ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

2WAYで弾く「イタリア歌曲集」

  1. 2016.
  2. 04.
  3. 27
  4. (Wed)
  5. 10:23
声楽をやった経験はまったくないのですが、なぜか声楽学習者の定番といわれる[イタリア歌曲集(中声用)]という楽譜がウチにあります。
たぶんネットオークションで古い楽譜をまとめて買ったことが何度かあったので、その中に入っていたものと思われます。
せっかくある楽譜をぜんぜん使わないのも勿体ないので、有名どころを何曲か弾いてみました。(別の楽譜に入っていたりして過去に弾いたことのあるものも含む)

タワシはポピュラーピアノを習っていたとき、同じ曲をピアノソロ用と、弾き語り(または伴奏)用の2つのバージョンで練習するのが普通でした。
ピアノソロ用はメロディも自分で弾くのですが弾き語り用はメロディは弾かず伴奏に徹する、というところが違います。
(タワシは現在、、教会で、伴奏者の後継者を養成すべく、若い子を指導中なのですが、その時も同じ曲をソロ用、伴奏用どちらでも弾けるように教えてます)
それで、昨日も両方のバージョンで弾いてみていました。
ピアノソロ・バージョンは伴奏と同時にメロディを弾かなくてはならないので、たいていの場合は伴奏の音をいくらか犠牲にすることになります。また伴奏の音域をいじることもよくあります。それでもできるだけオリジナルの伴奏を生かす方法を考えています。
本当は楽譜に起こせばいいのでしょうけど面倒くさいので,三段譜(歌+伴奏)を見ながら適当に弾きます。
ただ、歌と伴奏の絡み具合により、適当に弾きやすい曲、弾きにくい曲、どうやっても無理な曲があります。(上級者さんなら何とかできるのでしょうが)
もちろん伴奏パート自体が難しくて、伴奏に専念しても演奏困難な曲も結構あります。(これもひとえにタワシの実力不足のせいですが)

そんな感じできのう弾いた曲たちは
ヘンデル「私を泣かせてください」
スカルラッティ「すみれ」
マルティーニ「愛の喜びは」
ペルゴレージ「もしあなたがわたしを愛してくれて」
ストラデッラ「教会のアリア」
他にもあったかな?もれているかもしれませんがだいたいこんな感じです。

ピアノの王道からは外れてるかもしれませんが 「歌モノ」はフレーズ感を身につけるのにはなかなかよいです。これからも時々弾いていきたいと思ってます。

COMMENT

タワシさん 後進の指導もしてらっしゃるのですね。。。
ピアノを、ただ音を楽譜どおりに強弱をつけて弾くのでは感動も何もないけど
歌うように弾ければ本当に気持ちが届きますよね。
3段譜を ソロ用と弾き語り用にアレンジして弾くなんて
私にはできない領域なので ただ ただ感心してしまいます。
弾き語りをいつもしていれば 自然に ピアノで歌うような弾き方が身につくような気もするのでやってみたいです。
フレーズ感を身につける というのは演奏には大事なことですよね。
そういう勉強をされたから、タワシさんの演奏は耳に心地良いのですね♪

ゆめゆりさん>

>タワシさん 後進の指導もしてらっしゃるのですね。。。
ああこれはですね~
ピアノを教えているというのではなくて、あくまでも教会の伴奏者として必要なことを伝えているだけなんで・・・
実は教えている相手のほうが私より格段にピアノ自体は上手いんですよ。
中学のときからショパンのエチュードを発表会で弾いたりする子です!

3段譜をひとりで弾くのは慣れないとむずかしいかもしれませんが、弾き語りだったら楽譜どおりに弾けばいいので、音符の少なくてテンポのゆっくりな、そして耳なじみのある曲あたりから、はじめてみられたらどうでしょう。
わたしも弾き語りは本当に下手で(声が出ない~)一人でこっそり練習してるのみですけど、それでもフレーズ感を身につけるのには確実に効果があると思います。

「ピアノで自由に歌える」って究極の目標ですよね、わたしもその目標に向かって日々がんばってるつもりです!

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a