大バッハとの距離・・・

先日平日練習会、一番人気はバッハでした。
とは言っても決して今特別にバッハブームが来ているというわけではないと思うのです。
レッスン中のピア友さんのブログを見ても、インベンション・シンフォニアを筆頭に、バッハの登場回数は群を抜いてるように感じます。タワシなんぞが改めて言うまでもないのですが、それだけピアノを弾く人達にとってバッハは大事で特別な存在だということでしょうね。

ところが・・・
そんな中にあってタワシ自身はこれまでインベンションやシンフォニアを1曲たりともまともに練習したことがないのです!ついでに言えば楽譜も持っていません!
これ言うと、大抵の人には、かなり驚かれるんですよね。
そして時々は「何か、バッハを避けてる理由があるの?」と、訊かれます。

音楽史上で一倍偉大な作曲家は誰かと言われたら、タワシは迷わずバッハと答えますよ。
モーツァルトでも、ベートーヴェンでもなく。
音楽家としてそして偉大な信仰の先輩として、疑う余地なく尊敬してます。

そんなタワシがなぜ、インベンションを敬遠(?)してるのか?
どうやらタワシの中でハノン、チェルニー、インベンションが「練習曲3点セット」となってインプットされてしまっているようなのです。(インプットされたのはずっと昔のことだと思います)
ハノンやチェルニーとインベンションを一括りにしてしまうのがどれだけ的外れでおかしいことか、それは百も承知なのですけどねえ。
それでも数年前にはインベンションをすっとばして、フランス組曲(弾けそうな楽章だけ抜粋ではありましたが)に熱中していた時もありました。
その他、いくつかの易しい小品も、弾いたことがあります。
でも最近は、バッハの曲はほとんど弾いていませんね。

その代わり(!?)、ヘンデルとか、他のバロックの作曲家の小品は結構弾いているんですよ。シューイチにも時々アップしていますよね。
バッハをやらずに他のバロックの作曲家の曲(かなりマイナーな存在の人も含む!)・・・それって本末転倒かも、と思うこともないではないですが、どんな形でもとにかくポリフォニー音楽に触れていたいとは思っているんですよ。
そして本人としては、この個性的な練習メニューを、かなり楽しくやっています。

それでも・・・いつかピアともさんたちのようにバッハの魅力にハマる日が来るのでしょうか?「聴き手」としてだけではなく「弾き手」としても。
そのときは、バッハ大先生との距離が今より縮まるんだろうか?
彼のホ長調のヴァイオリンコンチェルトを聴きながら、そんなことを考えた今日のタワシでありました。
(↓この演奏、タワシの愛聴版なんですよ~♪)


BWV1042 Violin Concerto No.2 in E Arthur Grumiaux

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

*コメント

こんにちは!

バッハをまだ”仕方なく”やっている私がやってきました。
こないだもちょこっとお話しましたけど、ピアノを再開するにあたって「ツェルニーとバッハはやりません」と宣言して始めたんです。
今は一転してバッハもツェルニーもやっていますが、はまっているというには程遠い、やらなきゃいけないからやらざるを得ない、そんなに好きともまだ思えない。
むしろ避けていたのに、周りの人たちがバッハをやっているのはどうして?という疑問と、ショパンをやるにはバッハをやったほうがいいという師匠の言葉のため、好きと思う人の気持ちはなんぞや?を知りたくてやっている次第です。(ツェルニーは技量不足を痛感して志願です・・・)
私の中でも「ハノン、ツェルニー、インベンション」が3点セットで、昔は訳も分からず嫌々ながらやっていた(やらされていた)認識で、苦手です。

だけどタワシさんのそんな理由を知らずに、インベンションやってないよと言われたら、何か理由があるのかしら???どんな訳なのかしら???タワシさんのことだから何かすごい理由があるのよきっと!とすごく興味をそそられます笑
フランス組曲はやったことあると聞けば、ああそうか、となんとなーく腑に落ちる私。

