■<今週の録音>小さなワルツ(カルガノフ)

今回のシューイチは、3週間前の「おもちゃの兵隊の行進曲」に続き、ロシアの作曲家・カルガノフの「ユーゲントアルバム(子供のためのアルバム)作品25」から、「小さなワルツ」を紹介します。
今月の初旬、近所のスタジオにグランド録音に行ったときについでに録音してきたものです。

「可愛い女の子tが、大きな瞳をきらきらさせて、憧れのバレエのステージを想像しながら、部屋の中をくるくる廻ってる・・・」そんな場面を思い浮かべながら弾いてみました。
ロシアの作曲家はこういうチャーミングなワルツが得意、という印象があります。そういえば、チャイコフスキーのユーゲントアルバムの中でも「小ワルツ」はなかなかの佳曲ですね。

それでは、どうぞ~♪
 [広告] VPS

小さなワルツ(カルガノフ)

■コメント

■ [モル作]

ぐぁぁああああああストライクど真ん中な曲です。
左右それぞれ綺麗な音ですねぇ。
ロシアの人達の三拍子系は、惹かれるものが大量にあります( # ´Д`)
グランドピアノの演奏も素晴らしい。。

■ [私はタワシ]

もももももももももるさくさん!お久しぶりです! 
わずか1分少々の小品ですが、が楽しんでいただけたようで何よりです(=´▽`=)
メイドインロシアの3拍子系、いいですよね!私も大好きです。この曲も最初の2小節で、ああーロシアっぽい!と、感じました。

グランドピアノは、やはり気持ちいいですね☆
弾く機会があるときはできるだけ録音もしていきたいと思ってます。(含、シューイチ用)
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

今日の練習メニュー

<6月12日> ♪マズルカ第41番嬰ハ短調 Op63-3 ♪同55番ニ長調 B4 ♪同50番イ短調『ノートル・タン』(以上、ショパン) ♪学生王子のセレナード(ロンバーグ)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム