めるちゃん会初参加♪

12月13日(火) ブロともAさんのおうちで開催された「めるちゃん会」に、今回初めて参加させていただきました。
メンバーはオショーズ3名+O先生、そしてデシーズ常連組(?)の4人の計8名、ということで、レッスンタイムたっぷりで、いわば「めるちゃん会」と「オショデシれんしうかい」が合体した感じ?

めるちゃんとはAさん宅の、「猫足」が美しい茶色のグランドピアノです。シンメルというドイツのメーカーの楽器なので、通称めるちゃん。威圧感のある黒ピアノと違い、リビングに見事に調和していて(お部屋に入ったときは椅子の上あたりに洗濯物干しのハンガーがあったりして、すっかり生活に溶け込んでいるんだなあと実感) さらにヤマハのアップライトもあって2台ピアノもできるという、なんとも羨ましい環境に、デシーズ一同から羨望の声が・・・。

Aさんが焼いてくれた美味しいピザや、持ち寄りのお惣菜で、和気藹々とした雰囲気の中お昼を済ませたら、お待ちかねの、音楽の時間。
O先生のツェルニーのレッスンを受けた人が二人いました。
何度も言ってきたように、タワシはツェルニーには重度の拒否反応があります。
そんなタワシでもO先生のチェルニー40番の模範演奏には聴き入ってしまいました。あんな音楽的なツェルニー初めて聴いたかも!そして演奏中のO先生のとても楽しそうな表情にも、大いに心惹かれました。
「ピアノはとても楽しいもの」というO先生のモットーが伝わりました。
でも自分もツェルニーやってみたくなったか?というと話は別でして・・・(爆)

タワシのレッスン曲は メンデルスゾーンの無言歌「甘い思い出」Op19-1です(いつものようにSさんに見てもらいました)。
言い訳するなと言われますがやっぱりしたい~ 職場と教会の繁忙期が重なり、練習時間が取れなくてほとんど譜読み状態のまま。特にバスはうろ覚えもいいとこ、という状態のまま、レッスン当日になってしまいました。

練習の時点から出来ていないのがレッスンで出来るはずもなく。。。
特にバスは捏造とミスタッチまみれで本当にひどいものでした。音外しまくりに加えて音価もめちゃくちゃ、一拍分減ったり増えたり、ズレたり、と、もうめちゃくちゃ・・・(汗)
アルペジオの内声を省いてソプラノとバスのみ弾いてみるように指示が出て、やってみるも、それでも間違う間違う・・・(滝汗)
ミスしてもできるだけ弾き直さないで先に進めと言われますが無理だ~

今回一番アドバイスが欲しかったのは、バスの声部で響かせたい音があるのに力が入らない~強引に弾こうとすると、同時に弾くアルペジオの内声も含めて、汚い、痛いフォルテになってしまうという点についてでした。
それについては、手首を使って、押し付けるように弾いているため、指が独立して動かないのが原因ということで・・・
手首が出来るだけ動かないように保持したまま(空いている方の手=右手で、下から手首を支える)、指の力で弾くことを試みました。
今までの演奏フォームとかなり違うので、身につくのにかなり時間がかかりそうです。
Sさんもすぐには効果が出ないと言っていたし、気長にコツコツやるしかないですね。
何しろ三日坊主で何事も続かない性質(たち)なので、時々皆様に喝を入れていただけるとありがたいです。
ちなみにレッスンから三日間、地味練は無事に続いております。ハノンやツェルニーのようなつまらない曲(ツェルニー好きの皆様ごめんなさい、あくまでタワシの主観です)でなく、実際の曲、それもお気に入りの曲の中でやる練習は 意外と楽しいものです。

その他、楽譜をいい加減に読んでいることがいろんな箇所で露呈しました。
強弱も適当につけていたため、フォルテをキープしなくてはならない箇所で勝手にしぼんだり、ヘアピンアクセントのついている(=とても大事な)音をぞんざいに弾いていたり。
あと、「クレッシェンドやデクレッシェンドの仕掛けが早すぎる」という指摘もありました。クレッシェンドと書かれていたらその場所にp(ピアノ)、デクレッシェンドとあったらf(フォルテ)があると思うと、いいんだそうです。

そうそう、この曲は実際にはフェリックス・メンデルスゾーンではなくお姉さんのファニー・ヘンゼルが書いた可能性が高いと言われています。
「無言歌」という形式そのものがファニーの発案であったそうです。
無言歌集の中でどの曲が姉の曲でどの曲が弟の曲かについて確証はないし。Sさんによればこのきょうだいは藤子不二雄のような存在だったと思われるということです。つまり姉の模倣をしているうちに、弟もいつの間にかそんな作風の曲も書くようになり。。。その逆もあったかもしれません。
実はタワシ、無言歌の中ではもう1曲、二重唱(デュエット)Op38-6という曲も譜読み中ですが、これも似たような手法と雰囲気の曲です。これもお姉さん作の可能性は高そうですね。

話がちょっとそれました。
めるちゃん会の楽しい時間はあっという間に過ぎ、
レッスンタイムのあとは私語NGで皆の演奏に耳を傾ける「本番タイム」
タワシは目下人前で弾ける曲がない状態でして、シューイチでお馴染み、ヴィルムの子供向けの小品集から数曲抜粋して演奏しました。
「やさしい曲を美しく」を目指したつもりでしたが、このレベル(難易度)の曲でさえ、ちょっと弾かないとほんとだめになっちゃいますね。
はっきりいって騒音だったかも。失礼いたしました。。。

6時半頃には、デシーズ3人連れ立って、おいとましました。まさに後ろ髪引かれる思いで・・・
二台ピアノでのソナチネ やってみたかったのですが、時間切れで残念でした~
またの機会には是非とも!

お世話になったAさん、オショーズ&O先生、ご一緒してくれたデシーズの皆様、心から感謝です。
参加者のひとりであるブロともNPさんふうにいえば、今年最後の大きなニンジンでありました。
<注>ニンジンとは・・・馬の目の前にぶら下げてそれを目当てに馬が頑張って走れる・・・要するにモチベーションの原動力です!

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

*コメント

遅くなりましたが、当日はお世話になりまして、ありがとうございました^^

>手首を使って、押し付けるように弾いているため、指が独立して動かないのが原因ということで・・・
手首が出来るだけ動かないように保持したまま(空いている方の手=右手で、下から手首を支える)、指の力で弾くことを試みました。
今までの演奏フォームとかなり違うので、身につくのにかなり時間がかかりそうです。

その後どうですか?わたしも手首で押し下げる癖が特定の指であります。
改善するのは時間がかかりますよね^^;

ねこぴあのさん>

こちらこそお返事がめっちゃ遅くなりました!ゴメンネ~

当日はご一緒できて嬉しかったです!
今回も猫ぴのさんのピアノ愛には圧倒されました!(笑)
目をキラキラさせておゆき先生にチェルニーを習っている姿が印象的でした。あの時はなんか幸せオーラ出てましたよ~。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

その後どうですか?
→数日間は真面目に地味練続いたのですが・・・
仕事も多忙な中 教会のイヴ礼拝、クリスマス礼拝が迫り、メンデルスゾーンなど弾いているいる暇は全くなくなってしまったのです。
イベントのあとは脱力モードになってしまって・・・
今日は久々に結構ピアノは弾けましたけど、そういやフォーム修正の練習は全くしてないなあ・・・(^_^;)
非公開コメント

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*フリーエリア
        
*ただいま練習中!
<6月11日> ♪詩人の魂(トレネ) ♪マリウ、愛の言葉を(ビクシオ) ♪ダイアモンドの雨(ワルトトイフェル) ♪Let us Serve Him(Don Besig)(聖歌隊の伴奏)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*リンク
        
*カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*amazon
        
*楽天市場