今回は回避できるか?「譜めくり問題」

来週末の本番に向けて、楽譜の準備(コピー&貼り合わせ)をしているという、ピアともさんのつぶやきを某所で読みました。
タワシもそろそろとりかからないとなあ。
といっても実はこれまでそうやって楽譜を作って本番に臨んだ経験はほとんどなく、<本の楽譜>または、<コピーやプリントアウトした楽譜が入ったクリアファイル>をそのまま持ってステージに上がることがほとんど。はい、単に面倒くさがりなだけです(汗)

譜めくりについては過去にこんな記事を書いてました。

譜めくりが下手すぎて暗譜?

このときから事情はなんら変わっておりません。譜めくりの練習なんてしないし、練習したとしてもさして上達しそうもないので、このまま一生譜めくりは下手くそなんだろうと思います。

幸いにも、今回の発表会に関してはあまり譜めくりは問題にならずに済みそうです。
メインの2曲がクラシックではないし(シャンソンとカンツォーネ)、企画コーナーのワルトトイフェルのワルツも、そもそもがオケの曲で、しかも勝手に音を足したり減らしたり、勝手に端折ったりしているという状態ですから。
一応気休めに、楽譜は置いておこうかな。
ただ当日、譜面台を倒したほうがピアノの音がよほどいいようなら、暗譜で弾くことも考えてます。

しかし・・・今回は回避できそうとはいえ、なんでこんなにも譜めくり下手なのか?
運動神経の問題?それとも不器用だから?
いつも譜めくりの必要のないような短い曲ばっかり弾いているから?

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

譜めくり

Youtube見ていても、リサイタルならいざ知らず、譜めくり担当の方が付いていらっしゃる場面を見かけます。
プロだってそんなもんでしょ。
気にしない気にしない。

No title

私も譜めくりは全然うまくなりません(^^;
最近は頭の方も鈍くなってきたので、ますますいけません。

これからはどんどん楽譜を見るのが辛くなりそうなので、そろそろ暗譜に専念したほうがいいのかな…などと考えてみたりします。が、これもまた険しい道で…。何とかならないんでしょうかね(;^ω^)

運動神経も器用さも関係ないと思いまーす。
(私は運動神経"だけは"自信ありますがダメですから^m^)

こんにちは

私は楽譜があまりよく読めないので、一通り弾けるようになる頃には暗譜してしまっています。まぁ、バイオリンは基本単音なので、ピアノほど音数もないし暗譜は易しいのかも知れません。

噂では、最近はiPadとかに楽譜を表示させて簡単にめくる(タッチするとか、足でペダル踏むとかかな)とかできるみたいですよ。

絵巻物

コピーして横に貼り付け、超横長の譜面(絵巻物)にしてます。

暗譜できないと思ってたら、覚えられるけれど思い出すのに時間がかかる!と判明。

視力の問題(メガネではだめ)で何が書いてあるのかわかるまで時間がかかる。

この二つが演奏速度の限界を決めてます。

「何を弾けばいいの?」と指が待ってます。

No title

こんにちは。

これ、切実な問題ですよね(*_*;
私は暗譜できない派なので、譜めくりに命をかける(大袈裟)と思います(笑)

クリアファイルは、めくりやすいものとそうでないものの差がかなり大きいみたいですね。
冊子の楽譜でしたら、譜めくりしやすいページレイアウトのを選ぶか、全体を暗譜するよりはマシと思って、ページを跨る部分だけ覚えるとか…?

過去記事を読ませていただいて、「弁慶の勧進帳」で、笑ってはいけないと思いつつ、「いや、せっかく記事にされてるのだから、そこは笑うべきポイントなのかも」と思い直して、やっぱりツボにはまってしまいました(^^;

こんばんは~♬

なかなか興味深い記事ですね♬(過去記事も読みました)、で、私も考えてみました。
譜めくりは、私はどうせそんなに長い曲を弾けないし、せいぜいコピーして横に貼りつけて全面横長状態で弾いたりしますが、
別楽器の発表会も毎年でていましたが、その伴奏ピアニストの先生。
他の生徒さんの長い曲にもきちんと対応し、本当に譜めくりがお上手で、すごいスピードで一瞬のうちにさっとめくって、譜面紙の乱れもなく、驚くべき完璧さでした。ある意味神業です~。(後ろでめくる人はいない)
やっぱりプロの方は慣れているんですかね?

