ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音>日ごと主イエスに(讃美歌第二編186番) 

ちょっと久しぶりに、讃美歌をアップします。
「讃美歌第二編」から、「日ごと主イエスに」です。
主イエス・キリストに信頼しつつ、日々歩んでいこう、という内容の曲で、作詞はE.P.Stites 作曲はI.D.Sankey という人です。
詞、曲ともに、とてもシンプルで素直です。
その持ち味を生かし、あまり凝りすぎないアレンジで弾いてみました。

それでは、どうぞ♪






日ごと主イエスに(讃美歌第二篇186番)

( 2015/11/21 22:59 ) Category 今週の録音 | TB(0) | CM(8)
綺麗な曲ですね。
これってタワシさんがアレンジしたんですか?
やっぱりすごいな〜タワシさんって!
[ 2015/11/23 01:37 ] [ 編集 ]
聴いてくださってありがとうございます♪
今回もこれまでにアップしたものも、讃美歌は全て私のアレンジで演奏してます。(アレンジというほど大げさなものでもないですが(^^;)

でもここまふぃんさん、なんか誤解してらっしゃるような~
私は全然すごくないですよ、ごくごく平凡な人です。
なぜかよく過大評価されるんで自分でも不思議です。
[ 2015/11/23 18:36 ] [ 編集 ]
聴きました!!

ホント、これタワシさんがアレンジされたんですか?
カッコいい&素敵です(^^♪

なるほど~。
讃美歌というのはもとはシンプルな楽譜?なのでそれに合うようにアレンジして弾いちゃって良いわけなんですね!

音楽って、アレンジひとつでガラリと変わりますもんね。
特に売れ筋?の曲などの場合、
実際作曲するより編曲家の方が大変!!?って思うこともあります。
[ 2015/11/24 23:26 ] [ 編集 ]
賛美歌はすべてタワシさんのアレンジなんて、知りませんでした。
やはりすごいですよ〜
曲を アレンジして曲にして弾くという技は私には到底できませんから。
[ 2015/11/25 06:08 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/11/25 22:34 ] [ 編集 ]
>これタワシさんがアレンジされたんですか?
はい、そうです!
オーソドックスなな賛美歌の楽譜は、ふつう、混声四部合唱のスタイルで書かれてます。その通り弾いても美しいですけど、何節も同じパターンで繰り返すと平凡だし少し飽きるので節が変わるたびに伴奏パターンを変えてみたりすることが多いです。私は、楽譜に書き留めたりすることはまずしません。その時の気分で心に浮かんだままに適当に弾いてます。
お世辞にも才能あるとは言えないですが、こんなアレンジ&演奏でも、かっこいいと言っていただき 感謝感謝です。

>音楽って、アレンジひとつでガラリと変わりますもんね。
ほんとにそうですね。
昔ポピュラーピアノを習っていた時は、わざと原曲と思いっきり違う雰囲気のアレンジをするという課題も、よくやらせらたものでした。難しいけど楽しいですよ。
[ 2015/11/26 21:22 ] [ 編集 ]
>賛美歌はすべてタワシさんのアレンジなんて、知りませんでした。
やはりすごいですよ〜
私の場合、アレンジといえるほど本格的な作業でもないんですが・・・
でも楽譜通りに弾いていないのをアレンジと呼ぶならそういうことになりますね~

昔、ポピュラーピアノを先生についてそこそこ本格的に習ってましたので。
コードの読み方から始まってアレンジのコツなどもそこで学びました。
ここまふぃんさんだって、そういうお勉強をすれば確実にできるようになると思います。全くそういう訓練を受けてなくても音感とセンスのいい人なら自由にアレンジできちゃいますよ。
[ 2015/11/27 09:56 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございました。
あちら(SNS)の方もメッセ拝見していたのですが、お返事が遅くなってしまいすみませんでした。あちらの方で返信させていただきました。またよろしくお願いします。
[ 2015/11/27 09:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア