ようこそ!タワシワールドへ♪
{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。
こんな時期に、選曲祭り!?
皆さんのブログを見ていると、今年1年を振り返る記事が圧倒的に多くなっていますね。今年も残すところあと3日ですから当然です。それにしても早いなあ~。月日の流れるスピードも自体も、一年一年加速度的にはやくなっているような気がします。

そんな時期ですが、仕事が繁忙期のピークで、身体が相当疲れているにもかかわらず、ピアノ熱は逆に上昇し、ここ数日余暇の大半をピアノにあてている感じのタワシです。 
一昨日は、午後、礼拝から帰ってきたあと、トータルで4時間くらいはピアノに向かっていたと思います。
今年最後の休日である今日も、もちろん、ガッツリ練習しますよ~V

来年2月のイベント(おんそうず改めばんちゃん会)まであと2ヶ月を切り、お友達も次々と演奏曲目を決めているようなので、スロースターターのタワシもさすがにそろそろ選曲に入らないとまずいかな、と思い始めています。
前回のおんそうずではタンゴ「ジェラシー」を弾いたのですが、こういう曲はやっぱりお酒も入る歓談タイムのBGMによさそうです(聴くほうも弾くほうも)。というわけで今回はクラシックにします。
路線的には変わり映えしませんが、ショパンのマズルカ2~3曲か、古典派のソナタのどれかの第一楽章か終楽章、で考えてます。ソナタ弾くなら、、前々回はモーツァルトでしたので、今回はハイドン、あるいはバッハの息子あたりかな?
マズルカは、土臭いところが土着民族タワシに似合っているような気がしてずっと親近感を持ち続けてますし、古典派ソナタはなんといっても譜読みが楽なのが魅力です(最近アタマのほうも疲れがたまっているようですので)。

候補曲のひとつが
J.C.F.バッハ(大バッハの、下から二番目の息子)の 「ソナタイ長調HW XI/8」という曲なのですが 探してもYOUTUBEに音源がないようで・・・
それはそれで、弾きがいがあるかな、と思ったりもしてます。
あまり有名でない曲を弾いてその魅力を聞き手と共有できるのがすごく嬉しかったりするタワシなので。

ただし古典派は、とっつきやすい反面、ぼろが出やすいという問題点があります。
特にタワシの場合、スケールとかアルベルティバスとか、ハノンやチェルニーをまじめにやってきた人なら楽勝でクリアーしている基本的なテクニックが、なっていないのです~(恥恥恥)
まあ、こういう実際の曲の中でそれらを鍛えるというもくろみもあって弾いているのですが。「おうちでこっそり」ならよくても、人前で弾くとなるとね(汗)

今のところ候補曲のすべてに「難所」があり、最終的にはそこをどこまで克服できるかということで曲が決まりそうです。
難所、ゆっくりなら弾けてもその速さに全体をあわせると曲の雰囲気が出ない、ということもありますし。
やっぱり不器用な指が恨めしい。でもめげませんよ~

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1209-c0a0cbf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック