{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。
またクラシックが弾きたくなったので・・・
2017年06月21日 (水) | 編集 |
前回の記事の最後に、
「発表会の後、タワシにちょっとした変化が起きた」
と書きました。
予告どおり(笑)今日はその変化についてお話します。

変化とは・・・タイトルのとおりです。
3月初旬の「ピアノバトルおふ」での撃沈以来、ほとんどクラシックらしいクラシックは弾かなくなっていた(歌曲や管弦楽曲のお手軽アレンジは別として)タワシでしたが・・・
ねこカフェ発表会が終わってから、心境の変化が・・・!
久々にまたクラシックやってみたいなあという気持ちが起きてきて、定休日の昨日、クラシックをガッツリ練習しました。
特に何かひとつ、クラシックに復帰するきっかけになった演奏があったというわけではないのですが、
最近クラシックから離れてもっぱらポピュラーピアノを弾いているというピアともさんに、「今度はぜひクラシックも聴かせてね」とプッシュしているうちに、自分自身がその気になったというのも、理由のひとつにはありそうです。 

全音のソナタアルバムを引っ張り出してきて、あれこれ音出ししてみました。その中から、本気モードで練習することにしたのはハイドンとモーツァルトのソナタ各1曲。合わせて3時間以上は弾いたでしょうか。
クラシックから離れていたとはいえ、ピアノそのものから遠ざかっていたわけではないので、特に弾きにくさを感じるということはありませんでした。古典派なので譜読みは楽だし、ハイドンのほうは(過去記事を見てみたら)4年ほど前に指に当ててみたことのある曲ですしね。

クラシックもポピュラーも自分にとっては同じくらい大事な存在です。そして自分の中ではクラシックとかポピュラーとか意識していなくて 「音楽してる!」という認識のみがあるんです。
ただ、それでも、楽譜というものへの接し方が両者でかなり違うのは確かです。
クラシックでは、楽譜に書いてある情報を、懸命に汲み取り、忠実に再現すべく努力します。弾けないパッセージがあれば克服できるように練習を重ねます。
ポピュラーは実を言うとコード譜で書いてあるほうがずっとありがたいんですが、クラシックスタイルの2段譜で書いてあったとしても、タワシは捏造するのに何のためらいも感じません。弾きにくい箇所は堂々と弾きやすいタワシアレンジに代えちゃいます。
そんなわけで、ピアノ力向上のためにはやっぱりクラシックも欠かせないかなあと思ったりもします。

次の「本番」がいつになるか未定ですが 次はクラシックを弾こうかなあ~♪
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
No title
こんにちは。
ねこカフェ発表会でいろいろな刺激を受けられた ご様子ですね。
私も 近かったら聴衆として行ってみたいなあーと思って前の記事を読んでました。まあ新幹線ならどうということなく行けますけどね。。。
タワシさん、今度は クラシックも練習される意欲が湧いてこられたようで
ますます楽しみが多くなりますね!
いろいろな方面で頑張ってください 応援してます!
2017/06/21(Wed) 10:24 | URL  | ゆめゆり #-[ 編集]
そんなことだろうと
思ってましたよ(*^^*)

まぁ、「ずーっと同じ」というのはなかなか難しいもので、時には変化を求めるものなのでは?(^^;
私は逆ですけれど(基本クラシックたまに違うもの)、やっぱり気分を変えてみたり、見方を変えてみたりしたくなります。

タワシさんは音楽の知識も豊富なので、ジャンルが違ってもすんなりと入っていけて楽しめるのでしょうね。うらやましいです。
早くタワシさんにレッスンしてもらえる日が来るといいなぁ~。
2017/06/21(Wed) 10:32 | URL  | 金魚 #JalddpaA[ 編集]
先日はお疲れ様でした~
クラシック熱が復活したみたいでよかったです(〃'▽'〃)
ハイドンとモーツァルトを聴ける日を楽しみにしてます♪

今回のピアノは弾きにくかったですよねぇ(;^_^A
ピッチが440ヘルツを切っているうえに調律曲線がグチャグチャだったので
音合わせの方に時間をとられちゃいました(´;ω;`)
マスターがいらしたのがけっこう後の方で整調をいじっていいか許可を取れなかったのも原因なのですが(*_*)
次回もしこんな風だったら整調を重視しておきますねぇ(´θ`llll)
良い勉強になりました!

次はどこで会えるかな?
楽しみに練習しま~す♪
あ、ディアベリの連弾いつかやりましょうね~o(^▽^)o

それではまた~

2017/06/21(Wed) 16:16 | URL  | いもコン #-[ 編集]
どちらも楽しいですよね。
こんにちは!!

