7年ぶりに・・・~J.C.Bach ソナタOp17-2~ 

ちょっとだけ手がけて放置した曲は数知れずありますが、そのうちの1曲を、たまたま楽譜が目についたので、弾いてみました。
大バッハの末息子、ヨハン・クリスティアン・バッハのソナタ ハ短調 Op17-2です。
ハイドンよりも3歳年下というだけあって、時代的には完全に古典派。このソナタも、大バッハのような対位法を駆使した音楽ではないですね。

過去記事を調べてみると、約7年前に練習したことがあったようです。
3,4日ほど練習したら、第1楽章の提示部だけなんとか通るようになって、それっきりになったみたいです。(タワシには極めて多いパターンだ~)
今回は、1楽章最後までちゃんと(!)弾きましたよ!7年前よりちょっとは進歩してる?笑

ハノンやチェルニーがどうしても弾く気になれないタワシにとっては、古典派の曲は指のエクササイズの教材でもあったりします。
この曲、難易度的にも曲の長さ的にも、それにちょうどいい感じなので、しばらくお付き合いすることになりそう。
第1楽章がそこそこよどみなく弾けるようになったら第3楽章に行きます。

過去記事によると、当時はあえて音源を探すのをやめていたようです。
(耳から覚えるタイプなので、ちゃんと楽譜に向き合うトレーニングをしようとしていたことがうかがえました)
今回はテンポの設定とか装飾音の弾き方とか確認したいことがあり、また一通り譜読みも済んでいるので、素直にYouTubeを頼りました。

ハノンやチェルニーがどうしても弾く気になれないタワシにとっては、古典派の曲は指のエクササイズの教材でもあったりします。
この曲、難易度的にも曲の長さ的にも、それにちょうどいい感じなので、しばらくお付き合いすることになりそう。
第1楽章がそこそこよどみなく弾けるようになったら第3楽章に行きます。

YouTubeより、クラヴィコードの演奏です。
チェンバロに比べてもかなり音量が小さく、パーソナルな楽器だったようですが、典雅な趣がありますね~♪

Johann Christian Bach :: Sonata in C Minor Op.17/2 :: Wim Winters, clavichord

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1460-2068f1ba