プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

DATE: CATEGORY:雑記
去年の年末に、ベトソナ1番1楽章の1ページ目(提示部)だけ「遊び弾き」して、こっそり(?)アップしてみたら、かなり反響があったので正直びっくりしてます。
こういう「クラシッらrしいクラシック」に日ごろ縁がない(?)タワシなので、珍しくて驚いた人が多かったようですね(笑)

そんな中で「続きがぜひ聴きたい」「本気を出して最後まで弾いてほしい」という意見がいくつもありました。
ソナタを、全楽章通してとまでは行かなくても、せめてひとつの楽章を最後まで完成させることは、とても勉強になると思います。
コメントにレスしながら自分でも、今年はもっと「本気モード」をいっぱい発動して本格路線もちょっとはがんばらねば、という気になりました。

しか~し!
ほとんど、どのソナタでも「展開部」になると急にテンションが下がってしまうのですよ~
お気づきの方もあるかもしれませんが、タワシってこれまでも「提示部だけ弾いてみた」というパターンがすごく多かったでしょ?
譜読みは遅いほうではないので、練習始めて3日くらいすれば、提示部だけは何とかかたちになることが結構あります。
でも結局kそこでう挫折したり放棄状態になってしまうパターンが多いのは、ひとえにその後に続く展開部が苦手だからなんです。
いつまでだらだら続くんだろう?早く再現部にならないかなあ~>などと考えながら弾いているときもあります。
暗譜の必要に迫られることはタワシの場合まずないですが、それでも「展開部がなければ暗譜だって余裕で出来るのに」と思うことがしばしばあります。

まあね・・・タワシは学生時代、クラシック音楽研究会(通称クラ研)という音楽鑑賞専門のサークルにいたんですが、そのときから小品ばっかり好んで聴いていましたし、自分で演奏する曲も皆さんご存知のようにとても短い曲が多いですよね(.譜めくりの必要さえないようなばっかり・・・)
これじゃ大曲とかとりわけ展開部に苦手意識があるのも無理ないのかな・・・

あ、でも、ソナタ形式という形式は、いわば「伝統的なクラシック」を象徴するようなもので、先人たちが築いた、とても立派な財産だと言うことは、タワシだって理解しておりますよ。特に第2主題には個人的に萌えることが多いですがこれもソナタ形式という型の中にあっていっそうその魅力が際立っているんですよね、
あとは・・・もっと展開部の楽しさに目覚められたらいいのですけどね。
Comment

どもです!!!
新年のご挨拶をしても良いものかどうか、迷っておりましたが、遅ればせながら新年明けましてお目でとう御座います!!!
私もソナタは大好きです!!!
本年もどうぞ宜しくお願い致します!!!

実は似たようなことを感じていたことがありました。
最近そう思わなくなった理由は……、特にきっかけがあった訳でもないのでわかりません。
ただ、以前よりは提示部とか展開部とかいう区分にこだわりすぎないようになった気はします。たとえばシューマンの幻想曲の第1楽章とか、どこからが展開部だとか意識しながら聴く人は余りいないでしょうし、他の曲もそれに近い感覚になったというか。そのこととは関係ある気がします。

私もソナタやってますが、なんというか、場面が変わるように変化するのも楽しくてそれぞれの部分を楽しんでいますよ~。
もっと違いを出したいところですがまだうまくいかないですけどね。
今のモツソナはほんと、どの部分も面白いんですよ。
もっと上手に弾けるようになりたいです~。

タワシさんのベトソナ、楽しみにしてるのでそうおっしゃらずに展開部も是非弾いて下さいね~。

あけましておめでとうございます!!

ベトベン先生のソナタ かっこよかったです~♪
ヴィルムさんの曲も優しいい感じで素敵でした(☆▽☆)

長い曲って・・・たしかに飽きますよねぇ(~▽~;)
展開部があってこそ!なんでしょうけど
私は集中力を保てるのが3分程度なので
もっと修行?しないと ですねぇ(>▽<)

ソナタの続き
楽しみに待ってますねぇ(^▽^)

タワシさん、遅ればせながら、去年もお世話になりました!
今年もよろしくお願いします^^
タワシさんのベトソナ、新鮮ですね~!
展開部、そんなことおっしゃらずに、弾いてくださいね♪
お聴きできるのを楽しみにしてます^^

タワシさん、こんにちは。

そっかぁ、私の率直な感想は「タワシさんでも苦手とかあるのか」って感じですかね。あのベトソナ、本当によかったですよ。あんな素敵に「チラ見せ」だものw 私を含むみなさんが、続きを懇願しちゃうのも無理ないですw

