{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。
「ピアノバトルおふ」曲目エントリー完了!
2017年01月25日 (水) | 編集 |
以前からお知らせのとおり、3月4日に開催されるオショーズ主催の、第11回イロモノおふ「ピアノバトルおふ」に参加することになりました!
今朝やっと、その曲目エントリーが完了しました~

「ピアノバトルおふ」とはその名のとおり、「闘い」をテーマにした曲を演奏するという企画です。
鍵盤勝負(ピアノやチェンバロの腕比べ)にちなむ曲、戦争や闘いに関する曲はもちろんなのですが、イロモノおふの恒例でこじつけ(曲との闘い、自分との闘い、など=つまり実質、何でもアリですな)もOKなのです。

タワシはのほほーんとした平和主義者(!?)なので、日ごろ弾く曲はほとんど闘いには縁のないものばっかり。
ゲーム音楽のレパートリーでもあれば選択肢が広がったと思いますが「ゲーム全くやらない人」ですし・・・。
とはいえ、せっかくの縛りがあるんだから、こじ付けでなく、真っ向から縛られたい(←アンタMですか?爆)

というわけで悩んだ結果、ようやく決めました!!
以下、エントリーのコメントのコピペです。
<注>イロモノレベルとは、過去にイロモノオフに何回参加したかを表しています。

【曲名】 グラナドス/オペラ《ゴイェスカス》より 「間奏曲」
【演奏時間】 約5分
【イロモノレベル】 4
【ひとこと】 グラナドスのオペラ《ゴイェスカス》は、陸軍大尉と闘牛士が色恋沙汰から決闘となり、深手を負った大尉が、美しい恋人の腕の中で息絶えるという、いかにも三面記事的な物語。その幕間で奏される「間奏曲」はチェロの小品としても知られていますが、今回は作曲者自身の編曲によるピアノソロ・バージョンで。
「決闘」が題材なのでそれだけでバトルおふの条件は満たしているはずですけど、この曲を選んだもっと大きな理由は、それが「戦争」を抜きにしては決して語れない存在だからです。
第1次世界大戦中の1916年、メトロポリタン歌劇場でのこのオペラの初演に立ち会うため渡米したグラナドス夫妻。その帰路、英仏海峡で、夫妻の乗船したサセックス号はドイツ軍の潜水艦の魚雷を受けて沈没、夫妻も悲劇的な最期を迎えたのでした。


タワシの中ではこの曲はあくまでオーケストラの曲なので、ずっとそのイメージを抱きながら練習していますが、
ピアノで弾くとこんな感じになるんですね~(YOUTUBEにピアノソロ版の動画がありました)


ENRIQUE GRANADOS - INTERMEZZO "from the Opera GOYESCAS" LUIS FERNANDO PÉREZ,PIANO

本番までに間に合うのかな~(ボソッ)
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
なにやら楽しそうなオフ会ですね~
なるほど、テーマがある演奏会ってのも楽しそうです!

タワシさんにバトル曲って確かにイメージが全く無いですが、面白そうですね笑
私はちょうどゲーム曲やってる人間なので、まさにバトル曲のレパートリー弾けそうです笑
2017/01/25(Wed) 10:33 | URL  | びこ #-[ 編集]
びこさん>
コメントありがとうございます!

>なにやら楽しそうなオフ会ですね~
なるほど、テーマがある演奏会ってのも楽しそうです!
→はい、年1回のイロモノおふは、なんと、今年で、数えて11回!これだけ続くのも参加者の皆さんがこころから楽しいと思えばこそなんでしょうね。私も過去4回ほど参加しましたが選曲の段階からとっても楽しめました(*^^)v

>タワシさんにバトル曲って確かにイメージが全く無いですが、面白そうですね笑
→アハハ、やっぱりそうですか。でもその中でも、極力テーマに沿った曲を・・・とあれこれ考えたんですよ。

>私はちょうどゲーム曲やってる人間なので、まさにバトル曲のレパートリー弾けそうです笑
→びこさん!今ならちょうど定員に空きがありますよ。(定員になったとしても毎回必ず数名はキャンセルが出るので、今ならほぼ確実に参加できます!)
参加してみませんか?
ご希望ならメールフォーム経由または鍵コメで、私まで連絡くださいね。
参加するといっきょにピアノ仲間も増え、世界が広がりますよ~♪
2017/01/27(Fri) 11:03 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック