<今週の録音>神の恵み(Shin Sang-Woo)

今週も、ちょっと早めのシューイチをアップです。
シューイチではこれまで何度も讃美歌、聖歌を取り上げさせていただきました。
シューイチでこれまで弾いてきたのは、ほとんどトラディショナル(伝統的)な聖歌・讃美歌で、(タワシが多かれ少なかれ手を加えているにしても)クラシックスタイルの2段譜で書かれています。
今回は、ここでは初めて、プレイズソングまたはワーシップソングなどと呼ばれる、ポピュラースタイルの讃美歌を弾かせていただきます。「プレイズ」「ワーシップ」はともに、神様を賛美する、礼拝するという意味の単語です。
ポピュラースタイルですから、楽譜はいわゆるCメロ譜、つまりメロディーとコードのみが書かれた一段譜です。
クラシック一筋の人には驚かれることもありますが、ポピュラーの素養のある人なら、Cメロ譜は手軽に、また自由に弾けて楽チンなのではないでしょうか。
タワシも正直なところ、Cメロ譜のほうがずっと弾きやすいです。やっぱりポピュラー畑の人間なのか・・・?

前置きが長くなってしまいました。
曲は「神の恵み하나님의 은혜 」という、韓国生まれのプレイズソングです。
タワシの通っている教会でも、礼拝前の「準備賛美」としてときどき歌われています。

今回、参考までに楽譜を(Cメロ譜なのでわずか1ページ!)貼り付けてみました。こんな楽譜を見ながら弾いてます。
楽譜はF Major(ヘ長調)ですが普通の日本人の声域には高すぎるため D Major(ニ長調)に移調しました。
が、考えてみたら弾き語りとかするわけでなくピアノソロなのでFのままでもよかったのですよね。ま、いいや。


コードは、タワシの趣味で多少変更しているところがありますのでご了承ください。
ミスタッチはじめお聞き苦しいところが多々ありますがお許し下さいね~

それでは どうぞ♪






神の恵み(Shin Sang-Woo)

テーマ : 聖歌・讃美歌
ジャンル : 音楽

*コメント

タワシさんこんにちわ。

とっても美しい曲ですね。
楽譜は メロディーだけってことは
伴奏はタワシさんがつけられたの?
すごいな〜〜〜〜
楽しく聴かせていただきました。

美しい曲、演奏もとても素敵です♪
ポピュラースタイルの讃美歌なんですね。
普段耳にする讃美歌とはやはり趣が違いますね。

あぁ~韓国ドラマのテーマソングみたい。
教会で歌われる曲という感じがしなかったので、新鮮でした。

相変わらずお得意ですよね、アレンジ。

確かに
この楽譜のまま歌ったら高くてキェーって声になっちゃうかもですね(+▽+;)

同じメロディーでも移調したほうが優しく聴こえることってあると思うんですが
タワシさんのアレンジの素晴らしさもプラスされて
とっても楽譜からの印象よりも
ずーっとずーっと温かくて優しい気持ちになりました!

ハングルの意味はちょこっとしかわかりませんが
歌詞の響きもきれいですね♪
素敵な曲をありがとうございます!!

韓国ドラマで流れてる曲みたいで、素敵です~♪
覚えやすいフレーズですね。

この楽譜のみでオリジナル伴奏とは・・・
タワシさま、天才です!

ども。いつも綺麗な演奏に癒されてます。

確かに、何か歌詞がある感じのメロディですね。
移調とか、凄いですね( ;´Д`)
憧れます。

コード譜を初めて見た時は、合理的だなぁ、と思って結構驚きました。

タワシさんへ 

メロデー&コードの楽譜だけで、伴奏を付けて演奏されたタワシさん~~凄い。 
この技をお持ちのタワシさんの奥深い技量に感服しました。 
私には神業としか思えません。 

どんな勉強されたのかな? コードの組み合わせ?
私には?????? 不思議が頭の中を回っています。 
(シンミより) 

ここまふぃんさん>
こんにちは~ 聴いてくださってありがとうございます
美しい曲ですよね。歌詞もいいんです。

イントロはYOUTUBEで見つけた音源を耳コピさせてもらいました。
ポピュラーピアノというのは、こういうふうにコード譜を見ながら自分で自由にアレンジする、そういうものなんです。
ちょっとコードを勉強してあとは実践練習を重ねれば誰でもできるようになりますよ♪
もちろんここまふぃんさんもね♡
機会があればぜひコードびきのアレンジもやってみてくださいね!

