ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音>鈴とカスタネット〈スペイン奇想曲〉(シュモール)

  1. 2015.
  2. 10.
  3. 24
  4. (Sat)
  5. 21:06
今週もまたまた、初級者向けのピアノ小品集から選曲しました。しかも、練習不足のせいもあるとはいえ、それでさえ満足に弾けてないという事実・・・(滝汗) 「永遠のソナチネレベル」卒業宣言は何だったのでしょうか?

それはさておき、
今回のシューイチは、ドイツ生まれでフランスで活躍した作曲家、アントン・シュモール Anton Schmoll (1841-1931?)の
「鈴とカスタネット〈スペイン奇想曲〉」(Op.50 No.24)。
ボレロのリズムで書かれた、情熱的で生気にあふれた曲です。ボレロといってもあのラヴェルの曲でおなじみの「タン・タタタ・タン・タタタ・タンタン」というリズムよりもっとシンプルな「タンタタ・タンタン・タンタン」というリズムを基調にしていますが、カタカナで書くと何がなんだかわからないですね(笑)
演奏しながら、このスペイン風ボレロのリズムって、ポロネーズに似たところがあるな~と思いました。スペインとポーランドの意外な共通項、興味深いですね。

シュモールという作曲家については、タワシのリンク先の空苑(そらぞの)さんのブログ記事で、詳しくわかりやすく解説されていますので参考にしてください。
作曲家シュモールについて

<お断り>空苑さんも書いておられるとおり、この曲は日本では「スペインの思い出」というタイトルで知られているようで、タワシの手元の楽譜(「やさしいピアノ小品集2・全音楽譜出版社)でもその表記になっています。
しかし原題には思い出に該当する単語(remembrance あるいはsouvenirなど)がないので、原題の意味のとおりのタイトルにしました。


ではどうぞ~♪






鈴とカスタネット〈スペイン奇想曲〉(シュモール)

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

カギコメさん>

>タワシさんのシュモールが聴けるとは!
生き生きとしてカッコいい演奏ですね(*゚▿゚*)
→あれ?意外でしたか?でもかっこいい演奏と言ってくださってありがとうございます。スケールで指が転んでたり、焦ってつんのめりになっている箇所があったり、ツッコミどころは多々ありますけど、リズムを楽しみながらノリ良く弾くことだけは出来たと思ってます。

>確かに中間部あたりからのリズムが曲調も相まって
ポーランドっぽくて興味深いですね。
→やっぱりそう感じます?そういえばショパンにもボレロと題した曲がありますが、あれもかなりポロネーズっぽいですね。ラヴェルスタイルのボレロになると、ポロネーズとは明らかに別物ですが。

>日本でのタイトルは"思い出"の語句が想像をかきたてて
これはこれで味があっていいと思いますケド、
なんでこうなったのでしょうね(笑)
→ほんとになんででしょうね?(笑)
そのほうがウケると思ったから???
日本では昭和4年に初出(?)らしいので、その当時はこういうことに寛容(というのかな?)だったのでしょうね~ 私が編集者だったらタイトルを改変する勇気はないですが。

シュモール。。。スペイン奇想曲。。全く知らない曲でしたけど、明るくてリズミカルで私好みです☆ 少しノスタルジックな感じもしますね。ほんとタワシさんは引き出しが多いですね~ 

パチパチパチ…♪
タワシさんのシューイチはほんとにレベル高い!
1週間ですよ?(タワシさんは2~3日か)
それでこれだけの仕上がりなんだから…ダメなんて言っちゃいけません!

リズムが良くって何度も聴きたくなる、そんな曲ですね。
ノリがいいし、タワシさんもこういう曲お好きですよね。

ソナチネでヨタヨタしてる私から見たらタワシさんはとっくにソナチネなんて卒業してるし。
私もいつの日か卒業できる日を夢見てがんばんべ~~~!

ゆにくあさん>

シュモール、初耳でしたか?マイナーな存在の作曲家、作品ですから、知らなくても当然ですよ~v
そうそう、この曲短調なんだけど生き生きとして楽しい曲ですよね。でも、陰鬱な暗さはないけどかすかなメランコリーがあって、そこがまたそそられます。そのせいもあってか、「思い出」というタイトルは(原題の意味からは離れてますが)、曲想的にはそれでも十分通りそうですね♪
引き出しは多い方かなあ~笑 でもゆにくあさんも、ピアノ歴の浅さの割にば随分いろんな曲やっていると思いますよ。先生の好みとか、住んでいる国の違いもあるでしょうけど。

まんまるさん>

拍手ありがとうございます(゚∀゚ )嬉しいです!
自分としてはまだまだ納得のいかない部分満載なのですけど。練習期間の短さを考えるとこれで許してもらえるでしょうかね。

こういう、ノリで弾ける「民族路線」の曲は、確かに大好きです♡
「民族色」というスパイスが、私自身の素材の悪さ(=基礎ができてないこと)を、多少なりともごまかしてくれてるのかもしれません(!?)

ソナチネレベルを卒業したとかなんとか、って自分でもついついよく言ってしまいますが、ソナチネをミスなく美しく弾くのはかなり難しいですよ。それを言ったらブルグだってバイエルだってそうかもしれませんけどね。
まんまるさんは自信を持って今のモツソナ頑張ってくださいね。先生からゴーサイン出てるのですから!

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a