<今週の録音>小さなタランテラ Op46-7(ヘラー) 

時間はたっぷりあったのですが そのせいかかえってシューイチのことをすっかり忘れておりまして、気がつけばもう土曜日でした。アブナイアブナイ。
そんなわけで練習時間がほとんど取れなかったので、今回のシューイチは、[バイエル併用ピアノ小曲集(3)]という本の中から選曲しました。
この曲集では「かわいいタランテラ(ヘラー)]とだけ記されていて作品番号などわかりませんので、調べた結果、
ハンガリー生まれのロマン派の作曲家・シュテファン・ヘラーの、「30の段階的な練習曲」
(Heller, Stephen : 30 études progressives Op.46) 」
の第7曲 Vivace (Little Tarantelle)だということが判明。
YOUTUBEにはピアノを始めてまだ日が浅そうなお子様たちの演奏を中心に、かなりの数の動画がアップされてました。結構有名な曲なんですね~

今回のシューイチのように練習曲や小品集に収められた「小さな」タランテラは抜きにして、ヘラーには7曲の(「大きな」)タランテラがあり、特に作品85の2の変イ長調の曲は人気のあるピアノレパートリーのひとつです。

しかしこの小タランテラ、これでバイエルレベルですか・・・?
インテンポでよどみなく、タランテラという舞曲の特徴をしっかり表現するのはそんなに易しくない気もしますけど。
タワシ自身ができていませんからね~(苦笑)

それではどうぞ~♪






小さなタランテラ Op46-7(ヘラー)

Comments

最後のほう、私が前弾いたことのあるギロックの「タランテラ」という曲に似てますね^^
さすがタワシさん、しっかり表現されてると思いますよ~。

難しそうな曲ですね。バイエルレベルとかってバカに出来ませんよね。
どんな曲でもその曲らしく演奏するのって難しいですね。
1日でアップできちゃうタワシさんはすごいです。

この舞曲もいいですね~(*^_^*)
本当にバイエルレベルですか?難しそうです。
タワシさんの舞曲好きなのでまた聴かせて下さいね!

タワシさん、ブログではご無沙汰でした!

ヘラーは、25の旋律的練習曲から数曲レッスンで弾いたことがあるくらいの知識ですので、今回の曲はじめて聴きましたけど、これでバイエルレベルですか~?笑
明るくてダンサブルな仕上り、さすがの安定感ですねっ☆

タワシさんこんにちは。

タランテラってどういう意味だろうといつも
思ってましたが、舞曲の一つなんですね。
タワシさんの演奏はとても躍動感あって、勇ましい感じが
しました。 ブラボーです!
でもこれがバイエル程度?
タワシさんの手にかかると、バイエル程度の曲でも
一級品になりますね〜

躍動感

タワシさん、こんにちは!!

タランテラ。聞かせていただきました!

なるほど。。。。
この曲がバイエルレベルとは思いませんが、リズム感良く躍動感を出して、
ダンッ!ダンッ!ダンッ!ダンッ!と、右手と左手をピシッと合わせて弾くって、
ピアノの基本中の基本?のような気がしますし、簡単なように見えて実はそれを通して継続するってとても難しいような気がしました。

それが、タワシさんの演奏ではしっかり感じられたので、さすがだな♬♬とあらためて思った次第です♬♬
またひとつ、ピアノ演奏の基礎を確認させていただきました(^^♪ありがとうございます。

まんまるさん>

コメントのお返事遅くなってごめんなさい!
まんまるさんはギロックのタランテラ弾いたことがあるんですか。
私はギロックはやったことがないんでわからないですけど 初級者用のタランテラといえばブルグミュラー25番にもありましたよね。

この楽譜(本)自体は前から持っていたもので、このタランテラも実は以前にちょこっと弾いてみたことはあったんですよ。だから「1日でアップした」といえば事実と違うことになっちゃいます。
曲を決めたのは確かに土曜日になってからでしたけどね。ホントハもうちょっと練習してから録音したいと思っているんですけど、いつも思いっきりぎりぎりになってます~

amyさん>

お返事遅くなりました!ごめんなさい~
>タワシさんの舞曲好きなのでまた聴かせて下さいね!
→舞曲ほんとに好きなんで(しかも最近舞曲愛がいちだんと加速してるような・・・)そうい言ってもらえるととても嬉しいです。今後もシューイチを中心にいろんな舞曲を紹介していけたらと思ってますので聴いてやってくださいね。

○○レベルってよく書いてありますが、すごく幅がありますよね!なので私はあまり信頼してはいません。全音ピースのAとかBとかもそうですが、難易度って実際に自分で音だししてみないとわからないですね。

ゆにくあさん>

こちらこそしばらくご無沙汰してしまいすみません。
日本ではほんとに忙しくも充実した日だったようですね
今はアメリカのいつもの生活に戻っておちついたでしょうか?

ゆにくあさんは「25の旋律的練習曲」数曲とはいえレッスンを受けたことがあったのですね。
タイトルからして、ツェルニーよりはブルグミュラーのようなタイプの練習曲集なのかな?

このタランテラですが本当にバイエルレベルかどうかは「?」ですが、小さい子ともにも分かりやすい曲想ではありますね。YOUTUBEにもお子ちゃまの発表会の動画がいくつもありましたよ~

ここまふぃんさん>

私のつたない演奏にあたたかいコメントありがとうございます。絶対ほめすぎだと思いますが、舞曲で躍動感を感じてもらえるのはとても嬉しいことです。

タランテラは8分の6拍子の急速な舞曲です。タランチュラという毒グモに噛まれた際に、激しい踊りを踊って毒を体外に出したという俗説があります。ただし実際にはこの蜘蛛に噛まれて死んだ人はいないらしいですが。{タランテラの語源については土地(タラント地方)の名前からそう呼ばれるようになったという説もあるようです}

ちこpiaさん>

演奏聴いてくださってありがとうございます。
自分としてはいろいろ気になるところはあるんですがとりあえずタランテラ舞曲らしい雰囲気は出せたかなあということでUPしました。
「躍動感が感じられる」というコメントが多いのは「舞曲スキー」として嬉しいですね♪

ただし私は、音楽の基礎は残念ながらほとんどできてません(涙)
なにを隠そう、スケール(音階)でさえ今だにまともに弾けません!ハノン、チェルニーをかたくなに拒み続けてきているからしょうがないですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1255-d9a0b839