でも、もし私だったらプロのピアニストの方の後ろに控えて譜面をめくるお役の方!そちらの方が恐ろしいような・・・。
もし間違えたらどうしよう~。繰り返しとか?大事なところ間違えてめくったら? 譜面、今どこ弾いてるかわかんなくなっちゃったら?
めくるときに譜面を鍵盤に落としたりガタンとやったらどうしよう?
そう思ったら、前の晩から寝られないかもです・・・(笑)
ピアノは趣味として、失敗してもいいから?のんびり自分でめくった方が気が楽かもですね(笑)

MKさん>

久々のコメント、ありがとうございます!

>Youtube見ていても、リサイタルならいざ知らず、譜めくり担当の方が付いていらっしゃる場面を見かけます。
→そうですね。結構名の知れたピアニストにも、リサイタルでも堂々と踏めくりをつけている人もいますね。

>プロだってそんなもんでしょ。
気にしない気にしない。
→譜めくり、快く引き受けてもらえる環境なので、暗譜できなければ潔く頼むのも悪くないと思ってます。
ただ私の場合、選曲の難易度がレベル的にはかなり低いので、この程度の曲なら暗譜できてしかるべき、って思われるんじゃ?などか考えてしまうこともありますが・・・汗

金魚さん>

>私も譜めくりは全然うまくなりません(^^;
最近は頭の方も鈍くなってきたので、ますますいけません。
→あら・・・そうですか・・・。
金魚さんのようにガッツリ練習していても?
ピアノの演奏と一緒で,やみくもに反復すればできるようになるというものではなく、コツがあるんでしょうかねえ??

>これからはどんどん楽譜を見るのが辛くなりそうなので、そろそろ暗譜に専念したほうがいいのかな…などと考えてみたりします。が、これもまた険しい道で…。何とかならないんでしょうかね(;^ω^)
→本格的なソナタなど質量ともにたっぷりな大曲、それに臨時記号満ち溢れる印象派の曲など、わたしから見たらよくもあんなの暗譜できるなあと、ひたすら賛嘆してるのですが、金魚さんもその道を歩むのですね!スゴイ!
たやすい道じゃないでしょうが、金魚さんならきっとできると思います。ガンバ!

>運動神経も器用さも関係ないと思いまーす。
(私は運動神経"だけは"自信ありますがダメですから^m^)
→ふむ・・・
そういえば 筋金入りの運動音痴(自称なのでどこまでホントにそうなのかは不明ですが)なのに譜めくりはやたらすばやくて上手い人を知ってます。
やっぱり関係ないのか・・・そうするといっそう「譜めくり=特殊能力」に思えてくるんですけど。笑

クレモナ親父さん>

>私は楽譜があまりよく読めないので、一通り弾けるようになる頃には暗譜してしまっています。
→そうなのですか!ではきっと、耳からおぼえるタイプの人なんでしょうね。
実は私も、基本的にはそうなのです。
といっても、耳コピがめちゃ得意なわけではないのですが。

>まぁ、バイオリンは基本単音なので、ピアノほど音数もないし暗譜は易しいのかも知れません。
→それは確かにあるでしょうね。私の友達にもヴァイオリンやる人やフルートやる人がいますが、楽譜は1段譜で、情報量はピアノに比べたら少ないです。これだったら私でも楽に暗譜できそう、と思ったりします。
ピアノ特に上級者用の楽譜は 音数ハンパないですからね~

> 噂では、最近はiPadとかに楽譜を表示させて簡単にめくる(タッチするとか、足でペダル踏むとかかな)とかできるみたいですよ。
→ええ。もうかなり普及しつつあるようですよ。YouTubeなどにそういう動画、たくさんあがっています。
ピアノの発表会で実際にそれやってる人見たこともあります。
私は、やっぱり楽譜と本と新聞は 紙のがいいなあと思いますけど~

いよいよですね~♪

譜めくり 苦手なのでいつも横長に貼り付けてます(>▽<;)
長い曲は縮小コピーして2段にしたり。。。。

今回の曲 暗譜はしているはずですが
とても間違えやすいのでコピー譜を譜面台に乗っけると思います~(=▽=)
止まらずに弾ければ大成功!!と思って頑張ります(〇▽〇)うへへへ

シューイチ
聞かせていただきました♪
びわの曲もイタリア民謡も今の季節にピッタリで和みました~
イタリアの曲・・・・彼女は捨てられちゃったのでしょうねぇ
内容は暗いのに明るい曲調なのがイタリア~って感じでいいですね(^▽^)

それでは また来週~
↑なんだかサ〇エさんみたい♪いひひ

ぴあのけものみちさん>

>コピーして横に貼り付け、超横長の譜面(絵巻物)にしてます。
→絵巻物!上手い表現ですね!
よくわかります。実際にやっている人も見たことがあります。
譜面台に何とか載る長さだったらいいのですが、それでも端のほうは見にくそうですね~

>暗譜できないと思ってたら、覚えられるけれど思い出すのに時間がかかる!と判明。
視力の問題(メガネではだめ)で何が書いてあるのかわかるまで時間がかかる。 この二つが演奏速度の限界を決めてます。
→メガネではだめ、な視力問題とは?コンタクトでもやはりだめですか?
ちなみにわたしは小学校の低学年からずっとネガネっ子でした。
コンタクトは一度だけトライしたけど目が痛すぎて無理でした・・・

>「何を弾けばいいの?」と指が待ってます。
→分かるような気もしますが、わたしはそんな状況になったら、何でもいいから捏造しちゃいます!
クラシックではさすがにまずいですよね~汗

Nekoushiさん>

こんばんは~♪
今回の記事 なかなかの反響です。
やはり、皆さんの関心が高いのですね。苦手な方も結構いらっしゃるということかしら?

>クリアファイルは、めくりやすいものとそうでないものの差がかなり大きいみたいですね。
→そうなんですか!
日ごろは100均の安物で事足りていますが、めくりやすいファイルがあるなら多少お値段が張っても、本番用に一冊持っていたいものです。
具体的なメーカー・品番など、もし情報があれば切実に求めます!

>冊子の楽譜でしたら、譜めくりしやすいページレイアウトのを選ぶか、全体を暗譜するよりはマシと思って、ページを跨る部分だけ覚えるとか…?
→譜めくりに都合がよくても見にくい楽譜(版)もあるでしょうし、そもそも版は先生の指定とか自分の好みとかあるので、踏めくりを基準に版を選ぶのはちょっとむずかしいかな~
「ページをまたぐ部分を覚える」のほうが実際的ですね。次のページのめくりやすいポイントはあらかじめ目をつけておき、そこまでは根性で覚えるってことですね(笑)

>過去記事を読ませていただいて、「弁慶の勧進帳」で、笑ってはいけないと思いつつ、「いや、せっかく記事にされてるのだから、そこは笑うべきポイントなのかも」と思い直して、やっぱりツボにはまってしまいました(^^;
→あ、どうぞどうぞ、笑ってやってください。
笑っていただいたら喜びます。
はい、そこ、笑うポイントですから!

ちこpiaさん>

過去記事ともども読んでくださりありがとうございました!

>コピーして横に貼りつけて全面横長状態で弾いたりしますが、
前面横長ということは 巻物スタイルですね(笑)

>伴奏ピアニストの先生。
他の生徒さんの長い曲にもきちんと対応し、本当に譜めくりがお上手で、すごいスピードで一瞬のうちにさっとめくって、譜面紙の乱れもなく、驚くべき完璧さでした。ある意味神業です~。
→プロの技ですね~!尊敬します。
スピードもさることながら、譜面紙の乱れがない、ってのがすごいなあ。
わたしはめくったあとがすごく汚くなってしまいます。

>もし私だったらプロのピアニストの方の後ろに控えて譜面をめくるお役の方!そちらの方が恐ろしいような・・・。
→踏めくリスト、緊張しますよね!
特に近現代の曲などは、ちょっと気を抜くと今どこにいるのか見失いそうで怖すぎます。
親しいお友達の譜めくりくらいはしたことありますが(発表会ではなく、せいぜいオフ会程度)ページがひっついてめくりにくくて、大いにもたついたことがありました。ほとんど暗譜できてたようで、何事もなく弾きつづけてくれて助かりましたが・・・

クリアファイル

こんにちは。

私が使っているクリアファイルで、捲りやすくて気に入っているのは、

KING JIMの「Simplease SIMPLE FILE SERIES CLEAR FILE 20 」

です。「20」は20枚の意味だと思います。10とか40もあったような記憶があります。
表面があんまりツルツルしていなくて、素材が少し厚めなので、素直に捲れてくれるようです。

いもコンさん>

いもコンさんは、2週続けての本番ですね。まずは昨日のばんちゃん会お疲れ様でした!

>譜めくり 苦手なのでいつも横長に貼り付けてます(>▽<;)
長い曲は縮小コピーして2段にしたり。。。。
→やはり譜めくり苦手な中、いろいろ工夫している方が多いですね。
縮小コピーは私も考えました。目が悪いのであまり小さくしすぎると見えなくなっちゃいます(汗)。いろんな倍率で試してみてもいいかな。

>今回の曲 暗譜はしているはずですが
とても間違えやすいのでコピー譜を譜面台に乗っけると思います~(=▽=)
→やはり、暗譜できているとしても、楽譜を置くのってお守り効果ありますよね。 
私も堂々と楽譜のっけると思います、たぶん。 

いつもシューイチ聴いてくださってありがとうデス。
>イタリアの曲・・・・彼女は捨てられちゃったのでしょうねぇ
内容は暗いのに明るい曲調なのがイタリア~って感じでいいですね(^▽^)
→捨てられた・・・そういう解釈もアリですね。
恋人が都会に行き、すっかりそこになじんで変わってしまう(そして、たぶん新しい彼(彼女)もできて・・・)といえば、めっちゃ古い歌ですが「木綿のハンカチーフ」という曲を思い出します。あれも切ない曲調はポップでさわやかでしたね~

ではでは、次の日曜に元気でお会いしましょう♪

Nekoushiさん>

早々と情報寄せてくださってありがとうございます。
参考にさせていただきます!

>表面があんまりツルツルしていなくて、素材が少し厚めなので、素直に捲れてくれるようです。
→おお、それはよさそうですね。素材の質によっては光の反射で見にくかったり、薄すぎて上手くめくれなったりしますものね。

No title

タワシさん、大変ご無沙汰しています。

私も譜めくり超苦手なので、暗譜です。笑
4ページの曲だったら、とりあえず最初2ページだけ
暗譜して、3~4ページ目を最初から開いてたり)

レッスンの時は、先生用に楽譜を開いてますが
見てるふりして実は全然見てないので(苦笑
適当にめくったら勢い余って本ごとどさっと床に
落としたことがあり、以来先生が譜めくり担当です。

ゆにくあさん>

こちらこそ、長いこと読み逃げが続いていてすみません。
さらに、コメントレスが遅れている間に、ゆにくあさんのブログ、メインテナンスに入ってしまいましたね。(メンテに入る直前の記事は無事読めたので、ブログ閉鎖?と心配せずにすみました)再開、楽しみに待ってますね~

譜めくり苦手だから暗譜って人も結構いますね。
それができるなら一番かもしれません。ゆにくあさんは長くて音の多い曲もいっぱいやっているのに暗譜ですか!マジで尊敬します。

>適当にめくったら勢い余って本ごとどさっと床に
落としたことがあり、以来先生が譜めくり担当です。
→情景が目に浮かびます。
わたしは発表会で譜めくりの表紙に楽譜が客席に飛んでいった経験ありますよ、ペらのコピー譜だったのですが。あれはちょっとしたトラウマになりました
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月17日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪カヴァテーナ(伴奏)(ラフ) ♪詩的なワルツ集より(グラナドス) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場