お忙しいでしょうけれど…気長に待ち続けますっ

@我楽多さん>

もう年が明けて1週間たちましたね~ 早い早い早すぎる~
今年もよろしくお願いします。

@我楽多さんソナタ大好きなんですか?
誰の、どのソナタがお好きなのでしょうか?
私は「小品党」なのでソナタはたまにしか聴かないです。
自分で弾くのだったら古典派の易しめのものくらいしか弾けません・・・ロマン派の本格的なソナタはどれも難しいので・・・

影法師さん>

おお!影法師さんではないですか!こちらにコメントくださるのは珍しいですね。もしかして初コメントでしょうか?でも嬉しいです。また時々のぞきに来てくださいね~

やはり同じような感覚を抱いたことがあるんですね。
そう思わなくなった具体的なきっかけはないのですか。
苦手意識克服のきっかけがあったら参考にしたいと思いましたが、個人の感覚の問題でもあり、人の体験を真似てどうこうできるようなものではないかもしれませんねえ。

おっしゃるようにソナタ形式でかかれてはいてもどこが提示部でどこが展開部で・・・ということをあまり意識させない曲もあると思います。そういう曲を弾くとたしかに感覚変わるかもしれないですね。もっとも、自分の能力を考えたら今後も古典派らしい単純明快なソナタ(それも易しいものしか弾けないような気はしてますが。

まんまるさん>

モツソナがんばってますね♪
>今のモツソナはほんと、どの部分も面白いんですよ。
それはとってもすばらしいことです。そう思えれば、きっとものすご~く伸びると思いますよ。
>場面が変わるように変化するのも楽しくてそれぞれの部分を楽しんでいますよ~。
そうそう。その変化が醍醐味なのですよね。
まんまるさん自分の演奏が能面演奏みたいだって言ったことがあったけど、その場面の変化を楽しめているのなら、もうすっかり克服できたのではないでしょうか?
ああ~ばんちゃん会2でまんまるさんのモツソナを生で聴けるのが待ち遠し過ぎます!!

私のベトソナは・・・さあどうなるんでしょうか。でもこれだけ理由を説明してもまだ、あきらめずに待ってくれる人がいるなんて驚きだし、ありがたいです。

迫力あります!

こんにちは!!
っていうか、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

私も私も、この曲本気だして是非ぜひ弾いていただけるのを楽しみにしております。
タワシさんの音源。確かに私が聴いた中では小品が今のところ多い気がしますが、
このベートーベンも一部?だけだとは思うのですが、すごく迫力ありますねぇ~♡

いつもの小品演奏の素敵さとはまた一味違ったタワシさんのお姿を拝見した気がしました♬
弾いていらっしゃる姿が、頭の中で想像できて楽しくなりました♬

何はともあれ、今年も宜しくです~~(^^♪

はい、おっしゃる通り前回のが初コメントでした。

私の場合、弾いててどうというより、聴いたときの感覚の変化なんですよねえ。もっとも、弾くことは聴くことでもあるわけですから、聴き方が変われば弾き方も当然変わるわけですが。

何がきっかけだったかはわかりませんが、ソナタ形式の楽曲の良い演奏を聴いたり、あるいはそれを反芻することによって曲の構造を色々考えてみたりして、でしょうか。遠因としては和声学をかじってみたこともあるかもしれません。

ちなみに、ここでいう「曲の構造を考える」というのは、「これが第 1 主題で、ここまでが展開部で」といった図式的な言葉に曲の部分を当てはめるような話ではなく、「どうしてこの音のあとにこの音が続くのか」「どうしてこの曲が統一感のある曲として成り立っていて、そして最後まで聴くことで感動が得られるのか」といったようなことを理詰めで考えてみることですね。そしてその結果がソナタ形式なり三部形式なりと呼ばれる外観を取っているのだと気付くと、提示部とか展開部という言葉は所与のものではなく単なる便宜上のものでしかない、と思うようになりました。

実際、ソナタ形式の楽曲だけが論理的だとか必然的に構成されている訳ではなく、名曲と呼ばれる楽曲には必ずそれに内在する精緻な構造があり、そのことによって聴き手の心の動きが喚起されているわけで、ソナタ形式が特別であるわけではないです。

また、ソナタ形式の楽曲にしても、たとえば「運命」の第 1 楽章の第 2 主題は今まで固執されていたリズムがいきなり消えてなくなったところに現れる訳で一見突飛に見えますが、ではここに現れるのが「第 1 主題」と対立する性格のものであれば何でもいいか、というと決してそんなことはないわけで、例えばここに「エロイカ」の終楽章の主題を当てはめれば単なるツギハギでしかないことは明らかです。つまり、「ソナタ形式は対立する 2 つの素材を展開部を経て止揚させる」なんて常套句は、間違いではないにしても余り深く本質に触れてはいない、といえます。

