<今週の録音>びわ(まど・みちお&磯部 俶)

最近ずっとお疲れモード継続中のタワシです。特にからだのあちこちが筋肉痛で、ピアノ長い時間向かう気力がありません。
せっかく、練習会に参加してモチベーションは確実にあがったはずなのに~

というわけで、練習ほとんどしなくても ほぼ初見でサクッと弾ける曲はないかなあと思案した結果・・・
今回はひさびさに、童謡なんぞ弾いてみました。
(あ、今回の録音が初見というわけではまったくないです!念のため)
タワシと童謡ってちょっとイメージがわかないかもしれませんが・・・なにぶん雑食性なので。
過去の記録をたどってみたら、第4回おんそうず(現・ばんちゃん会)(2012年11月)では、「秋の唱歌・童謡メドレー」なるものを演奏してました。たぶんこのときは、一気に6,7曲は弾いたはずです。

今回は「伴奏つき・子供の歌」(のばら社)という楽譜(本)から、「びわ」という曲を選びました。
作詞は(といってもピアノソロなんですけど~・・・心の中ではしっかりと、歌ってるので!笑)100歳になっても創作活動を続け、2014年に104歳で天寿を全うした、詩人のまど・みちお
作曲は 合唱指揮者、指導者としても有名だった、作曲家の 磯部 俶 (いそべ とし)です。

曲は、歌詞にふさわしく優しく穏やかで子守唄のようでもあります。
そのいっぽうで、童謡にしては、ずいぶん大胆な和声を使い、はっとさせられる箇所もあります。
それでは、どうぞ~♪

[広告] VPS


びわ(まど・みちお&磯部 俶)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

*コメント

すご~い、タワシさん。
びわなんて、まさにタイムリーですね!

お身体、大変そうですね。
それでも続けようという姿勢はさすがです(*^^*)
くれぐれもお怪我のないように気を付けてくださいね。

ぞうさん、やぎさん、ばっかりじゃないのね

ぞうさん、やぎさん、ばっかりじゃないのですね。

昔、人から聞いた話ですが、童謡だと音楽の印税生活ができるんだそうです。
「さっちゃん」は当時300万円/年、「ぞうさん」は、それ以上。
下世話なお話ですみません。

リクエスト、よろしいでしょうか?

以前、さりげなく触れていらした「こきりこ節」をリクエストしたいのですが。

こういった日本的メロディーがどう伴奏されるのか興味があります。

ドビュッシー的に、もわっとした柔らかいクラスターを使うのか
ラベル的に鋭い不協和音(短2度、長7度)でクールにゆくのか
それとも「君が代」方式なんでしょうか?

びわはやさしい

うわー、懐かしい。びわの葉や実を見るたびに、小学校低学年の音楽の時間に習ったこの曲が頭に浮かぶんです。ありがとうございました!

こんばんは(^O^)v
びわっていう名前の曲があるんですね~
自身、初めて知りました(^_^;)
最初のフレーズが一瞬、こいのぼりの歌の「屋根より高い~」って
聞こえてしまったのは自身だけでしょうか・・・
ほのぼのとした感じをうまくピアノで表現していますね~♪
そうそう、自身のブログまた更新しました!
今回はヘンデルの調子の良い鍛治屋をチェンバロとピアノのミックス音で
弾いてみました!時間の有る時に聴いてくださいね~♪
http://kunichan0129.blog.fc2.com/

やわらかくて自然な包み込むような感じに弾いておられて、初めて聴く曲だけれど、親しめる曲と感じました。
童謡もあっておられますね!素晴らしい雑食だと思います!