amyさん>
温かいコメント、感謝です♥
曲も気に入っていただけたようで嬉しいです(*^^*)

やはり伝統的な讃美歌と比べると随分雰囲気は違いますよね。
それぞれよさがあるので どちらがいいとか好きとか一概には言えないですが、私にとっては、弾きやすいのはやっぱりクラシックスタイルの楽譜寄りは、こういうCメロ譜なんです。。。

歌謡曲っぽい曲ですね^^
とてもきれいな曲~。

コード見て+耳コピで曲の雰囲気に合った伴奏が入れられるなんてタワシさんってすごい!私には絶対無理。
ポピュラー弾くと言ってもきちんとした楽譜がないと弾けない私はポピュラー弾けますなんて言えないですよね。

金魚さん>
>韓国ドラマのテーマソングみたい。
言われてみればそうですね~!
現代の讃美歌には こういう路線のものも、結構多いんですよ。
讃美歌も多様化していて ロック調のがあったりラップで讃美したり、というところもあります。直立不動で伝統的な讃美歌や聖歌のみをオルガン(またはピアノ)伴奏で歌う、保守的な教会もたくさんありますが。

>相変わらずお得意ですよね、アレンジ。
お褒めいただきき恐縮です。
まだまだ修業が必要なので、
アレンジの本格的な勉強もしたいなあと思いつつなかなか時間が取れなくて~
身体が二つ欲しいです!

いもコンさん>
>この楽譜のまま歌ったら高くてキェーって声になっちゃうかもですね(+▽+;)
キェーって声って・・・(笑)ブルース・リーを連想しちゃったじゃない!

冗談はさておき、移調すると雰囲気変わりますよね。
>楽譜からの印象よりも
ずーっとずーっと温かくて優しい気持ちになりました!
あら、楽譜の印象は違ってましたか?
でも、演奏気に入っていただけてよかったです。


ハングルの意味はちょこっとしかわかりませんが
歌詞の響きもきれいですね♪
ハングル勉強したことあるんですか!素晴らしい!
日本語の歌詞もあったと思うのであとでお知らせします

コメント、失礼します(・∀・)

演奏聞かせて頂きましたが素晴らしいですね!
私もCメロ譜での演奏多少やってますが、こんな高度な事にはなりません(・∀・;)

まだ伴奏パターンが2,3程しかないので、たわしさんみたいに自在にアレンジ出来るようになりたいです!

このアレンジも賛美歌っぽさを残したまま綺麗なアレンジになってて、こういうアレンジが出来ればピアノ楽しそうだなーと思います
ポピュラー曲を演奏されてる方はあんまり多くは無いので、これからも演奏聞いて参考にしたいです

私もクラシックにポピュラーに、色々楽しんで行こうと思っているので、よろしくお願いします(・∀・)

★あ~や★さん>
やはり韓国っぽさを感じましたか?
たしかにそうかも・・・
そんなに韓国ドラマ観ないのですけど(あ、でもチャングムやトンイのような歴史モノは結構好きですが)、昔一大ブームになった「冬ソナ」の音楽はさすがによく覚えてるので納得です(笑)

楽譜を重視するクラシック畑の人には、私のようなポピュラー畑の人間は、コード譜で弾くということだけで特別な才能が有るように思われたりしますが、少し勉強すれば誰でもマスターできるものです。教会の青年たちもみんなコードで弾けますよ。

わ~~すごーーい~~
こんな譜面からこんなになっちゃうんですか??
改めてタワシ力のすごさを目の当たりにしました。
タワシカ、じゃないですよ?タワシリョクです。念のため・・・。
タワシ族とか、タワシビームとか、これからも色々な言葉が産まれそうですね~

モル作さん>
どもです~
いつもシューイチを聴いてくださってありがとうです♪
拙い演奏ですけど、モル作さんの心にちょっとでも癒やしと安らぎを与えられたのなら嬉しいです!

移調は、教会の伴奏者してると結構な確率で要求されるんですよ。(前に行っていた教会ではしょっちゅうでした)
たいていは「高音が出なくて歌えない」という理由から・・・
といっても12の調全部で移調できる必要はありません。私もたいていは、シャープ、フラットが比較的少なくて弾きやすいキーの中で移調してます。

コード譜・・・確かに合理的にできてますね。
楽譜のページ数がクラシックの楽譜より大幅に少なくてすむというのも私にとってはありがたいです。
なにせ譜めくりが大の苦手ですので(爆)

シンミさん>
過分にほめていただき恐縮です・・・
>この技をお持ちのタワシさんの奥深い技量に感服しました。 
私には神業としか思えません。 
完全に、買いかぶっておられますよ~汗
コードは今は学校の音楽の教科書にも載ってます。
勉強してその仕組みがわかるようになれば、そしてあと実践を積んでいけば、誰でもコードで伴奏できるようになりますよV

>どんな勉強されたのかな? コードの組み合わせ?
いろいろ本も出てますし(楽器店、楽譜店で相談すればおすすめの本を教えてくれると思います)今はネットでもそういうサイトが幾つもあります。
ちょっとのぞいてみられてはいかがですか?

まんまるお月さん>

いかにもポピュラーっぽい、いまふうの讃美歌ですが、流れが自然で、とても美しい曲ですよね。気に入っていただけて嬉しいです♡

ミミコピはかなりいいかげんだし、コードのアレンジもあれこれ頭のなかで考えたりはせず、指が勝手に動くのに任せてたりします。ひとことで言うと「適当」ってこと。
バンドの一員として弾くときなど、他の楽器と合わせるときは、(勝手にコード変えちゃったりすると不協和音になっちゃうので)もっと忠実に楽譜に書いてコード通りに弾きますけどね。

まんまるさんのポピュラーは、クラシックスタイルのキチンと書かれた楽譜を見て弾いてますけど、それはそれでいいんですよ。これまで弾いていたポピュラー曲、津軽海峡を筆頭に、どれもみんな素敵な演奏でした♪自信持ってね~
私自身はキチンと楽譜に書かれたポピュラーを弾くのってかなり苦手です・・・

ぴこさん>

ようこそいらっしゃいませ~
こちらでは初コメントですね。嬉しいです!

Cメロ譜演奏のお仲間に、今回のシューイチを聴いていただけて感謝です♪
演奏を、過分にお褒めいただき、恐縮です~
でも、私もまだまだアレンジ修行中の身ですよ。
とにかく自分の中の引き出しを増やすのが、豊かなアレンジのためのポイントですね。テレビや街の中で流れる音楽を耳にした時、メロディや歌詞だけでなく、アレンジにも注目して聴くように心がけてます。

若いころはクラシック音楽を聴くのは大好きでも、自分で弾くのはもっぱらポピュラー系ばかりでした。
今は日々の練習はクラシックがメインです。でも特にBGMなどではポピュラー系が喜ばれるので、ときどきブラッシュアップしておかないと。。。さらに、ポピュラー系の新曲もまたやってみたいと思ってはいます。

ポピュラー系の曲、私のブログの中でアップする機会はそんなに多くないかもしれませんが、ポピュラーももっと弾いてほしいという声も一部にあるので、定期的にシューイチでも取り上げていきたいです。また聴きにきてやってくださいね♪

ねこぴあのさん>

タワシカとタワシ力 文字にするとほとんど同じ(どっちがどっちかくべつつきますか?)ですが内容はかなり違いますね(笑)ちなみに右がタワシリョクです。

ねこぴあのさんもいずれはコードの勉強もしたいとか言っていましたよね?チェルニーが終わったら代わりにするようなものでもありませんので ちょっとお暇のあるときに(ないかな)自習してみてもいいかと思います。
ひとことで言うと コードって、とても便利なスグレモノです♪
特別な才能なんて必要ないのですよ~
もちろん、アレンジが自由にできる分個人差はあり、そこでその人の音楽性というか音楽センスというか、の差は出ますけどね
ねこぴあのさんのように想像力豊かな人は、アレンジもきっと上手になると思います。

>タワシ族とか、タワシビームとか、これからも色々な言葉が産まれそうですね~
私の周りのごく限られた、せいぜい数人の人しか使わない言葉ですけどね~
ねこぴあの族は結構普及しそうですよ。ピアノ弾きには猫好きさん(ΦωΦ)がおおいから!