けど、他のバロックや賛美歌などをあれだけの数弾きこなしていれば、べつにインベンションやらなくてもいいんじゃないかとも思いますが、それだけインベンション・シンフォニアはピアノ弾きの登竜門なんでしょうね。

楽しい、弾きたいと思えずに弾くのはいくつになっても苦痛な作業だと思いますよ〜。
今の私はどれも苦痛になりつつあるでんじゃらすゾーン突入です・・・

えーバッハを弾かないのはタワシさんらしくていいなーと思いましたけど、それじゃだめでしょうか。タワシさんがいわゆる「マイナーどころ」を紹介してくださるのが何より楽しみなんですよ私。

まわりにバッハを弾く人が多いのはきっとたまたまでしょうね。タワシさんのお友達も、大作曲家で音楽史上重要な存在だからバッハを弾いているというよりは、バッハと気があったので…という感じではないかなーと(え、そんなに軽くない?自分と一緒にするなって?)。そしてタワシさんはヘンデルと気があっているのではないでしょうか。ちなみに私はバッハというよりもどうやらフーガという形式に魅かれるみたいです。ヘンデルやスカルラッティのフーガもすごく面白いです。

そういえば私の前の先生もバッハよりヘンデル派でしたね。その理由が「みんななんでショパンとバッハばかり!飽きたよ!(←教師としての本音らしい。)他の素晴らしい作曲家ももっと弾こうよ!」だったのでちょっとタワシさんとは違うのかもしれませんけれど(笑)。

こんにちは!!

バッハ色々好きですけど 
このvnコンチェルト。
渡辺茂夫の「神童」というCDで何回も何回も擦り切れるくらい聞きました。
3楽章がすごく好きですわ♬
今も、ここで乗せてくださっている音源を聴いています。
グリュミオーですね。
愛聴盤なんですか?
昔のあの時代のあちらのヴァイオリニストの音はやっぱり骨太でずっしりしっかりした音ですよね。。。。。と、思う。

そうですか!
ピアノ弾きの方がたはやはりバッハの曲にハマるのですね!!
私もいつかハマってみたいものです。
聞くのは大好きなんですけど自分でピアノで弾くのは実はすご~く難しい気がしています。


※ 例のvn曲は来週やっとあんぷになりました。ヤレヤレ・・・(^_^;)あまり練習してませんが。

こんばんは^^

私がバッハを課題の中に入れてるのは
もちろん先生からのおススメもありましたが
バッハって理系な感じがして
他の人から見ると頭が良く見えたりするかも?・・
という理由からなんです(笑)

でも・・そういう不純な動機のせいか、最近では辛くなってきまして
あと数曲残ったのを全部やったら
もう先はせず聴く方にまわろうと思ってます^^

ふくべさん>

「ハノン、ツェルニー、インベンション」が3点セットというお仲間に出逢えました!なんかそれだけで感激です(笑)これまで誰にも賛同してもらえなかったので。
小さいお子さんでインベンションやってる子って楽しいのかなあ?今も素朴に疑問に思います。バッハって良さが分かるのが大人になってからってパターンが(少なくとも私の周りでは)多いから。

ふくべさんはまだバッハは「仕方なく」やってるのですね。いまだに魅力は感じるようになりませんか~?
ショパンを弾くにはまずバッハ、これはよく耳にします。ショパン自身がバッハを敬愛していてそれが彼の音楽にも反映してるからなんですよね。
それにしてもあのチェルニーを自分から志願してやるなんて、偉いなあ(遠い目)

>インベンションやってないよと言われたら、何か理由があるのかしら???どんな訳なのかしら???タワシさんのことだから何かすごい理由があるのよきっと!
これ、おかしすぎるんですけど~笑笑笑
タワシさんは、皆さんが思うよりずっと、なんにも考えてないヒトですよ、たぶん(爆)