ピアのオフ会・楽しまれたようで何よりです。
そして、クラシックをまた弾いてみたい♪気持ちにが復活されたのですね?
あ!!私と一緒だ!!と思い、思わずコメントさせていただいています。

私自身もここしばらくずーっとポピュラーやら映画音楽その他、ざっくりとやってきたのですが、今月の某会合で主役の方やゲストの方々の華麗なるクラシック曲演奏を聴いて、かなり感化されました。
楽譜を読んできちんとその通りに弾く。という作業も一時はあんなにめんどくさくて小難しい作業だったはずなのに、今はそれが新鮮に感じるのでなんだか自分でもおかしな気分です。

もちろん、ポピュラー系など大好き♪なので今後も弾いていきたいですけど、習う曲はそろそろまたクラシック系やろうかな。
今考えているのは、ハイドン系の曲です。(タワシさんには簡単すぎる曲かもしれませんが)
また、すぐ飽きてポピュラーになると思いますが・・・どちらもどちらもやってるとやっぱり楽しいのだとと思います。。

タワシさんのおっしゃる通り、
『クラシックもポピュラーもどちらもとっても大事な存在で、「音楽してる!」って認識あるのみです。』
っていう言葉。とっても素敵ですね。
そして色々な曲にチャレンジできる「ピアノ」が、本当に楽しですね!!
2017/06/22(Thu) 07:31 | URL  | ちこpia #aDz083Q.[ 編集]
先日はありがとうございました。実り多い一日でした!

わぁ、タワシさん、クラシック弾きたくなったんですね(^o^)先日の発表会は、素敵な演奏ばかりでした。第4部はすごすぎて、間近で生演奏が聴けて幸せだぁ…!と思っていました。

先日から、クラシック曲の練習を始めましたが、長い間ポピュラーメインだったため、クラシックの楽譜…やっぱりしんどいです(^_^;

ですが、クラシックとポピュラーにはそれぞれの良さや楽しさを感じています。これからも、どちらも弾くつもりです!

タワシさんのクラシック、聴ける日を楽しみにしています(^^♪
2017/06/22(Thu) 10:13 | URL  | ゆき #-[ 編集]
No title
こんにちは。
タワシさんのクラシックが復活することには、疑いを持っていませんでした。

何か月か前に過去の音源を集中的に聴かせていただいたことがあって、私の中では、タワシさんはハイドンと相性がいいというイメージになっています(*'▽')
音源でハイドンやモーツァルトを聴けますことを楽しみにしてます!
2017/06/23(Fri) 18:22 | URL  | Nekoushi #LMs.iqQA[ 編集]
ゆめゆりさん>
いつも応援ありがとうございます!
もうちょっと近ければ、ぜひぜひ来ていただきたかったです。
特に最後の第4部は、お金払っても聞く価値のある演奏が目白押しでしたよ~

この前は発表会(ピアノバトルおふ)で撃沈してクラシックはもういいや、とマジで思ったのですが、今度は発表会でいい刺激受けて、クラシック復活です!笑
今日もハイドンとモーツァルトのソナタ、練習がんばりましたよ!
ポピュラーも楽しいですが、やっぱりクラシックが音楽の基本だなあと実感することも多々あります。
バランスよく両者を楽しんで行けたらいいと思っています♪
2017/06/24(Sat) 00:09 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
金魚さん>
「そんなことだろうと」というタイトルに笑いました~

>まぁ、「ずーっと同じ」というのはなかなか難しいもので、時には変化を求めるものなのでは?(^^;
→ですね。特に私は、良くも悪くも「雑食性」なのが最大の特徴ですから。
ひとつの曲だけに何ヶ月もかかりっきりというのは絶対無理です市、ジャンルとしてもいろいろなものを弾いていきたいです!

>タワシさんは音楽の知識も豊富なので、ジャンルが違ってもすんなりと入っていけて楽しめるのでしょうね。うらやましいです。
→いやいやいや~ どうでもいい雑学的なことは結構知っているかもしれませんが、音楽知識はそんなに豊富ってわけじゃないですよ。

>早くタワシさんにレッスンしてもらえる日が来るといいなぁ~。
ええええッ!まだそんなことを言ってるのですか?
金魚さんみたいな上手な人に教えられないですよ~
コード奏とかレッスン受けてませんでしたっけ?私の記憶違い?
2017/06/24(Sat) 00:19 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
いもコンさん>
お返事遅くなりました!
は~い、あれ以来すっかりクラシックに染まっています。
昨日はなんとベトベンの悲愴 それもまさかの第1楽章まで弾いてみちゃいました!雪が降らなきゃいいですが(^^;

