<今週の録音>クリスマスの歌(エスパニア民謡) 

アドベント(に入り、ご覧の通りブログのテンプレートもクリスマス仕様になっています。
例年のごとく、シューイチ録音も、この期間中は、クリスマス一色でお届けする予定です。
クリスマスの曲に限定しても、ネタはまだまだ尽きませんのでご心配なく~

今年の第一弾は、エスパニア(スペイン)民謡「Cançó de Nadal (クリスマスの歌)」
スペイン東北部のカタルーニャ(カタロニア)地方生まれの、素朴で軽快なキャロルです。

のちに、タレガの一番弟子である名ギタリスト ミゲル・リョベートが、自分の出身地であるカタルーニャの民謡の数々をギターソロ用に編曲し「カタロニア民謡集」として発表しました。
そのうち、「アメリアの遺言」や「聖母の御子」などは、ギター曲の定番のとなっていますが、今回のシューイチの曲Cançó de Nadaも、近代的な和声にリハーモナイズされ、「La Nit de Nadal(クリスマスの夜)」とタイトルも微妙に(?)かえて収録されています。
「凍れる12月」という邦題が付いているものもあるようですが、原曲の歌詞はあくまで陽気で、「春の日」「光り輝く」「朝空」などの単語がいっぱい並んでしるんですよ~ なんでわざわざ「凍れる12月」って訳すかなあ?普通に「クリスマスの夜」とか、「クリスマスイヴ」あるいは「聖夜」でいいんじゃないと思ってしまいました。

話がそれました。実はクラシックギターも、聴くのはかなり好きだったりするので、お許しください~
あ、タワシが弾いているのはあくまで原曲のバージョンです。
今回、デジピの設定をピアノ音なのですが いつもとは違う音色にかえてみました。

それではどうぞ~♪






クリスマスの歌(エスパニア民謡)

お耳直しに、リョベートの編曲のほうもどうぞ♪
カタロニア民謡集から「聖母の御子」「アメリアの遺言」そして今回の曲のアレンジである「クリスマスの夜」です。「クリスマスの夜」は4分40秒あたりから始まります。


3 Catalan Folk Songs - John Williams
[2016/12/03 23:23] 今週の録音 | TB(0) | CM(10)

クリスマス感ある可愛い演奏ですね(・∀・)
クリマス曲は軽いタッチの演奏が似合う感じですね笑

クラシックギターもピアノも、なんとなくクリスマスの楽器なイメージがありますね~

教会ではこの時期やっぱりクリスマスの曲とかが演奏されるもんなんですか?


[2016/12/05 12:57] びこ [ 編集 ]

こんにちはー(・▽・)

アドベントのロウソクに火をつけるのが増えていく
わくわく感満載な曲ですね♪

ホルンの音色が好きなのですが
3人くらいで吹いてくれたら素敵でしょうね(☆▽☆)むふふ

それでは また~(^▽^)
[2016/12/05 14:41] いもコン [ 編集 ]

「聖母の御子」と「アメリアの遺言」はモンポウのピアノ編曲で
聴いたことがありました。タレガのお弟子さんの編曲からなのですね!
この「クリスマスの歌」は初めて聴きましたが、軽快で可愛らしい曲ですね。
かけ合い風のメロディも楽しいですし、凍れるという邦題は
たしかになんだか違う気がしますね~。

楽しい中にも安心できるような、素敵な演奏でした~(*´▽`*)
ありがとうございます。
[2016/12/05 21:42] 空苑 [ 編集 ]

「信仰」もクリスマスの雰囲気がありましたが、これはまた、信仰の後に聴くと、部屋から街に出てみたという感じでした。ぱっと明るくて楽しげな雰囲気の演奏と思いました。
[2016/12/07 09:08] ゆきなぎ [ 編集 ]

今月のシューイチはクリスマスづくしですかv-340
季節感いっぱいでいいですね♪

スペインの曲とのことなので、エキゾチックな感じなのかな?
と思ったのですが、聴いてみるとスタンダードなクリスマス曲ですね。
特に最後のあたりの音の使い方は宗教音楽の香りが強いと感じました。
タワシさんの得意分野ですね~。素敵演奏でした☆
[2016/12/08 17:19] やぢま [ 編集 ]

びこさん>

聽いてくださってありがとうございます!クリスマス感味わっていただけましたか?(*^^)v

クリスマスの曲といっても明るく軽快なものからしっとりしたもの、おごそかなものなど雰囲気は千差万別ですね~
国民性とか時代とかが少なからず反映されてるような気もします。

>クラシックギターもピアノも、なんとなくクリスマスの楽器なイメージがありますね~
→へえ~そうですか!私はあんまりそう思ったことがないです(笑)
クラシックギターは、私の中では圧倒的にスペインモノの曲のイメージが強いですかね~

>教会ではこの時期やっぱりクリスマスの曲とかが演奏されるもんなんですか?
→はい、もちろんです♪
[2016/12/09 08:41] 私はタワシ [ 編集 ]

いもコンさん>

アドベントのロウソクの点火役、うちの教会では子供がすることに決まっています。
1週ごとにロウソクが増えていく演出は、いつごろ誰が考えたんだろうか?ワクワク感があっていいですよよね~

ホルンの音は私も好きですよ♥
ホルンで演奏するクリスマスキャロルも、雰囲気あっていいかもしれませんね♪
[2016/12/09 08:46] 私はタワシ [ 編集 ]

空苑さん>

>「聖母の御子」と「アメリアの遺言」はモンポウのピアノ編曲で
聴いたことがありました。
→「歌と踊り」ですね!自分でもそのうち(もし弾けるものがあったら)弾いてみたいなあと思っている曲集なんです~
アメリアの遺言は歌曲バージョンもあるみたいですね。
https://youtu.be/NWQN8KDQGJo

>凍れるという邦題は
たしかになんだか違う気がしますね~。
→やはり!そう思いますよね。こんな明るくk楽しい曲になぜ~?と思えてなりません!

>楽しい中にも安心できるような、素敵な演奏でした~(*´▽`*)
ありがとうございます。
→こちらこそ感謝です!この時期忙しくて練習時間もあまり取れなくて、お手軽路線に走りがちなんですが、楽しんでいただければ幸いです♪
[2016/12/09 08:57] 私はタワシ [ 編集 ]

ゆきなぎさん>

いつもシューイチを聽いてくださってありがとうございます!
クリスマスの曲と一口にいってもいろいろありますよね。
前回のキャロルはアウトドア派?(笑)ということで 今回はインドア派(?)の曲を弾いてみましたよ~

また、クリスマスと銘打っていなくても、信仰的な曲はこの季節に似合いますよね。シューイチで私が弾いたことのあるものの中でも、メンデルスゾーンの無言歌ではほかに「なぐさめ」や「信頼」、グリーグの「聖なる歌」なんかもぴったりです。
[2016/12/11 07:37] 私はタワシ [ 編集 ]

やぢまさん>

>今月のシューイチはクリスマスづくしですか
季節感いっぱいでいいですね♪
→はーい、去年もおととしも、クリスマスの時期はそうでしたよ~
多分これからもシューイチが続く限りはそうなるでしょう!

>スペインの曲とのことなので、エキゾチックな感じなのかな?
と思ったのですが、聴いてみるとスタンダードなクリスマス曲ですね。
→ですね。でもドイツとかイギリスとかのクリスマスキャロルと並べてみると、やっぱりラテンっぽい陽気な雰囲気はあるように思います。

>タワシさんの得意分野ですね~。素敵演奏でした☆
→どもです♥ 得意と言えるかどうかはわかりませんけど、教会で長年伴奏やってるから年季だけは入ってるかもね~
[2016/12/11 08:34] 私はタワシ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1356-ec298fe0