ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音> 紡ぎ車(ダットン) 

発表会1週間前、それに加えて聖歌隊の伴奏も練習しなくてはならないため、今週のシューイチはバイエルレベルの小品でご容赦願います(;・∀・)

手元にあった全音の「やさしいピアノ小品集」の中から 
Theodora Dutton「The Spinnning Wheel(紡ぎ車)」を弾きました。
作曲者について詳細は不明です。。
名前ですが、セオドラ・ダットンと読むのかな、と思いますが、本によっては「デュットン」と表記してあるものもありました。
迷いましたが、「ダットン」としておきますね。
Theodora Duttonが、Blanche Ray Alden という女性ピアニスト兼作曲家の別名義であるということだけは分かりました。
Melodious Program Etudesという楽譜も出版していることから、教育にも力を入れていたと推定してもいいと思います。
この曲もそういう、初心者の教育を目的とした曲集の中の1曲なのかもしれません。 

しかしバイエルレベルでも、ミスなしで(または極力少なくして)しかもアーティキュレーションも守って音楽的に弾こうとすると、初見でサクッと言うわけにはいかないものですね。
かなり繰り返してさらい、それでも思うように弾けていないです。
いや、ひとえにタワシの能力不足なだけですけど。 

糸紡ぎを題材にしたピアノ曲は、メンデルスゾーンの無言歌にあるものが有名でしょうか。
小さいお子様が発表会などでよく弾く、エルメンライヒの「紡ぎ歌」なんてのもありますね。
エルメンライヒ・・・他にどんな曲を書いているのでしょう?まったく知らない・・・

なお、今回の動画の画像は、糸紡ぎの女を描いた17世紀初頭の版画です。
Spinning wheelのWikipedia(英語版)から拾ってきました。
遠近感まるでなしの素朴なタッチが、かえってほのぼのしますよね?笑

それでは、どうぞ~♪
[広告] VPS

紡ぎ車(ダットン)
( 2017/06/10 23:09 ) Category 今週の録音 | TB(0) | CM(2)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/06/12 21:00 ] [ 編集 ]
嬉しいお知らせ、ありがとうございます。
さっそくそちらに伺いますね~

メールチェックしてみましたが、メールフォーム経由のメッセは届いた形跡がないです。
おそらくFC2に登録してあるのが 今使われていないアドレスなのだと思われます。
ただ、今も新着コメントのお知らせなどは問題なく届いてるんですよね。不思議だなあ。
いずれにせよ、カギコメさんには何度もお手間をとらせてすみませんでした。
[ 2017/06/12 22:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア