{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。
<今週の録音>アンダンティーノ(ハイドン)
2016年07月15日 (金) | 編集 |
明日からの帰省・そしてその前のお楽しみ(=れんしうかい)の準備やら、台所や部屋の片付けやらで結構慌ただしい合間を縫って、今週も(相変わらずのお手軽路線ながら)シューイチを準備しました!

全音の「やさしいピアノ小品集・1」からハイドン作曲「アンダンティーノ」です。
巻頭の解説には「アンダンティーノ」という言葉の意味とペダル記号についての説明ははありますが、肝心の、曲の出典については何のコメントもないので、自力で調べましたよ~
ソナチネアルバムの巻末の付録に収録されている「アンダンテ・グラツィオーソ」や「アレグロ」と同じく、「12 Easy Pieces(12の易しい小品)」のなかの1曲ということが、まず判明しました。
この曲集は交響曲や室内楽などから、初級者でも弾けるように簡単にアレンジした編曲モノが多数を占めています。
実際、演奏しながらも「この曲 ハイドンのどれかの弦楽四重奏の緩徐楽章あたりを編曲したのかな?と感じていました。
そして・・・さらに調べた結果、出どころが明らかになりました!
ハイドンの交響曲第85番「王妃」の第2楽章でした!
こういうふうに出典を自分で探し当てることができるとスッキリしますね(笑)

原曲はこんな感じです~
第2楽章は7分30秒あたりから。
変奏曲なんですね。

J. Haydn - Hob I:85 - Symphony No. 85 in B flat major "La Reine" (Brüggen)

それでは、どうぞ~♪






アンダンティーノ(ハイドン)
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
タワシさん聴かせていただきました♪
のどかで心地よい演奏♬ありがとうございます^^
ハイドンの交響曲の編曲ものなんですね。言われてみれば管弦楽曲ぽいですね。
これからもシューイチ楽しみにしています(^^♪
2016/07/16(Sat) 12:05 | URL  | amy #-[ 編集]
こんにちは
拝聴しました、ピアノソロですと曲の純粋な美しさが明瞭に伝わってきます。
この曲は処刑前のマリー・アントワネットが獄中のピアノで愛奏していたと
聞きますが、それを思うと、じーんと来るものがあります。
また録音を楽しみにお待ちします。
2016/07/16(Sat) 15:24 | URL  | michael #xNtCea2Y[ 編集]
しっかりした演奏から、のどかな光景が浮かぶ演奏ですね~(・∀・)
気持よくなれる演奏でした!

ちなみにこの曲をアップするまでの練習時間ってどのくらいですか?
私がこの曲やると1ヶ月は間違い無くかかりそうですが。。。笑
2016/07/19(Tue) 14:02 | URL  | びこ #tHX44QXM[ 編集]
曲集に出典が書いてないもの、どうにも気になるけれど、調べるのが大変ですよね。叙情楽章かもという予想が見事に当たって探せたとか、ほんとにスッキリだろうなあと思いました。

ピアノで弾くと原曲とは感じが変わりますが、それもそれで、素朴なメロディーが生きてくるなあと思いました。
2016/07/19(Tue) 23:08 | URL  | ゆきなぎ #SXvy3W3A[ 編集]
amyさん>
お返事おそくなりすみません。
演奏聴いてくださって感謝です~
ハイドンの素直で平和な持ち味がよく出た曲だと思います。
交響曲の編曲モノといえば、ソナチネアルバム1の付録にも、交響曲第94番「驚愕」(びっくりシンフォニー)の有名な第2楽章のピアノソロ用編曲が載ってました。(あまりにも端折られていて残念だったので、無料楽譜サイトIMSLでPフルバージョンのピアノソロ用アレンジをDLして弾いてみたことがあります)
今回録音したアレンジは、変奏曲の主題の部分にいきなりコーダをくっつけた超短縮バージョンですね(;_;)
2016/07/22(Fri) 09:46 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
michael さん>
michael さん こんにちは。あたたかいコメントいただいてとても嬉しかったのですが、帰省とその後の旅疲れなどで、お返事が大変遅れてしまい、お詫びいたします。

