{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。
背伸びチャレンジ中!シューベルト・ソナタD959~第3楽章
2017年01月27日 (金) | 編集 |
基本的に、ピアノの王道路線にはこだわらず、「身の丈にあった曲」をどこからか(?)見つけて楽しむのがモットーのタワシですが・・・そうは言っても実力不相応の曲にもたまにはこっそりチャレンジします!(ブログに書いたらこっそりじゃなくなっちゃうか・笑)

今はシューベルトのピアノソナタ・イ長調D959の第3楽章スケルツォをマジ練習中!
今日で練習3日目ですが うう・・・ムズいです~(涙)
「練習3日目の実況録音」もありません。 とてもじゃないが そんな段階ではないので・・・

プロの演奏を、手持ちの音源の他に、YOUTUBEでいくつか聴きましたが、非常に速いテンポで疾走する演奏が多い中、ソコロフのこの演奏(第三楽章スケルツォは26分05秒あたりから)は、「もしかして頑張ればこの程度のテンポでは弾けるようになるかも?」という淡い希望を抱かせてくれる遅めのテンポで、一つ一つの音の粒がクリアに聞き取れるので参考音源としても申し分ありません。生き生きと躍動感のあるリズム、多彩で美しい音色・・・目指したいですね♡


Sokolov - Schubert Sonata D.959.wmv

追記
・記事書いてる途中に寝落ちしました、なので今日は練習4日めです。
・タワシは本当はD959では、第4楽章ロンドが一番好きです。シューベルトのピアノ中でも一番といってもいいくらいかな。ただあまりに長くてトライする気力もありませんので聴き専門です。最初の数小節~主題の提示部分~だけは音を出してみたことありますが。
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
こんにちは(・▽・)
わぁ!!
これ 好きな曲です(☆▽☆)
素敵ですよねぇ♪
2月には聴けるのかな? 楽しみです(>▽<)

私はいつも背伸びしすぎた曲にトライしてますが
曲の一番お気に入りな部分は素敵に弾きたいなぁ
って 練習してます(^▽^;)


それでは また~

あ 腰!! お大事にです!!!
2017/01/27(Fri) 10:03 | URL  | いもコン #-[ 編集]
タワシさんお久しぶりです^^
私も最近シューベルトソナタにハマり楽譜を購入したものの、あまりの長さに・・・・・( ̄▽ ̄;)
あまり練習時間も取れないので、たまに好きな部分だけ弾いて楽しんでいます。
959の3楽章もいいですよね~♬

シューイチのドイツ舞曲、ショパンのポロネーズも聴かせてもらいました♪
どちらも可愛らしくて楽しい曲^^
曲の紹介もいつも楽しみにしています。
良い曲、たくさんありますね~(#^.^#)
2017/01/30(Mon) 10:15 | URL  | amy #-[ 編集]
いもコンさん>
こんにちは~♪

これ好きな曲ですか?確かにいもコンさんのイメージに合ってそうですヽ(*´∀`)ノ
2月にはもしかしたら、(ひどい状態のまま)ミニレッスンに持っていくかもしれません。ただ,イロモノの曲も見てもらわなくてはならないですから、あくまでも、時間が余れば、ですけど~

>私はいつも背伸びしすぎた曲にトライしてますが
曲の一番お気に入りな部分は素敵に弾きたいなぁ
って 練習してます(^▽^;)
いもコンさんは、難曲もバリバリ弾けるだけの実力あるからいいじゃないですか。
お気に入りの部分!あ=わかります。私は「萌えポイント」と呼んでいます(笑)
2017/01/30(Mon) 10:53 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
amyさん>
amyさんこんにちは(^0^)
久々にコメント頂きとても嬉しかったです♥なのにお返事遅くなってしまって、ごめんなさいね~

シューベルトの曲ってしばしば、とんでもなく長いのがありますよね。
質量ともに優秀なメロディーメーカーの彼らしく、素材は本当にいいのですが。
しかも、これはさすがにそろそろ終わりそうな雰囲気、と思ったらまたしつこく続く!(笑)というパターンが多い・・
これはもう、割り切って、好きな部分だけ弾いて楽しむのがいいかもしれませんね。

シューイチも聴いてくださって感謝です(´∀`*)
ほとんどが、ほんとに可愛くてささやかな曲たちばかりですが、こうやった温かいコメントをいただくと、続ける励みになります!!
今年もできる限り続けていこうと思いますので 引き続き応援よろしくですm(_)m
2017/02/03(Fri) 10:15 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック