グリーグの、「25のノルウェーの民謡と舞曲」Op.17にハマる。 

今回のシューイチでグリーグの小品をアップしていますが、記事にも書いたようにこれは「25のノルウェーの民謡と舞曲」Op.17の中の1曲です。
タワシは先週からこの曲集にめっちゃハマっておりまして、毎日この中から5、6曲程度を並行して練習してます。
テンポが遅くて叙情的な曲も、アップテンポでノリノリの舞曲も、両方、バランス良く♪

特に第5曲「ヨルステルの踊り」(下の動画で2分24秒くらいから始まります)には、時間を割いて練習してます。
2ページの中に色んな要素が詰まった曲で、演奏効果も高そうなんで、弾けるようになりたいんだけどな~
課題山積で、せめてDustBoxにでもアップできたらいいのですけどね。
元来リズム音痴のタワシですので、裏拍のアクセントとか、3拍子の2拍目で踏むペダルとかに苦労してます。
一昨日はコーダを集中練習をしたらさすがに手が疲労痛になりました。(考えてみたらその前に、職場で重たいカタログを大量に区分したのでした。なのでピアノの弾きすぎだけが原因ではないと思います)

順序が前後しますが、第4曲の「ニルス・タッレフョレン」(動画では0分46秒くらいから)も素敵ですね。いかにも北欧らしい響きが非常に美しい曲です。
こっちは逆に、音のまばらな曲ならではの難しさを感じます。
(「結局、速い曲も遅い曲もまともに弾けないんじゃないの?」というツッコミはご容赦くださいね・汗)


Grieg: 7 Pieces from Op. 17

Comments

ヨルステルの踊りは、前にゆにくあさんが弾いてて知りました。
難しそうでしたが、めっちゃ良い曲ですね。

モル作さん>

そうですね、ゆにくあさんやってらっしゃいましたよね。去年?
グリーグのOp.17って 叙情小品集ほど知られてない曲集だと思いますけど、ゆにくあさん、どこから見つけてきたんだろう?
私まだミスタッチが多すぎて、お披露目できない状態なんですが、雰囲気はだいぶ出てきましたよ~(^^)v
この曲、弾いてるとけっこう爽快感もありますし。演奏効果ということを考えたらなかなかコストパファーマンスのいい作品だと思いますので、モル作さんもチャレンジしてみられたらいかがですか?ぜひぜひ♡

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1338-8ced3f9c