FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音>オリエンタル(シャミナード)

今週の火曜日に、歯医者で小手術をして、心身ともに消耗したタワシです。
病名は「歯根膿胞」といって、字を見てのとおり、歯茎の根っこに膿の袋ができる病気です。
歯茎を切開して膿を出し、傷口を縫いました。
所要時間は麻酔込みで1時間あまりです。
今は普通にしていればほとんど痛みはありませんが、食事したり顔を洗ったりするとまだ痛いし、糸が入ったままなので(水曜日に抜糸予定)ひきつれるような違和感があります。 
といっても翌日から普通に仕事もしたくらいなので、当然シューイチはこれしきのことでお休みにはなりません!笑

前々回のシューイチで取りあげたシャミナードの「子供のためのアルバム」から、第9曲「オリエンタル」を弾いてみました。
シャミナードは、当時盛んだった「異国(とりわけ東洋)趣味」を取り入れつつ、初級レベルの平易な技巧で弾ける小品に仕上げています。

ちなみにシャミナードの「異国趣味路線」の大作としては、「ピアノとオーケストラのためのコンツェルトシュテュック(小協奏曲)作品40」という曲があり、(クラシック音楽としてはいささか通俗的過ぎるかもしれませんが)キャッチーなメロディーと華麗な演奏効果を持つなかなか魅力的な曲ですよ。

それでは、どうぞ~♪
[広告] VPS

オリエンタル(シャミナード)

[タグ未指定]
[ 2017/10/28 18:29 ] 今週の録音 | TB(0) | CM(4)
あ~オリエンタルになってますなってます!(*^-^*)いい感じ。これ、デジピ音がいいかも。タワシさん、選曲goodです(^^)v

何事にもめげずにシューイチを続けてらっしゃるのは本当に尊敬します。私ならきっとしっかりお休みでしょうね(^^;本日もお疲れさまです。そして、ありがとうございました。

で、その協奏曲とやらもいつかやってくださるのですか?( *´艸`) お待ちして…よろしいでしょうかね。
[ 2017/10/28 18:48 ] [ 編集 ]
こんにちは~(・▽・)
アラブのような トルコのような
低音が効いている曲ですね♪

ピアノとオーケストラのためのコンツェルトシュテュック(小協奏曲)作品40
をユーチューブで聴いてみているのですが
インディージョーンズの世界に行ったみたいな気分です♪

お口の中の傷 お大事に!!!
[ 2017/11/01 14:17 ] [ 編集 ]
金魚さん>
いつもコメントありがとうです。
またお返事素遅くなっちゃってごめんなさいね〜(^^;;

オリエンタルになってますか?デジピの音に合ってる?
特にデジピの音色に合う曲を探して選曲してるわけではないのですが、もしそうなら結果オーライですね。

何があっても・・・とまでは言い切れませんが、よほどひどい怪我や病気、あるいはPC関係のトラブルがない限り、シューイチはまだまだ続けるつもりです。
意志が弱くて三日坊主な私ですが、人生で一つくらいは継続してできる何かがあってもいいでしょう(笑)

で、その協奏曲とやらもいつかやってくださるのですか?( *´艸`) お待ちして…よろしいでしょうかね。
⇨ん?何か勘違いしてませんか?「小協奏曲」と言っても内容的、レベル的に、完全に普通のコンチェルトなんですよ?ただ単一楽章というだけで。こんな難しい曲弾いてみようという気も起きません!タワシはクラシッック曲の演奏に関しては永遠のソナチネレベルです〜(看板はもうおろしているけど)
[ 2017/11/02 08:45 ] [ 編集 ]
いもコンさん>
こんにちは〜
昨日やっと抜糸が完了し、少しスッキリしました。
傷口はキレイとのことでしたが、深いところを縫ったので、抜糸も以外と痛くて、途中で表面麻酔をしてもらいました。

小協奏曲聴いてみましたか!?
インディージョーンズの世界みたい?ナルホド〜
いもコンさんより年上な私は、もっと古い映画を連想しちゃいましたよ(爆)アラビアのロレンスという映画です。そのテーマ曲、この小協奏曲と通じる雰囲気があります。
[ 2017/11/02 09:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。