バトルおふエントリー曲(「ゴイェスカス間奏曲」)は、♭との闘い! 

3月4日の「ピアノバトルおふ」まで、ひと月あまり。前回の記事http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1377.htmlの最後に一言ぼそっと「本番までに間に合うのかな~」とつぶやいたタワシですが、いや、マジでやばいですよ。

昨夜オショーズのSさんに楽譜を見てもらったところ、な、なんと
「弾いてみたけどめっさ難しいですよこれ(瀧汗)」
と言われ、青ざめております。
2月に一度レッスンしてもらう予定ですが、果たしてどこまで曲になるのか?

技術的、音楽的に難しい点についてはさておいて(爆)
そもそもこの楽譜、やたらめったら♭が多いの!!
こんな感じです。
(←Click!)
この部分が特に多いというわけじゃなく全5ページ全体を通して♭の嵐です。
なぜこんなに♭だらけかというと実際の調と調号があってないためです。
画像のとおり譜面上は調号無しなのですが、実際にはハ長調もしくはイ短調になる場面すら全くなく、曲は変ホ長調とその同主調である変ホ短調を中心に推移していきます。
調性感が希薄で臨時記号だらけになるのなら 調号無しで記譜するのもまだわかりますが、これはそんな曲じゃないし・・・
Sさんがひとこと、
「グラナドスの記譜はおかしいデス。」
と斬り捨てたのでスッキリしました(笑)
まあそんなわけで山のような♭と闘ってます。
エントリー時のコメント(選曲理由)に 「♭との闘い!」と書いてもよかったかな(^_^;)

この曲は、名チェリスト・カサドの編曲による、チェロ&ピアノバージョンで弾かれることも多いです。

Granados "Goyescas" Intermezzo

Comments

ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
なんですか!この楽譜は・・・
わたしなら、なんじゃいこりゃーー!!!(ノ`Д´)ノと最初の2小節ぐらいで楽譜を放り投げそうです(笑)
タワシさん、すごいな~~
しかも難しそうではないですかっ・・・
ドラマティックで面白い曲ですね。
当日を楽しみにしています~~^^

た、確かにこの記譜はおかしいですね(笑)。
素直に変ホ長調/変ホ短調で書いてくれればいいのに・・・

楽譜は奏者が読みやすいように書いてほしいですね!
ぷんすか

>ねこぴあのさん

ほんとにね~
>ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
↑まさにこの顔文字そのまんまです!
本番まであとひと月切っているのに未だに譜読み状態でトホホな私です。
当日は・・・謙遜抜きに耳栓推奨ですよ(;´Д`)
この楽譜は最初の部分ではありませんが。。。ここは確実に難所の一つです。絶対にここの途中で止まります。

もしかしたら今度の日曜のれんしうかいのミニレッスンで、S師匠からレフェリーストップがかかって曲変更になるかも。
でもそうしたらそれはそれで、いまさらテーマに沿って弾ける曲がありません(TдT)

やぢまさん>

ね?おかしいでしょ?この記譜。
変ホ長調で書いて何の都合の悪いことがあるのだろうか?一生懸命考えましたがわかりませんでした。←無駄に時間を費やした(^^;

あまりにも見づらいので、その後チェロ&ピアノ用の楽譜を入手したので、時々こっちを見ながら弾いてます。
チェロパートはへ音記号、ハ音記号、ト音記号が入り乱れてますので、頭の切り替えが必要かもしれませんが、メロディーはもうアタマに入っているのでなんとか大丈夫です。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1381-6f5a4bc6