鋭意れんしう中!スラヴ舞曲第4番 

職場の人員配置の関係で土曜日はなかなか年休が取れないタワシですが、4月には久々にオショーズとの「れんしうかい」に参加するため、お休みをもらいました。
れんしうかいではモツソナ(K570の1楽章)を見てもらう(=ミニレッスンをつけていただく)予定です。
さらにせっかくのチャンスなので連弾のお相手をお願いしてみました。
ドヴォルザークのスラヴ舞曲第4番です。

スラヴ舞曲で一番有名なのは、哀愁漂う第10番(第2集第2曲)だと思います。もちろん第10番も大好きなのですが、またの機会にということで今回は第4番に・・・。
Sousedska(ソウセツカー)という舞曲だそうですが、舞曲好きのタワシでも耳慣れない名前ですね。
Tempo di menuetto という指示があるので、メヌエットに近い性格なのかなと思いましたが、リズムは2拍目にアクセントを多用するなど個性的ですね。
盛り上がる箇所もありますが全体的に穏やかで平和で、ボヘミアのの田園地帯のひなびた雰囲気がよく出ていると思います。

タワシがプリモということでお願いしてありますが、セコンドも時々弾いてみています。
ピアノ版ではデュオ・クロムランクの演奏を 繰り返し聴いてますが、イメージ作りにはドヴォルザーク自身がオーケストレーションした管弦楽版も欠かせません。
脳内イメージはバッチリのつもりなんですけど、それをタワシのぶきっちょなお指ちゃんが思うように再現できなくて、とほほです。もうちょっと粘ってみます。


Antal Dorati "Slavonic Dance op 46 No 4" Dvorak

Comments

気持ちい風を感じる曲ですねぇ♪

ゆったりと 広々した空間に
心地よい風が吹いているような気分になりました(^^)
れんしうかい 楽しみにしてます♪

シューイチ 素敵な演奏でした(>▽<)
小さな曲でもグリーグっぽさが出ていていいですねぇ♪
リズム音痴な私には譜読みが大変そうです(+▽+)

いもコンさん>

コメントありがとうございます。
オショーズコミュのれんしうかい、いもコンさんは次回がデビューになるんですね。とても楽しみです。

>ゆったりと 広々した空間に
心地よい風が吹いているような気分になりました(^^)
→分かります!都会の人ごみに疲れたときは、こんな音楽に包まれたいですよね。

シューイチも聴いてくださってありがとうデス、
>リズム音痴な私には譜読みが大変そうです(+▽+)
なにをおっしゃるのだめちゃん。いもコンさんがいつも弾いている真っ黒な楽譜に比べたらものすごく音が少なくてすっきりして「白々とした」(笑)楽譜ですよ。いもコンさんなら、初見で楽勝じゃないでしょうか。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1250-18c7201d