ブログのほうも読ませていただきましたが、今回の調律ほんとに大変でしたね。
わたしもたぶん他のみんなも、いもコンさんにはただただ感謝しかないですよ~
でもそんな苦労も、「よい勉強」と前向きにとらえられるいもコンさんが素敵♪


>次はどこで会えるかな?
楽しみに練習しま~す♪
あ、ディアベリの連弾いつかやりましょうね~o(^▽^)o
→わたしも楽しみにしてますよ~☆
連弾やりたいですね。
ディアベリもいいですが、お母様と連弾したという唱歌、童謡にも心惹かれます~


2017/06/26(Mon) 08:50 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
ちこpiaさん>
お返事遅くなってごめんなさい~

はい、発表会楽しかったです!
クラシック愛も復活しました!!(もっとも、聴くほうは、今までと変わらずクラシックが7~8割以上でしたが)
きのうも 礼拝から戻ってから、ハイドン、モーツァルト、ベートーベンと古典派ソナタを弾きまくりでした♪

>今月の某会合で主役の方やゲストの方々の華麗なるクラシック曲演奏を聴いて、かなり感化されました。
→ああ、あれですね!私も行きたかったなあ。
特に主役の方の音は、格別に美しかったでしょう?
また自分と同じアマチュアの人たちが、何曲に積極的にチャレンジしている姿にも、刺激を受けますよね~

>楽譜を読んできちんとその通りに弾く。という作業も一時はあんなにめんどくさくて小難しい作業だったはずなのに、今はそれが新鮮に感じるのでなんだか自分でもおかしな気分です。
→うんうん、わかります!わたしもまさに今そうなんですよ!
しばらく離れていたのがかえってよかったような気がします。
リフレッシュ~!ですね!

>今考えているのは、ハイドン系の曲です。(タワシさんには簡単すぎる曲かもしれませんが)
→わ~なんだろう?楽しみです。
ハイドン系ということは、ハイドンそのものではないのですよね?
あの路線の曲って、実際に弾くとなかなか音の粒がそろわなかったりして難しいのですが、譜読みはほんとに気持ちよくできますよね。

ではでは、これからもお互い「音楽してる!」という喜びを日々味わいつつ、ピアノライフをエンジョイしていきませう~v
2017/06/26(Mon) 09:09 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
ゆきさん>
お返事遅くなってごめんなさい。

発表会ほんとに素敵な時間でしたね。
ゆきさんとご一緒できて嬉しかったです。
ゆきさんの、優しい音の、歌心あふれた演奏、またナマで聴きたいです!

ポピュラーはほんとに弾きなれてらっしゃる感じでしたが、
クラシックはやはりしんどいですか?
わたしもポピュラーメインでやってた時期が長いので、クラシックは楽譜の情報量が多いなああって感覚があります。
でもやはり長い歴史の中を生き抜いたクラシックってさすがにすごいなあと思うことも少なくないです。
それに、クラシックに真剣に向きあうと、ポピュラー系以上に、自分の音楽的な成長の手ごたえを感じたりもします。
あれ(発表会)以来、またクラシックをやる気が復活したのはよかったなと思ってます。

次回お会いしたときは(たぶんどこかの練習会になると思いますので)お互いにクラシックも(もちろんポピュラーも)弾きましょうね~♪
2017/06/26(Mon) 11:02 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
Nekoushiさん>
コメントありがとうございます。お返事遅くなってしまい、ごめんなさいね。

>タワシさんのクラシックが復活することには、疑いを持っていませんでした。
→どうもです~笑
わたし自身も、さすがにこのまま一生クラシックから遠ざかったままってことはないだろう、とは思っていました。
でもやっぱり何かきっかけは必要ですね。
発表会や練習会でいい刺激を受けるのが一番かもしれません。

>何か月か前に過去の音源を集中的に聴かせていただいたことがあって、私の中では、タワシさんはハイドンと相性がいいというイメージになっています(*'▽')
→なんと!過去の音源まで!?
恐縮です~ かなりひどいものも入っていたでしょう?汗
ハイドンはこれまで割と弾いてますね。
数年前まではほとんど関心がなかったのですが、やってみると意外と面白い曲が多いです。
相性、どうなんでしょうね?でも、向いている、あっているといっていただけるのは嬉しいです。

>音源でハイドンやモーツァルトを聴けますことを楽しみにしてます!
→は~い、たぶんDustBoxでのアップになりそうですが、とりあえず途中経過ということで近日中にアップできるようがんばります!
2017/06/26(Mon) 11:13 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック