<今週の録音>みつかいこぞりて(聖歌121番)(ニコライ~バッハ編) 

明日から待降節第2週目です。
というわけで当然シューイチは今週もクリスマスモード。
ネタを探して手持ちの数冊の賛美歌・聖歌をチェックしていると、バッハ大先生の名前が目に飛び込んできました・
聖歌121番「みつかいこぞりて」です。
例によって1節のみ、聖歌の歌詞を紹介しておきます。

み使いこぞりて よろこびたとうる あしたの星よ
エサイの株より まさしく目指しし 救いの君
主よ 主よ われらのそばに いましたまえ
主なるインマヌエルよ


[Har.by J.S..BACH] とあるから、バッハが和声をつけたってわけか。
作詞、作曲はPHILIPP NICOLAI。
フィリップ・ニコライ?どこかで聞いた名前だな・・・
と思いつつ調べたら、バッハの「目覚めよと呼び声あり」のコラール主題を作ったのが、この人でした!
ニコライ氏は16世紀の牧師さんだったのですね。

ニコライについてもっと知りたい方は、以下のサイトを参照してください。
http://www.jade.dti.ne.jp/~jak2000/page002.html#%E2%85%A6-1
この曲の原詞とその対訳、さらに成立事情までも載っています。
スマホで見ている方 すみません。スマホからだとリンク先をクリックしても目的の箇所にいけないみたいです。PCからだと大丈夫なのですが。

バッハがハーモナイズする前はどんなかたちで歌われていたんでしょうね?いずれにせよ、バッハの編曲はさすがです!
最後の2小節なんて 階名にすると「ドシラソファミレド」という「下降スケールまんま」ですが、それがバッハの手にかかると、なんて豊かな響きになるのlでしょう!

今回は2種類のオルガン音を使って弾いてみました。
それでは、どうぞ♪






みつかいこぞりて(聖歌121番)(ニコライ~バッハ編)
[2015/12/05 21:57] 今週の録音 | TB(0) | CM(12)

最後のドシラソファミレドの部分、すごく注目して聞いてみました。
そういう風な思いで聴くと、確かになあ~
さすがバッハ!の響きなんですね~。
私バッハの何にここまで惹かれるのかな~?とよくよく考えてみたんですけど、和音の響きかもしれません(^^)だからシンフォニアに惹かれるのかな~と思いました!
[2015/12/06 17:19] ね~み♪ [ 編集 ]

タワシさんこんにちわ。

オルガン音楽ってやっぱり素敵ですね。
一気にクリスマス気分を味わえました。
ありがとうございます〜
[2015/12/07 08:26] ここまふぃん [ 編集 ]

クリスマスですね。

オルガンの優しくて重厚な響き...
心が洗われますね。

「ドシラソファミレド」
言われないとわからないくらい魔法の響きです。

オルガン音はデジピですか?
[2015/12/07 20:12] ゆっき [ 編集 ]

ね~み♪さん>

お返事遅くなってごめんなさい。
最後のドシラソファミレドの部分はほんの一例ですが、どんなジャンルの曲でもそしてその曲のどの部分をとっても「やっぱりバッハはすごい!」と思うんですよね~

それにしても ね~みさんはホント、シンフォニアお好きですよね~
バッハの魅力、とても一言では片付けられないでしょうけど「和音の響き」もその大事な要素であることは確かですね。それを味わうのには、2声のインベンションよりは3声のシンフォニアのほうがやはりいいのでしょうね。といっても私にはどっちも敷居が高いですが。。。
[2015/12/09 08:54] 私はタワシ [ 編集 ]

ここまふぃんさん>

お返事遅くなりました!すみません。

いつも演奏聴いてくださり感謝しています。
クリスマス気分味わっていただけましたか?よかったです♪

教会=オルガンというイメージが強いと思いますが 私は本物のオルガンは未経験です。足踏みオルガンとかエレクトーンは別として。
オルガンってピアノとはまた演奏法が違うんですよね~その辺、未経験者ゆえわからず適当にごまかしてますが・・・(汗)
[2015/12/09 09:42] 私はタワシ [ 編集 ]

いいですね〜こういうのがさらっと弾けたらどんなにいいだろうといつもタワシさんの音を聴くたび思います。
今日クリスマスソングの練習していて、タワシさんに弾いてほしいなあと思いましたよ!
[2015/12/09 22:14] ねこぴあの [ 編集 ]

ゆっきさん>

コメントありがとう~♪お返事遅くなってごめんなさいね。

>オルガン音はデジピですか?
はいそうです。安物デジピなのでちとしょぼいですが、それでも何とかオルガンっぽい雰囲気は出ていると思います。

>「ドシラソファミレド」
言われないとわからないくらい魔法の響きです。
でしょ?たとえどんなに平凡でつまらないメロディだったとしても(この曲がそうだというわけではないですよ)、バッハ様が和声をつけてアレンジしてくれたら、たちまち立派な芸術作品に早替わりしちゃいますよね。
[2015/12/09 22:31] 私はタワシ [ 編集 ]

オルガンの音 心が洗われますねぇ(^▽^)

クリスマス♪ 楽しみですね(>▽<)

[2015/12/10 13:18] いもコン [ 編集 ]

>ねこぴあのさん

> いいですね〜こういうのがさらっと弾けたらどんなにいいだろうといつもタワシさんの音を聴くたび思います。
→おほめいただき恐縮です~
でもこの曲はそんなにさらっと弾けませんでした。これでもかなり練習したんですよ!ポリフォニーの曲はどうしても、右手メロディ、左手伴奏という単純なつくりの曲より時間がかかりますね~

> 今日クリスマスソングの練習していて、タワシさんに弾いてほしいなあと思いましたよ!
クリスマスの定番曲でしたら暗譜でサクッと弾けるのが結構あると思います。特に讃美歌の有名どころは一通り弾けるはず。
職場と教会がこんなに忙しくなければ ピアノサークルその他のクリスマス会などに参加して讃美歌メドレーなど弾いてみたいなあと思うのですが、実際はそのころは年賀状の山に埋もれて格闘してますからね~
[2015/12/11 07:13] 私はタワシ [ 編集 ]

>いもコンさん

>オルガンの音 心が洗われますねぇ(^▽^)
本物のオルガンは、ちゃんとは弾けませんけど(音を出すだけならできるでしょうが)
デジピのオルガン音でもまあ何とか雰囲気は出ますね~

>クリスマス♪ 楽しみですね(>▽<)
仕事もこれからますます忙しくなって、体力的に乗り切れるかが心配ですけど、今年も歌に伴奏にがんばります!
ソロ演奏がないので気分的には今までより楽ですかね。
[2015/12/11 07:20] 私はタワシ [ 編集 ]

おごそかで美しいです。
これぞ、クリスマスという感じがします。
バッハの創る響きは、編曲でも神々しいと思いました。
[2015/12/11 17:34] ゆきなぎ [ 編集 ]

ゆきなぎさん>

安物デジピでの、しかも練習不足の演奏ですが、少しは曲の雰囲気が伝わったようでうれしいです。
こころ静かに主のご生誕を待ち望み、祝う、伝統的な教会のクリスマス。クリスマスキャロルにもいろいろありますが、この曲はまさにそんな感じですかね。
バッハの編曲(和声付け)はさすがですよね。手持ちの讃美歌の中にも、いくつかバッハ編の曲がありますので、機会があれば、またシューイチでも取り上げてみたいなと思っています。
[2015/12/15 10:18] 私はタワシ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1199-2aa82a28