こういったことを考える中で「ソナタ形式」という枠組みを特別視しなくなった、とはいえるかもしれません。

いもコンさん>

ご挨拶がおくれてすみません。
去年は念願かなってリアルいもコンさんにお会いでき、幸せでした♪想像通り明るくかわいくて想像通りピアノが上手くて・・・うらやましい限りです。
今年もマズはばんちゃん会でお会いできますね。
リアルでもネットでもお付き合いよろしくお願いします。

録音も聴いてくださってありがとう~
ベトベン先生は、やっぱり私にとっては「ガラにもない」って感じで、ひたすら恥ずかしいです。
続きをアップする日は来るのでしょうか~
ヴィルムさんは数曲しか知りませんが、知っている曲はどれも私好みの素敵な小品です。
このひとの曲は近々また何か弾こうと思います。(たぶんシューイチで)

ふくうめさん>

ふくうめさんともまだご挨拶していませんでしたね。
遅ればせながら・・・あけましておめでとうございます。
今年はいよいよ泥ビリにもデビューしますので、ふくうめさんとご一緒できる機会が増えるかな~ ことしもCDクオリティの、素敵な演奏たくさん聴かせてくださいませ(プレッシャーかな~笑)

私のベトソナは、日ごろこういう曲をあまり弾かない人間が弾くというものめずらしさだけで、話題になっている(?)ようです。ふくうめさんのような上手な人の前ではとても恥ずかしくって弾けないです・・・(汗)でも、今後も修行のために一人でこっそり練習してたりして~まかり間違ってそのうち1楽章全部弾いたりすることが、ないともいえません。ま、あんまり期待しないでくださいね。

ゆにくあさん>

ゆにくあさんこんばんは!(そちらでは「こんにちは」かな?)
率直な感想ありがとうございます。
でもなんだかと~っても過大評価されているような気がします。
>「タワシさんでも苦手とかあるのか」
って、どーゆー意味ですか!?しょっちゅう自己嫌悪に陥るくらい苦手なことがたくさんあります。
もちろん具体的なテクニックもそうですが、曲のタイプでも結構苦手なのがありますよ。「聴く分にはいいけど弾くのはちょっとね~」というのもあります。

ベートーベン愛も正直言って決して深いほうではないと思います。
でもあんな遊び弾きなのに、高く評価してくださってありがとう。やっぱり嬉しいです。
性格的にもなかなか1曲をじっくり腰をすえて練習するということが出来ない私ですが、何かひとつ二つは古典派のソナタを仕上げてみたいとも思ってます。

ちこpiaさん>

新年のご挨拶がまだでしたね。
遅ればせながら・・・
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

遊び弾きのつもりで1ページだけ弾いた(とはいえずぼらな私にしては結構練習しましたよ!)ベトソナに、予想以上に大きな反響があって、自分でもびっくりしています。
まあ、この、大(?)反響の一番の原因は、演奏時間1,2分というかわいらしい小品ばっかり弾いているいつもの私とのギャップが大きかったということでしょう。要するに、ものめずらしさという・・・
演奏している姿?う~んどうでしょう、動画を録っていないので分かりませんが かなりオーバーアクションだと思います。決してかっこつけてるわけではなく、クセです、クセ。カラダの無駄な動きのせいでミスタッチがいっそう多くなったりしているような気がしますが、なかなか改められません。
ベトソナのことに話が戻りますが、たくさんの方から続きを弾いてほしいという要望があったので、前向きに考えてみようとは思います。気長~に待ってくださると嬉しいです。

影法師さん>

影法師さんこんにちは、SNSのほうではすっかりおなじみですがやはりこちらのブログでは初コメントでしたか。そして2度目の詳細なコメントも頂きましてありがとうございます。

いろいろと深い考察をしながら音楽を聴いてらっしゃるのですね。
私も昔昔サークルでアナリーゼのやり方の基本は勉強したのですが、典型的文系アタマのせいもあって(?)理詰めの分析作業は得意ではなく、音楽を聴くにしても弾くにしても深いことはめったに考えず、ざっくりと感覚でいくタイプなんです。

でもおっしゃることよく分かりますよ。
「ソナタ形式」という枠組みに必要以上にこだわらないほうがいいのかもしれませんね。
そうそう、
>弾くことは聴くことでもあるわけですから、聴き方が変われば弾き方も当然変わる
これはなかなかの名言だと思いました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © ようこそ!タワシワールドへ♪ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