金魚さん>

>すご~い、タワシさん。
びわなんて、まさにタイムリーですね!
→タイムリー、ですか!まったくそんな意識はありませんでしたが、ググってみたら
「枇杷」及び「枇杷の実」は仲夏(芒種〔6月6日頃〕から小暑の前日〔7月6日頃〕まで)の季語
とありました(ウィキペディア)。今日から6月だからホンのちょっと先取り?でもいいタイミングですね。

>くれぐれもお怪我のないように気を付けてくださいね。
ありがとう~ そういえばブロともさんの間で怪我の連鎖が続いたときがありましたよね。
本番もそろそろ近づいてきましたので怪我には注意しま~す!

PK(ぴあのけものみち)さん>

やはり、PKさんとはぴあのけものみちさんのことでしたか!笑

>昔、人から聞いた話ですが、童謡だと音楽の印税生活ができるんだそうです。
「さっちゃん」は当時300万円/年、「ぞうさん」は、それ以上。
下世話なお話ですみません。
→へえ、そんなことがあるのですね!
それだけ多くの人に愛され、歌われている証拠ですよね。
私も「さっちゃん」や「ぞうさん」には幼いころにレコードつきの絵本で親しんでました。

>以前、さりげなく触れていらした「こきりこ節」をリクエストしたいのですが。
だいぶ前にYOUTUBEにアップした動画があります。
https://youtu.be/M0iAwd3CX_o
三枝成章さんの編曲を さらに私がピアノソロ用に編曲したものです。
このまえの練習会では即興演奏といってましたが、やっぱり記憶が残っているのか、このアレンジに結構似たものになっていたようです。

クレモナ親父さん>

>うわー、懐かしい。びわの葉や実を見るたびに、小学校低学年の音楽の時間に習ったこの曲が頭に浮かぶんです。ありがとうございました!
→こちらこそ、聴いてくださってありがとうございます。

そうだったんですか!学校の音楽の時間に・・・。
私の使った教科書には載っていなかったです。
学校の音楽で習った曲懐かしいですよね。当時の教科書とっておけばよかったなあ。音楽だけでも(笑)

そういえば、日本のびわの生産量はかなり減ってきているようです。実際、今は昔より食べなくなりましたよね。

国ちゃんさん>

おはようございます~

>びわっていう名前の曲があるんですね~
自身、初めて知りました(^_^;)
→クレモナ親父さんの情報によれば、以前小学校の音楽の教科書にも取り上げられていたそうだから、かつてはかなり親しまれた存在だったのかもしれませんね。

>最初のフレーズが一瞬、こいのぼりの歌の「屋根より高い~」って
聞こえてしまったのは自身だけでしょうか・・・
→なるほど!いわれてみれば・・・
たしかに、冒頭部分、「ミレドーレミ」まで同じですね。

>そうそう、自身のブログまた更新しました!
今回はヘンデルの調子の良い鍛治屋をチェンバロとピアノのミックス音で
弾いてみました!時間の有る時に聴いてくださいね~♪
→おお、最近いいペースで更新されてますね!
調子のよい鍛冶屋 変奏曲の名曲ですよね♪
この曲小学校のときからよく聴いてます~(当時LPレコードでした)

ゆきなぎさん>

コメントありがとうございます。お返事遅くなり、すみません。

>やわらかくて自然な包み込むような感じに弾いておられて、初めて聴く曲だけれど、親しめる曲と感じました。
→ゆきなぎさんもこの曲は初めてですか?
わたし的には、この曲は子守唄のイメージなので、「やわらかくて自然な包み込むような感字」を共有できていたのなら嬉しく思います。

>童謡もあっておられますね!素晴らしい雑食だと思います!
→雑食は楽しいです。「VIVA!雑食」です。
童謡や唱歌も、これからますます弾きたいし、ここでも紹介していきたいと思っています。楽しみにしててくださいね~
非公開コメント

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*フリーエリア
        
*ただいま練習中!
<6月11日> ♪詩人の魂(トレネ) ♪マリウ、愛の言葉を(ビクシオ) ♪ダイアモンドの雨(ワルトトイフェル) ♪Let us Serve Him(Don Besig)(聖歌隊の伴奏)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*リンク
        
*カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*amazon
        
*楽天市場