***コードで伴奏***

タワシ さんへ

ご丁寧にご返事下さいまして有難うございます。 

>コードは今は学校の音楽の教科書にも載ってます。
今と昔を比較してみて、授業内容・指導方法が進化し、
今の実践教育での音楽の授業は楽しいだろうと想像しました。 

>いろいろ本も出てますし(楽器店、楽譜店で相談すればおすすめの本を教えてくれ>ると思います)
はい、 楽器楽譜店に行って、私にも分かりやすく解説をしている本を探してみます。

>今はネットでもそういうサイトが幾つもあります。
>ちょっとのぞいてみられてはいかがですか?
2、3日前に、下記のサイトを覗いてみました。 
タイトル: 大人の音楽レッスン   ピアノ・作曲・色々な音楽のお話
弾き語り、歌伴奏のコード弾き
 http://lessonblog.sonoragarden.com/?p=229

** サイトから、色々と知らない事を教われて助かります。 

今の私は、基礎練習をしなければならない段階である事を
忘れずに、そして、コードを勉強しようと思います。 
(シンミより)

No title

僕はエレクトーン出身なので、コードはある程度覚えているし、エレクトーン時代に新しいコードを覚えるのが面倒という理由で移調して弾いていたこともあるけれど、そんな風にコードは知っていても、タワシさんのようにアレンジしてさらりとピアノで弾けるかというと、また別になります。
本当に、韓国ドラマのような感じの讃美歌で、面白いですね。こういうのもあるのか!と思いました。

No title

私、高校がギッチギチのカトリックで大学がプロテスタントだったんですが、あ、幼稚園も一時キリ教・・・は置いといて、グレゴリオ聖歌とかそんな聖歌・讃美歌ばかり歌ってたんで、当時作られたものが聖歌として認められているもの、というなんとなくの認識でした。
新しく作っていいんですね!そりゃそうか!
昔ながらの歌もいいけど、今の人に馴染みやすいのはいいですね。
それにタワシさんのアレンジ、ほんと惚れます。
移調まで・・・視点が違う。
皆さんおっしゃるように、韓国ドラマみたいですね。
あちらではこんな感じの作風が好まれるのね。
面白いです。

シンミさん>

おお~ご自分でコード伴奏の独習用のサイトを見つけられたんですね!
説明はわかりやすいですか?
本の方も探してみられるとのこと。いいものが見つかりますように♪
コードをマスターすると歌の伴奏や弾き語りがサクッとできるようになってなかなか重宝しますので、ぜひがんばってくださいね☆

ゆきなぎさん>

エレクトーン出身なんですか?(そういえば前にも聞いたかもしれませんね)カッコイイじゃないですか~
私は昔々((笑))当時教会にあった旧式のエレクトーンを弾いてたことがあります。いまどきのエレクトーンと比べたら骨董品のようなものでしょうが。ピアノとは全く別物ですけど、あれはあれで楽しいものですよね。
エレクトーンの人は概してコード弾きできるようですね。ゆきなぎさんは、ゲーム音楽などポピュラー系のレパもおありですから、コードでも弾けたほうが何かといいでしょう。

韓国ドラマの主題歌のような讃美歌、反響が大きいですね~
やはり従来の伝統的な讃美歌のイメージとだいぶ印象が違うからでしょう。この曲なんかはまだ讃美歌らしい敬虔さをとどめているように感じられますが、ポップスにしか聞こえないノリノリのものもあります。

ふくべさん>

ほ~ キリスト教系の高校、大学の出身だったんですね。幼稚園もそうだったということは、ご両親もクリスチャンなんでしょうか?
だったら聖書には親しんでいると思いますが、詩篇には

新しい歌を主にむかって歌え。
主の慈しみに生きる人の集いで賛美の歌を歌え。
イスラエルはその造り主によって喜び祝う。
シオンの子らはその王によって喜び踊れ。
踊りをささげて御名を賛美し
太鼓や竪琴を奏でてほめ歌を歌え。
[詩篇149,1-3]

とあります。なのでその時代時代にあった讃美歌が作られるのは自然なことではないでしょうか。
その時やはり国民性、地域性というものも出てくると思います。
(バッハも詩篇のこの部分を歌詞にして作曲しています。当時は文字通り「新しい歌」だったわけですからね~)

アレンジほめてくださってありがとう~
移調はキーによっては原曲よりずっと弾きやすくなったりもします。慣れです、慣れ!

