プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

DATE: CATEGORY:World music
2月11日のシューイチ録音 http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1385.html でとりあげたウェールズ民謡のTROS Y GARREG (石踏み越えて) ですが、
YouTubeで検索してみたところ、さまざまなアレンジ、さまざまな演奏の動画が見つかりました。
その中からいくつか紹介したいと思います。

まずはウェールズ語による歌唱バージョン。

歌詞の逐語訳も表示されてます。
タワシの弾いた楽譜とは節回しなど多少異なる点もありますし、歌詞に(タワシの楽譜の訳詞には出てこない)[母]が登場したりしますが、「夏」や「弾む心」などのキーワードは共通で、ざっくりいうと「短調ながら明るい曲」となっています。

次に、ギターソロバージョン。

Gerard Cousins というギタリストが編曲、演奏してます。
アレンジは、リョベートによる一連のカタルーニャ民謡の編曲を彷彿とさせる美しいものですけれど、曲の雰囲気は↑の歌唱バージョンやタワシの演奏とはまったく異なり、スローテンポで哀愁に満ちてますね。
演奏者は、この曲を「戦争を終えて帰還する兵士の歌」だとしています。そして、兵士が抱いたであろう複雑な感情~無事に帰還できる喜びと、戦死した多くの同胞を痛む気持ち、そして、未来への希望と過去の忌まわしい記憶が入り混じった~を、このアレンジで表現しようしたそうです。
確かにそんなコメントにふさわしい演奏だと思いますが、
これって、もしかして別の歌詞があるんでしょうか?「ロンドンデリーエアー(ダニーボーイ)」や「グリーンスリーヴス」もそうですから、だとしても珍しいことではないですが。

そして2台ハープバージョン。

ハープの華麗なテクニックを生かした、ゴージャスなアレンジです。アンコール・ピースとして演奏効果抜群ですね!
アレンジャーと思われるJohn Thomasですが、ありふれた名前だけにWikiで検索すると同姓同名の人がずらり。
https://en.wikipedia.org/wiki/John_Thomas
ま、ここはほぼ確実に
https://en.wikipedia.org/wiki/John_Thomas_(harpist)
この人のことだと思いますけど。生没年からしても作風に合っていますしね。

以上3つのバージョンを紹介しましたが、YouTubeには他にもさまざまな動画がありました。ほんとに便利な時代になったものです。
Comment

全然ちがう~(+o+)

ありがとうございます。

いろいろあるんですね。
こんなに雰囲気が変わる演奏は驚きでした。タワシさんもよく見つけていらっしゃいましたね。

歌は民族調?(^-^;で、ギターはおっしゃるように哀愁のある感じ、ハープって珍しいですよね…ちょっと明るさが加わった…ポジティブさを感じる演奏ですね。

さて、タワシさんのをもう一度聴いてこなきゃ(#^^#)

金魚さん>

>いろいろあるんですね。
こんなに雰囲気が変わる演奏は驚きでした。
→アレンジと演奏によってこんなにも変わるのか、と驚いたので記事にしてみましたが、金魚さんにもその差を実感していただけたようですね~

>タワシさんもよく見つけていらっしゃいましたね。
→YouTubeで曲のタイトルを検索窓に入れるだけでいろいろ出てきました。楽なもんですよ(笑)

ピアノ曲の王道から思いっきり外れてこんな曲ばっかり弾いてたりしますが、それなりに楽しく充実しておりますよ、私のピアノライフ♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © ようこそ!タワシワールドへ♪ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