたいです。クラシックでも即興演奏とかモーツアルトやショパンはやったみたいだし 全然いいと思いますよ〜 😋

譜読み間違いよくします(・▽・;)

間違えて覚えていることに気づかず 
ユーチューブとかで聴いて(〇◇〇)!??
ってなること よくあります・・・・

そしてミスタッチは減りませんし
お客さんに「アノ曲弾いて」と言われた場合 
曲の内容ほとんどが捏造(汗)

適当という言葉が好きですよ(=▽=)あは

そういえば O型だったんですねぇ
私はAB型ですが 
うーーん AB型の特徴がわかりません(+▽+)

あ 一個前の 野ばら
優しい音に和みましたぁ(^▽^)

私の先生もいわゆる「捏造」がお得意です。しかもそれを誤魔化しだのミスだのなんて否定的には表現されません。それどころかたいへん誇らしげに「ああ、あれはねえ私バージョンです」とおっしゃいます。これぞわが求めしピアノ!と弟子入りいたしました。が、ろくに弾けもしないうちから「捏造(と書いてでたらめと読む、この場合)」しちゃいけなかったんですね~。「それは単なるチート。譜読みは正確に。そのあとはおおいに自由にやれ」と言うことです。面白いです。

インプロビゼーション

クラッシクだって、ベートーベン先生やモーツァルトさまは、インプロビゼーションの大家だったとか。
これができなきゃ大勢しなかったんでしょ。
ノープロブレムです。
カデンッァだってあるもん!!。

dyneさん>

>違う音を弾くのにも、3種類あるんですね(笑)
あくまで私の個人的な考察に基づく分類です(笑)
まあ、この3種類の中では捏造が一番マシかもしれませんね~
ただ私の場合圧倒的多数なのは単なるミスタッチです。これはほんとうに減らしたい!でも今後もあんまり減らなさそうな予感がします。。。

めいもこさん>

久々のコメント嬉しかったです。
私の方こそ不義理しちゃってごめんなさいね。また遊びに行きます。

>レベル的には遥か下のほうで
私も同じことやってますー
(メ・ん・)?何やら意味不明の発言が?
レベルは私の方がずっと下だと思いますよ。

>クラシックでもつい、やっちゃうんだよねぇ
そうなんですよ!ポピュラーからクラシックに転身(?)したひとにはありがちですよね??

ここまふぃんさん>

共通点3つありましたか?
でもきっと、ミスタッチと譜読みミスは私の足元にも及びませんよ。ふっふっふ~(爆)

即興は確かにモー様やショパン様は得意中の得意でしょうね。でも彼らの、芸術的で音楽としてとーっても美しい「即興」と、私の、単なるごまかしとしての「捏造」は、間違っても一緒にしてはいけません。
ここまふぃんさんどうせなら「捏造」でなく「即興」にトライしてみてください、ここまふぃんさんならきっとできると思います!

いもコンさん>

やっぱりいもコンさんは私と同類の人かもしれませんね~笑
>「アノ曲弾いて」と言われた場合 
曲の内容ほとんどが捏造(汗)
そうそうそう!私もまさにそうなんです。
でも、それでも周りの人は十分に喜んでくれたり羨ましがったりするでしょ?「楽譜がないと弾けない」という人から見たら、そういうのって特殊な才能に思えるみたいですよね~

はい私はO型ですよ。適当っていうのはO型の最大の特徴だと思うのですが、AB型のいもコンさんも音楽に関してはそうなんですか?
AB型の特徴は(私も詳しくは知りませんが)ユニーク、個性的で天才肌の人が多いイメージがありますよ~ いもコンさんも当てはまる部分があるのでは?

タワシさん、こんにちは~
タワシさんの演奏は何回か聴かせて頂いていますが、
毎度のことながら、明らかにミスタッチなんて、全然わかりません!
咄嗟に「捏造」できるというのは、即興で演奏されているタワシさんだからできることですよ~
即興のその字もやっていない私ですが、先日発表会でおや?と思ったときには勝手につなげて弾けて、あ~私も捏造ができた!と正直嬉しくなりました^^;
もちろん、正しく弾けることが一番ですけど、あれなら、あまり曲を知らない人にはばれずに済んだかな?なんて・・・笑
タワシさんの捏造は捏造とは言わない、タワシバージョン、ちょこっと編曲しちゃったわよ、的なものだと思います^^

とにさん>

とにさんの先生ってなんて素敵な方なのでしょう!是非一度お目にかかって生演奏をお聴きしたいものです。
こういっては語弊があるかもしれませんが日本の「いわゆる普通のクラシックの先生」とは大違いですね!
私も自分の捏造を誇らしげに「あれはたわしバージョンです」と言えたら気持ちいいだろうなと思います。
でも、私の捏造も今のところほとんど「でたらめ」とルビを振らなくてはならないものばかり・・・(滝汗)とにさんの先生のような素敵な捏造ができる日を夢見て頑張ります。
それよりまずは正確に弾けるようにしなくては!

MKさん>

捏造と書いてインプロヴィゼーション(即興)と読む。そんな、音楽的に素敵でカッコイイ捏造を目指してはいますが(バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン・・・などの大作曲家たちは皆、そういうのはお手のものだってでしょうね。私の捏造は実際は単なるでたらめだったり、ちょっとだけ体良くミスをごまかしたりする小手先の技に過ぎません。
(ただし、そういういただけない捏造とは別に、実は即興演奏(即興もどき?)の訓練は時々しています。ポピュラーピアノは少々習っていまして約2年間のレッスン期間の終盤ではそんなトレーニングもありました)

ふくうめさん>

今頃はオフ会楽しんでらっしゃるでしょうか?うう~羨ましい~。でもふくうめさんとはもうすぐまたお会いする機会がありますから、それを楽しみにしましょう(私の方は弾ける曲ないですが)

実際に私の演奏を聴いても、ミスがめちゃちゃ多いという印象本当にないですか?意外です・・・
そしてなんと、ふくうめさんも発表会で捏造をやったのですね。(これで私のお仲間だ~!)
確かに、止まったり弾き直したりするより、素知らぬ顔して捏造でやり過ごす方がずっとずっとましですよね。ふくうめさんのように地力があれば、そして曲が超有名曲でなければ、たぶんほとんどの人は気がつかないと思います。
ふくうめさんもさんこれを機会に本格的に即興演奏にトライしてみてはいかがでしょう?


そうなんですよ、私も先生にタワシさんをご紹介したくてうずうずしています。なんとなーくですが、おふたりとも根底に流れる精神が近いので、意気投合されるような気がしています。

高齢の先生を日本にお連れするのは難しいので(でも日本を見てみたいなあとはおっしゃってる)、フットワークの軽そうなタワシさんにぜひいらしてほしいです(そのときは皆でホームコンサートしましょう。←もう私の中では具体的になってる…)。


とにさん>

先生に私を紹介だなんて!そんな大それたこと考えていたんですか!?いえいえ陰から(?)一聴衆として演奏に触れさせて頂ければ十分ですよ~
フットワ-ク軽そうですか?でも実際は海外はハワイに一度行ったことがあるだけですよ、パスポートもとうに失効しちゃいましたし。お金も時間もないビンボー人ですから、身軽に動けるのは関東近辺だけですかね。関西や東北のお友達のところさえ、なかなか行けないですもの。
でも とに家でもホームコンサートには、マジで憧れます♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © ようこそ!タワシワールドへ♪ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