ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音> ひわ(イタリア民謡・ナポリ地方) 

ウェールズ民謡シリーズはさすがに3回連続で一旦休止しますが、世界の民謡シリーズはさらに続きます!
今回はイタリア・ナポリ地方の民謡(純粋な民謡というよりは、民謡風の歌曲といったほうがよいかも)で「ひわ」という曲をお届けします。

「ヒワ」とは、事典によれば
スズメ目アトリ科などの種子食で,嘴の太くがっしりした小鳥の総称
だそうです。
とりわけゴシキヒワは、容姿も、さえずる声も美しいことから愛玩用としてももてはやされてきました。ヴィヴァルディのフルートコンチェルトにも「ゴシキヒワ」という曲がありますね。

さてこの曲の歌詞ですが、
一人の乙女に恋焦がれる男が、自分の手元で飼い慣らしたヒワを、「恋のメッセンジャー」として彼女のもとに送り込もうと妄想(?)する内容です。
「もし彼女が眠っていたら天使と見間違うな、彼女の眠りを覚まさないように羽ばたきも控えよ。
窓辺の彼女を、バラと見間違えて嘴でつつくな。
もしも彼女がお前に(ひわ)くちづけするなら、私はお前に変身して喜びのうちに死にたい。」
などと、ひわに託した男の思いはエスカレートします。
とりわけ、「もしも彼女に恋人があるなら、密かに隠し持った刃でその胸を突き刺し、その血を持ち帰れ」というくだりには、さすがに、あまりの激しさにドキッとしました。
もし全くの片思いだったラ、完全にストーカー以外の何者でもないですよ、これは(笑)

そんな情熱的な歌詞を持つこの曲ですが、結構有名な曲らしく、YouTubeでもいろんな演奏がありました。
スローテンポでねっとりと歌っている動画もありましたね。
今回タワシは楽譜のAllegretto con brio という指示に従い、わりと速めなテンポで生き生きと弾くようにしてみました。
自分もそのほうが弾きやすかったので。
間奏と後奏は、軽やかなスタッカートと装飾音で、ヒワのさえずりをなかなかうまく表現していると思います。

本番(イロモノおふ)直前の2日間で、足りな過ぎる練習で強行にアップしたので、何とぞ寛大な心で聴いてやってくださいませm(_)m
それではどうぞ~♪
[広告] VPS


http://blog-imgs-121.fc2.com/w/a/t/watashiwatawashi/110210_007.mp3
↑動画が視聴できない方はこちら(MP3ファイル)
( 2017/03/04 06:51 ) Category 今週の録音 | TB(0) | CM(8)
すっごくイタリアっぽい曲ですね。
この曲、ここ最近のシューイチ曲で一番好きです。

演奏も表現の幅が広く、力を存分に発揮されてると思いました。
民謡シリーズ、良いですね( # ´Д`)
[ 2017/03/04 20:11 ] [ 編集 ]
ここのところ、シューイチでは世界民謡シリーズが続いてますが、気に入っていただけて嬉しいです。
この曲はこの楽譜で初めて知りましたが、弾いていても楽しかったですね(特に間奏・後奏の部分)

イタリアはさすがに歌の曲です!民謡も、美しい旋律を、情感たっぷりに歌い上げるものが多いですよね。
イタリア民謡といえば誰でも知っている超有名曲も多いですが、まだまだ知られていない曲もあり、今後ともこのコーナーで紹介していきたいと思ってます♪
[ 2017/03/06 08:28 ] [ 編集 ]
シンプルそうに見える曲ですが、タワシさんの演奏も相まって情感美しい曲ですね!
長く歌い継がれてるだけあって馴染みやすいメロディが良いですね(・∀・)
[ 2017/03/06 13:27 ] [ 編集 ]
いつも聴いてくださってありがとうございます♪

シンプルそうに見える、というより実際にシンプルな曲ですよ~ びこさんも初見で楽勝ではないでしょうか?
それにしても、イタリア民族って、やはり伝統的に歌心のとっても豊かな人たちなのですね。うらやましいです。
気持ちの高鳴りをごく自然に音に乗っけていくという感じで、弾いて(歌って)いても心地よいのですv
[ 2017/03/08 10:36 ] [ 編集 ]
初めまして。
高校の音楽で習った曲でとても懐かしいです。アップして下さりありがとうございます。
ユーチューブで随分探してみましたが見つかりませんでした。
唄っているのを聞きたいのですが ご存知でしょうか。
[ 2017/12/29 13:30 ] [ 編集 ]
初めまして!訪問して下さり感謝します。
ずいぶん前の記事にコメントいただいて、嬉しくもあり、少々びっくりもしましたが、「ナポリ民謡 ひわ」で検索して、こちらにたどり着かれたのでしょうか?

日本ではかなりマイナーな存在の曲だと思ってましたので、高校の音楽の授業で習われたとは驚きです!教科書に載っていたのでしょうか?
>ユーチューブで随分探してみましたが見つかりませんでした。
唄っているのを聞きたいのですが ご存知でしょうか。
⇨この曲の原題は Lu Cardillo と言います。「Lu Cardillo」 と、YouTubeの検索窓に入れて検索すると、いろいろとヒットすると思います。
https://www.youtube.com/results?search_query=lu+cardillo
日本語で歌っている動画は、残念ながらちょっと見たところないようですが・・・
[ 2017/12/30 10:55 ] [ 編集 ]
ここに載せられている動画に
La Cardillo とあるので検索してみましたがわかりませんでしたが
Cardillo はひわに間違いないので
Lu Cardillo で検索してビンゴ !
沢山出て来ました。
ずっと探していましたので感謝感激。ついでに楽譜までゲット出来ルンルンです。ありがとうございました。
[ 2017/12/30 13:15 ] [ 編集 ]
なんと!私が動画編集するときにLaとLuを間違えたんですね。そのせいで無駄なお手間をとらせてしまい かえってすみませんでした。多忙なのが一段階したら修正しておきます。
でも無事に動画と楽譜にたどりつけたようでよかったです。
こんなショボいブログですが、ご縁がありましたらまた遊びに来て下さいね!また楽譜が見たいときなど、お気軽に声をかけて下さいませ☆
[ 2017/12/31 10:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア