タワシ、初ラヴェル!?~「ボロディン風に」 

月末のばんちゃん会に向け「アンダルーサ」の練習に励んでいる今日この頃のタワシ・・・のはずだったのですが、
ここ数日アンダルーサはサボっております・・・(汗)
シューイチにアップしたらなんだかそれで終わったような気がしちゃって・・・いけませんね~
たぶん本番1週間前になったらまたエンジンかけなおします(をゐ)

相変わらず浮気しまくっているんですが、最近弾いている曲のひとつにラヴェルの「ボロディン風に」という小品があります。
タワシがフランスものを弾くのってかなり珍しいことです。なかでもラヴェルはこれまでほとんどまともに弾いた経験がありません。
超有名曲の「亡き王女のためのパヴァーヌ」は最初の1ページくらい音出してみたことはあったような気がしますが。

「ボロディン風に」はあるサイトにラヴェルのピアノ曲の中で一番易しい曲として挙げられていたのを以前読んだ記憶があります。
「シャブリエ風に」とセットになっていますが、シャブリエ風のほうはもうちょっと凝っていて演奏も難しそうでした。
何曲かボロディンのピアノ曲弾いたことがありますが、本当によく彼の特徴を捉えていますね。
もっともボロディンは手癖のようなもの(ボロディンぶし!)が非常にはっきりしている作曲家なので、パロディを書きやすい作曲家だと思います。

が、ごめんなさい、タワシ演奏の録音はありません。まだ当分、人前にさらせる状態にはならないと思います。そのうちダストボックスにでも投入できればいいんですが。
テンポもゆっくりしか弾けなくてまったくワルツに聞こえないし、つっかえたり弾きなおしたりが多すぎてお話になりません。
上手に弾けるとヘミオラが心地よいんでしょうけど、今はめっちゃリズム感の悪さが際立っています。涙
やっぱりフランスもの難しいよお~

こういう曲です~♪
(セットになっている「シャブリエ風に」と2曲続けて演奏されています)

Ravel: À la manière de... Borodine/Chabrier (1912-13)

この曲、大好きです!!娘が以前発表会で弾きました!!!もちろん私がこれどう?と聞かせたら案の定ころっと・・・・のパターンです・笑
ものすごい跳躍のところがありますよね?あそこが博打過ぎて本番も見ているのが怖かった記憶があります・汗
ヘミオラがよくできてますよね~。
めっちゃボロディンくさいし・・・笑
でも、やっぱり透明感があり、高音の硬質感もあり、ヴェルのセンスって本当にすばらしいv-352
シャブリエよりも、ボロディンのほうが好みです・笑
あと、ハイドンの名によるメヌエットも超超超名曲なのでタワシさんにぜひ弾いてほしいです!!!!
すみません、暑苦しくて・・・爆
[2016/02/12 16:49] ina-kibi [ 編集 ]

いつもありがとうございます~。
最近コメントできなくてスミマセン(汗)

ボロディンもラヴェルも、とても好きです!
この曲も2人の特徴が絶妙なんですよね~。

弾かれるのならぜひとも聴いてみたいです(*゚▿゚*)
[2016/02/12 22:00] 空苑 [ 編集 ]

ina-kibiさん>

コメントありがとうございます。
娘さんが発表会で演奏された曲だったのですね!親子でピアノがお上手でうらやましいです。
プロフィールにも書いてますが私の苦手なテクニックの筆頭が「跳躍」なんです。だから跳躍のある曲は絶対に人前では弾けません(涙)
娘さんの発表会を見ていてはらはらした気持ちわかりますが、無事着地できたようですね。偉いなあ~。でも私だってよほど運がよければ弾けます!(爆)

ボロディンは、本文にも書いたように作風を真似しやすい作曲家だと思います。でも完璧に特徴を捉えた上でさらに自分(ラヴェル)の刻印をちゃんと残しているところがさすがで、心憎いですよね~
シャブリエ風は私は、元ネタをあまり詳しく知らないのでボロディン風ほどインパクトを感じなかったのですが、ボロディン風よりだいぶ難しそうなのはたしかです。。。
[2016/02/15 07:54] 私はタワシ [ 編集 ]

空苑さん>

いつも記事を読んでくださり録音を聴いてくださって感謝してます。コメントはできるときだけしてくだされば十分ですよ。(もちろんコメントいただくとさらに喜びますがv-290

この曲ホントによくできてますよね。小品ながらラヴェルならではの職人芸って感じがします。ただ私にとってはina-kibiさんへのコメントレスにも書いたように、跳躍がネックなので、人前で弾いたり録音をアップしたりするところまではいけないかも・・・
[2016/02/15 08:04] 私はタワシ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1232-e1089856