<今週の録音>「6つのやさしい小品」より 4.Romanze (フンメル) 

今回のシューイチは オーストリアのピアニスト・作曲家 フンメル(Johann Nepomuk Hummel 1778 - 1837) の、「(とても)6つのやさしい小品Op.52)」より、第4曲「Romanze(ロマンツェ)」です。(とても)とカッコつきで書いたのは、版によってタイトル表記が違うためです。
次回も8分の6拍子の曲をアップする予定といっていましたが、予定とは異なり、3拍子の曲となりました!

実は1年前にこの曲集の第3曲「テンポ・ディ・メヌエット」をシューイチにアップしておりました。興味のある方はこちらも聴いてみてくださいね♪
<今週の録音>テンポ・ディ・メヌエット(フンメル)

この曲集は、各局の性格や調性からすると、単なる6つの小品の寄せ集めというより、一連の組曲、もっと分かりやすく言えば6楽章制のソナチネ、と理解したほうがいいと、タワシは考えています。(6楽章制といっても、第1曲は指慣らしにスケールをさらっと弾くだけだし、第5曲もごく短いです)
そうすると、緩徐楽章に当たるのが、この第4曲「ロマンツェ」です。
「ロマンツェ」は「ロマンス」のドイツ語読みで、音楽用語では、美しい旋律を持つ叙情的な曲のことです。

ちなみに、第6曲「ロンド」は、「フンメルのロンド・ハ長調」として単独でも親しまれている、フィナーレにふさわしい明るく快活な曲です。
これもそのうちアップしたいと思ってます。

それでは、どうぞ~♪
[広告] VPS


「6つのやさしい小品」より 4.Romanze (フンメル)
[2017/09/23 21:41] 今週の録音 | TB(0) | CM(8)

土曜の夜ですが、早速聴かせていただきました~。(いつもは日曜の朝に聴くのが多いけど)
2連休+月曜日も半休をもらっててゆっくりしています。

最近心が疲れていたのですが、タワシさんの演奏を聴くとなんだか落ち着きますね。
素敵な音色をありがとうございます。

もっと聴いていたい~と思ったら、もう終わった!なので第3曲も聴きました。
踊り出したくなるような楽しそうな演奏でしたね♪
[2017/09/23 23:26] まんまるお月 [ 編集 ]

タワシさん お久しぶりにコメントします。
タワシさんの演奏心時よく聴かせていただきました。
可愛い曲ですね。
なんか子供が 春の花畑で 無邪気に 遊びまわっている光景をイメージしました。
また聴かせて下さいね~
[2017/09/24 21:19] ここまふぃん [ 編集 ]

まんまるお月さん>

まんまるさん、いつも録音聴いていただいて、感謝してます~♪
2.5連休ですか?少しはのんびりできて、心身の疲れ癒せたでしょうか?

いつものことながら、あっという間に終わってしまったでしょ?笑
ときどきはもっと長い曲もアップしたいですね。
第3曲(メヌエット)のほうは、小さなミスもありますが、楽しい踊りの雰囲気がよく出せたと思っていて、自分の録音のなかでは結構お気に入りなんですよ~☆
[2017/09/25 10:59] 私はタワシ [ 編集 ]

ここまふぃんさん>

ここまふぃんさん、お久しぶりです。
レッスン復帰されたんですね!
また楽しい記事楽しみにしてます。

演奏聴いてくだり、ありがとうございます。
>子供が 春の花畑で 無邪気に 遊びまわっている光景をイメージしました。
→なるほど~それ、いいですね!ほのぼのとしてて。
子供向けの曲で、素敵なの、また見つけましたので、近々アップしますので、聴いてやってくださいませ♪
[2017/09/26 10:31] 私はタワシ [ 編集 ]

こんにちは~

可愛らしい曲ですねぇ(^▽^)
フンメルのソナチネしか弾いたことないけれど
コロコロ変わる感じがとっても素敵♪

2個前の クラヴィコード!!
学生の頃だったか?楽器フェアの喧騒の中で
触ることは出来たけれど
結局は音色が良く分からなかったので
曲としてちゃんと聴けて嬉しかったです(>▽<)
ありがとうございます♪
[2017/09/27 13:24] いもコン [ 編集 ]

「美しい旋律を持つ叙情的な曲」、にふさわしい演奏ですね!音が綺麗だと思いました。

タワシさんは「易しい」曲も満足に弾けないとこの間書かれていましたが、客観的に聴くと、数年前と比較して、タワシさんは表現の幅も、それを支える技術もとてもアップされたと感じていますよ。
[2017/09/30 09:26] ゆきなぎ [ 編集 ]

いもコンさん>

お返事遅くなってゴメンナサイ!
いつもシューイチ聴いてくださって感謝してます♪

フンメルのソナチネって、ねこカフェ発表会で弾いたあのロンドのことですよね。あの曲の明るく楽しい雰囲気、いもコンさんにとても似合ってましたよ。

クラヴィコード、私は触ったことあります。楽器店のショールームで。
びっくりするほど音量小さいです。
紹介した動画でも、集音用のマイクが映っていましたよね。
ほんとに「個人で楽しむための楽器」なんだなあと思います。
楽器フェアはかなり混むのでしょうか?行ったことない・・・
人ごみはあまり得意じゃないので、フェアのときに行くのは遠慮しときます。楽器を買う当てもまったくないんだから笑
[2017/10/01 08:39] 私はタワシ [ 編集 ]

ゆきなぎさん>

とても嬉しいコメント、ありがとうございます。
>客観的に聴くと、数年前と比較して、タワシさんは表現の幅も、それを支える技術もとてもアップされたと感じていますよ
→ホントですか~!?
自分ではほとんど感じられないのですが・・・
耳の肥えた、そしてお世辞は言わないタイプのゆきなぎさんの「客観的」な感想として、謹んで受け取らせていただきます!!
考えてみたら、「易しい曲」の難しさをこんなに実感できるのも、もしかしたら成長のあらわれのひとつかもしれないですね。
でもやっぱり難易度低い曲でさえ思うように弾けない悔しさ、情けなさは残りますけどね。今回のシューイチでもかなり痛感しました。ううう。

[2017/10/01 09:08] 私はタワシ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1462-49950376