とにさん>

>バッハを弾かないのはタワシさんらしくていいなーと思いました
へ~え、こんな意見もあるのですね、私はバッハを弾かない印象ですか?(笑) フランス組曲とか、かなり一生懸命やっていた日々もあったのですけど。
でも事実、バッハよりヘンデルの方が私にはあってるかもしれないと、時々思いますよ。
とにさんの前の先生も、ヘンデルと相性がいい方なのですね。
とにさんの先生の場合は、レッスンでバッハとショパンを聴き過ぎて、また自分でも沢山弾かれて、少々食傷気味になられたのでしょうね。
インベンションさえ食わず嫌いの私とは事情が違いすぎです・・・

>タワシさんがいわゆる「マイナーどころ」を紹介してくださるのが何より楽しみなんですよ私。
こういう声はホントにありがたいです。
有名曲のほとんど登場しないブログなんて他人(ひと)が読んで面白いのかなあ~と思ったりしたこともありましたが、マイナーどころの紹介を喜んでくださる方もあるのですね。
おそらくこれからも堂々とこの路線を歩むと思いますますので、よろしくお願いします。

ちこpiaさん>

おお、このコンチェルト、ちこpiaさんもお好きだったのですね。 LPならまだしも、CDが擦り切れるくらい聴いた、って(!!)
渡辺茂夫の「神童」というCD 図書館にあったので聴いたことがありますよ。とっても才能があって将来有望だったのに、心を病んでしまい悲惨な人生を歩んだ人だったんですよね…そばに彼をもっと理解して支えてくれる存在がいてくれたら…と思うと残念です。

(ピアノに関しては実はそれほどでもないんですけど)ヴァイオリンは往年の巨匠と言われる人の演奏が、今の世代の演奏家のものより好きですね。ちょっと音を聴いて誰の演奏かわかるくらい個性的な人がたくさんいましたよ♪

バッハのピアノ曲は、ほんとに聴くにはいいんですけど弾くのは難しいですね~
みなさん頑張ってて偉いなあと思います。(←ひとごと?)

どれみさん>

バッハ=理系な感じ!わかりますわかります!
確かに、あんな複雑な対位法を自由自在に操るところ、理系のアタマがないと絶対絶対無理だと思います。
でもその反面、文系の繊細な感受性も持ち合わせていないと、あんなに心に響く曲は作れないだろうなとも思うし。
とにかくバッハってすごい人ですよね!頭の中どうなっているんだろうと、昔からいつも思い続けています。

そんなバッハの曲を弾きこなす人も、確かに理系の要素があるかもしれませんね。
私は学生時代典型的な文系人間だったので(数学の成績は自分お通知表の中でもダントツで悪かったです)やはりバッハを弾くには相当厳しいものがあるかもしれませんねえ・・・

どれみさんは聴く方に回る予定なんですか?
でも時々は弾いてあげてくださいね~
私も時々は頑張ります(笑)バッハ大先生の曲でも初級者対象にしたものがありますからそういうのを中心い・・・(^^;

なるほどー

でも私はタワシさんの弾くバッハ、いつか聞いてみたいです。インベンション&シンフォニアとかでもまあいいけど・・・贅沢を言えるなら、むしろPartita #2 In C Minorとかどうでしょう。似合いそうです。

ゆにくあさん>

バッハはついつい「聴き専」になってしまう気持ち、少しはわかっていただけましたか(^^;

私のバッハあんまり似合わないし第一すごく下手だし、聴かない方がいいですよ~
インベンションは皆さんやってますから、上手でもない私がわざわざ人前で弾かなくても・・・、と正直思ってます。
が、いきなりパルティータが出てくるとは驚きました。インベンションやシンフォニアすっとばして、いくらなんでも無理でしょう?
もしかしてゆにくあさんがこの曲お好きなのかしら?もしそうなら、そのうち是非自分でトライしてみてください。新境地が開けそう。
非公開コメント

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*フリーエリア
        
*ただいま練習中!
<6月11日> ♪詩人の魂(トレネ) ♪マリウ、愛の言葉を(ビクシオ) ♪ダイアモンドの雨(ワルトトイフェル) ♪Let us Serve Him(Don Besig)(聖歌隊の伴奏)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*リンク
        
*カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*amazon
        
*楽天市場