>この曲は処刑前のマリー・アントワネットが獄中のピアノで愛奏していたと聞きますが
→そうだったんですか!初めて知りました。さすがはmichael さん、とても博識でいらっしゃる!
このシンフォニーが「王妃」と呼ばれているのと、その辺り、関係があるのでしょうか?それともアントワネットの存命中から「王妃」と呼ばれていたんでしょうか?
いずれにせよ獄中にピアノとは、王妃様ならではですね。その言い伝えが事実なら、彼女はどんな思いで演奏していたのかなあ・・・感慨深いものがありますね。

シューイチを楽しみにしてくださっているとのこと、こういう声を聞くとモチベーション上がります。
できるだけ長く続けていきたいと思ってますので、引き続き応援よろしくです!
2016/07/22(Fri) 09:58 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
びこさん>
コメントありがとうございます。
お返事遅くなりすみません。帰省から戻ったあとも、旅&仕事の疲れなどで徐行運転中なのです・・・

拙い演奏ですが、心地よく聴いていただけたようで何よりです。
練習期間は2日間です。いかに易しい小品とはいえ、練習たりないですよね~
>私がこの曲やると1ヶ月は間違い無くかかりそうですが。。。笑
いえいえ、絶対それはありえないです。楽譜もとってもシンプルで、びこさんも初見で結構いいところまでいけるのではないでしょうか?
シューイチは(一部例外もありますが)大半はそんな曲ばっかりですよ・・・(^_^;)
2016/07/23(Sat) 09:52 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
ゆきなぎさん>
コメントありがとうございます。お返事遅くなってすみません。

>曲集に出典が書いてないもの、どうにも気になるけれど、調べるのが大変ですよね
子供用の楽譜には必要ない情報なのかもしれませんが、今の自分にとっては、結構重要なこと、というか、ぜひ知りたいこと、ですね。記載が一切ないと、やはりどうにも気になります。
調査はすんなり行くこともあれば思いのほか難航することもありますが、基本的に調べモノするのは好きな性分なので苦にはなりません。
ただ、調べてもわからないままだと、「スッキリしない感」がかなりありますね。

>ピアノで弾くと原曲とは感じが変わりますが、それもそれで、素朴なメロディーが生きてくるなあと思いました。
いかにも初級者用のアレンジではありますよね~ ただ、音が少ない曲を弾くのも、それなりの難しさはあり、今回も何度も録音しなおしましたよ~
2016/07/23(Sat) 10:02 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
「王妃」
>アントワネットの存命中から「王妃」と
1788年出版の楽譜に「王妃」と副題があるそうなので存命中ですね、第2楽章は当時の流行歌「優しく若いリゼット」をテーマに用いた変奏曲だそうです。
明らかなのは以上のことだけで、副題がついた理由も諸説あるようですし、それ以外は後世の人の想像が多いかもしれません^^;獄中の件もどこかで聞いた話でした、拘束状態ではあったでしょうね。
2016/07/23(Sat) 15:23 | URL  | michael #xNtCea2Y[ 編集]
michael さん>
サイドのコメント、ありがとうございます♪
>第2楽章は当時の流行歌「優しく若いリゼット」をテーマに用いた変奏曲だそうです。
なるほど~当時は非常によくあったパターンですね。モーツァルトにもその手の変奏曲たくさんありますものね。

>副題がついた理由も諸説あるようですし、それ以外は後世の人の想像が多いかもしれません^^;獄中の件もどこかで聞いた話でした、拘束状態ではあったでしょうね。
→獄中のピアノは確かにちょっと伝説っぽい匂いがしますね(笑)
が、ヴァージナル?スピネット?音楽史に全く詳しくなくてよくわからないですが、そういう小型の鍵盤楽器なら獄に持ち込むことも可能なような気がします。
2016/07/25(Mon) 10:35 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック