FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音>Wiegenlied(子守唄)(ヘラー)

今回のシューイチは、珍しくグランドピアノでの録音です♪
弾き慣れたデジピのほうが、断然気軽にUPできるのですが、ぜひ生ピアノの演奏で聴きたい、という一部(?)の方のご要望に、お応えいたしました~
1ヶ月前にグランド練習に行ったときに録音したものです。

曲は、ハンガリー生まれで、ロマン派の作曲家、ピアニスト、そして教師であったステファン・ヘラー(Stephen Heller 1813-1888)のWiegenlied(子守唄)です。
ヘラーは、ピアニスト、教師として活躍しつつ、ピアノ曲を中心に数多くの作品を残しましたが、現在それらは練習曲など一部を除き、ほとんど忘れられています。
今回お届けするのは、1851年に出版された「3つの小品」(作品73)の第3曲。
バルカローレふう、8分の6拍子の、優しい子守唄です。
それでは、どうぞ~♪
[広告] VPS

Wiegenlied(子守唄)(ヘラー)

[タグ未指定]
[ 2017/10/07 10:08 ] 今週の録音 | TB(0) | CM(6)
生楽器
こんにちは

やはり生ピアノの音はいいですねv
弦と弦が共鳴する、その場の空気に響く、
また調律も人がやる以上、電子楽器みたいにパーフェクトじゃないところに現実的な味わいがでるんでしょうかね。
[ 2017/10/07 11:08 ] [ 編集 ]
(^O^)/ピアノの音、いいですね。
でも、いつもじゃなくていいですよ。
だって、タワシさんは曲によってうまくデジピの音を変えて弾いてくださるから(^^♪

またまた知らない作曲家の作品をありがとうございます。やさしくてあったかいですね。
これからもよろしくお願いします。
猫ちゃんの寝姿も良かったです(*^^*)
[ 2017/10/07 22:47 ] [ 編集 ]
タワシさんへ

最近、巷では子守歌的な旋律の曲を耳にしていない様に思いますが、
私の気のせいでしょうか? 
リズムも時代と共に変わり、最近の流行歌(若い方が唄う歌)には馴染めなく
なってしまいました ~ 齢ですね。(笑)

本日はWiegenlied(子守唄)を生ピアノで演奏ありがとうございます。
さぞ、ステファン・ヘラーさんも喜んでいることでしょうよ。

(シンミより)
[ 2017/10/08 08:11 ] [ 編集 ]
michaelさん>
やはりいいですか、生音!
そういっていただけると録音した甲斐がありました。
これからもできるだけ生ピアノの録音をアップしたいと思います。

調律はデジピ族には無縁なもので、ビンボーなわたしとしては助かるのですが、ちょっと寂しくもあります。
せめて次回教会のアップライトが調律されるときに立ち会いたいと考えているのですけど・・・
[ 2017/10/09 10:04 ] [ 編集 ]
金魚さん>
>ピアノの音、いいですね。
でも、いつもじゃなくていいですよ。
→そういっていただけるとありがたいです、でないとたまにグランド練習に行って、シューイチの録音だけで時間が終わっちゃうことも往々にしてありそうなので。シューイチに何いつもアップしているような、短くて簡単な曲くらい、一発どりでさらっと弾けたらいいんでしょうけどね。情けないけどそれが実力なんだから仕方ありません、

>猫ちゃんの寝姿も良かったです(*^^*)
→子守唄、シューイチでも何度もアップしてますが、貼り付ける画像、最近はいつもネコちゃんの寝姿ですね。
自分では飼っていないのでネットから拝借してきた画像ばかりですが、曲の雰囲気にぴったりと好評ですよ。
[ 2017/10/09 10:21 ] [ 編集 ]
シンミさん>
>最近、巷では子守歌的な旋律の曲を耳にしていない様に思いますが、
私の気のせいでしょうか? 
→いえいえ、実際そうだと思います。
子守唄に限らず、むかしながらの童謡や唱歌を、次の世代に歌い継ぐということがごくごく少なくなり、さびしく思ったりしてます。やっぱりトシなのですね~(苦笑)

>リズムも時代と共に変わり、最近の流行歌(若い方が唄う歌)には馴染めなく
なってしまいました ~ 齢ですね。(笑)
→同じく!!です。
もちろん、ごく一部の例外はありますが。

>本日はWiegenlied(子守唄)を生ピアノで演奏ありがとうございます。
さぞ、ステファン・ヘラーさんも喜んでいることでしょうよ。
→いつも録音聴いてくださって感謝してます。生ピアノ録音もできるだけ増やしていきたいと思ってますので、引き続きよろしくお願いします。
[ 2017/10/10 12:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。