プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

DATE: CATEGORY:今週の録音
シューイチではすっかりおなじみになったヴィルムさん(Peter Nikolai von Wilm 1834~1911)。
そして、これまたすっかりおなじみになった曲集(「24の小さいピアノ曲」作品81)。
今週のシューイチも、その中から弾かせていただきました。
第9曲「夜の祈り」です。
シューマン風の内省的な雰囲気を持つ、穏やかで美しい曲です。
それでは、どうぞ~♪






夜の祈り(ヴィルム)
Comment

ちょうどいい時刻にこの記事に出会いました♪
「夜の~」とタイトルついてる曲がぴったりくる気分だったのです。

おだやかな音楽聴かせていただきました。
気持ちよく眠れそうです。おやすみなさい・・・

やぢまさん>

夜の曲を夜に聴く・・・タイムリーでいいですね♪
私も昨晩寝る前に「BGM 夜・眠りのクラシック」なるCDをかけていました。ブラームスの交響曲第3番の第3楽章聴きながら、めっちゃセンチメンタルな気分になってました(笑)

夜の曲といえばやっぱり筆頭は夜想曲?そういえばこれまでのシューイチでノクターンって一度も取り上げたことがないですね。ガラにもないですがそのうちなにか1曲くらいはアップしたいと思います。

ハイドンのソナタ、こちらのヴィルムさん聴かせて頂きました。

ハイドンの聴いていると気分が晴れていくような演奏、そして、夜の祈りの穏やかな温かさ。

1日の疲れが癒されていきます。
素晴らしい演奏をありがとうございました。

ゆきなぎさん>

いつも、演奏聽いてくださって感謝です~♡

ハイドンは、弾いていて爽快感がありますね。弾きかけの3楽章だけでも、早く(曲がりなりにも)完成させたいところですが、まさかのベトソナに寄り道しております(^_^;) 今年中には何とかします!
ヴィルムさんの曲は、弾いていると、心の中の小さな波がおさまって、海が凪いでいくような感覚がありました。聽いている人にもそんな安らぎを味わってもらえたのなら幸いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © ようこそ!タワシワールドへ♪ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