No title

あちこちでコメントをお見かけしていました。
こちらでははじめまして。

一瞬、文字化けしてるかと思いきや、ハングル文字でしたw

演奏、聴かせていただきました。癒し系できれいな曲ですね~
コード譜からこの演奏ができるなんて!驚きです。

*コード伴奏の独習書*

タワシさんへ
 
>本の方も探してみられるとのこと。いいものが見つかりますように♪

お店の方と相談しまして、
次のタイトルの本を購入してきました。 
タイトル: 子どもの歌で学ぶ ― はじめてのピアノ伴奏入門 

“はじめに”の中に書かれている一部分: 保育園~~の教員や、
一般の方を対象とし、コード・ネームのついたメロディ譜だけで
ピアノ伴奏ができることを目的とした入門書です。
ピアノの学習歴は問いません。~~各教室のテキストとして、
~ひそかに練習~~ ピアノ弾き語り~の独習書として、~~。  
編著者: 橋本晃一  発行日:2014年9月30日初版発行
発行所: 株式会社ドレミ楽譜出版社 
(ISBN978-4-285-14093-4)

* めだかの学校、かたつむり、翼をください など、
懐かしい曲で練習が出来るように編集されていますので、
この教本で楽しみながら学んで行けそうです。
ご報告まで、
では、
(シンミより)

けもネコさん>

コメントありがとうございます。

>一瞬、文字化けしてるかと思いきや、ハングル文字でしたw
笑笑!文字化けではありませんよ~

演奏聴いてくださって感謝です♪
>コード譜からこの演奏ができるなんて!驚きです。
コードをちょっと自分好みに変更したり、前奏や後奏、フィルイン(オカズ)なども入れているので、譜面の印象とはだいぶ違うかもしれませんね。
ポピュラーピアノは若いころ、先生について2年ほど習っていました。
もうちょっと先まで進みたかったのですが 先生の都合で教室が閉鎖されてしまい残念でした。
アレンジもっとうまくなりたいです!クラシックピアノの練習の片手間ではなかなか難しいかなあ・・・

シンミさん>

おお、早速、本を決めて買われたんですか。
シンミさん行動が早くていらっしゃいますね~!
文部省唱歌など懐かしの歌が多そうで、よさげです!私のその路線結構好きですよ♪そういう曲を弾いたり歌ったりしていると、やっぱり自分は、日本人なんだなあ、と実感します。

練習の成果 またぜひ聴かせてくださいね、楽しみにしています♥

おひさしぶりです

こちらではお久しぶりです♪
ウワサをかぎつけてやってきました。くんくん。

いやぁ相変わらずの伴奏力(タワシ力?)ですね。脱帽です。移調も楽譜を作らずにその場でやっているんですか??

でごさん>

おお~ここでは、ほんとに久々ですね!(リアルでも、最近かなりご無沙汰しているように思いますが)
訪問してくださってありがとうございます!

>ウワサをかぎつけてやってきました。くんくん。
ええええ~?噂になっていたんですか?
どこで?なんて?(笑)
アレンジは でごさんのほうがよっぽどお上手じゃないですか!

なお、移調は、シャープ・フラットの少ない(4つくらいまでの)調だったら、何も考えずに自然に出来ます。
でもあくまでもコード奏アレンジの時の話ですよ。
クラシックスタイルの(キチンと書かれた)楽譜を正確に移調するというのは、よほど易しい曲で,暗譜していないかぎり、できないと思います、たぶん。
非公開コメント

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*フリーエリア
        
*ただいま練習中!
<6月27日> ♪ピアノソナタ変ホ長調 Hob.XVI:28(第1楽章)(ハイドン) ♪ピアノソナタ変ロ長調 K333(第3楽章)(モーツァルト) ♪プジレコの漁師(Tagliaferri) ♪新しい月(コスタ)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*リンク
        
*カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*amazon
        
*楽天市場