■<今週の録音>庭の千草変奏曲(アイルランド民謡)

土曜日にイベント参加のため、今週のシューイチは前倒しで、本日UPします。
今回の曲はタワシにしては珍しく、非常に有名な曲です。
アイルランド民謡「庭の千草」またの名を「夏の名残のバラ」、その主題と3つの変奏から成る、初級者向けの変奏曲です。
「バイエル併用」と表紙にはっきり書かれた(笑)子供向けの小品集の中に入っている楽譜をもとに弾いています。
編曲者の名前は記されていません。

先ほど「楽譜をもとに」と言いましたが、実は一部改変(捏造?)しています。
楽譜では、この録音で 0分50秒 あたりから始まる、左手三連符の伴奏のパートにわざわざ(主題)と表示していますが(写真参照)

今回タワシは、もっと一般的にイメージされる「主題」をその前に置き、この楽譜で(主題)とされているパートを、第1変奏として扱っています。
さらに、楽譜ではワルツ風の変奏で曲を閉じることになっていますが、タワシは主題の一部分を回想してfinishしてみました。

それでは、どうぞ〜♪
[広告] VPS

庭の千草変奏曲(アイルランド民謡)

ふう〜 今週もなんとか間に合った〜
明日は、本命曲に専念いたします!

■コメント

■この曲 [クレモナ親父]

こんばんは。忙しい中欠かさずアップされる姿勢、すばらしいです。タワシさんの演奏を聞くにつけ、蓄積は力なりだな、だと思います。

そしてこの曲、最近バイオリン版がずっと気になってたんですよ。楽譜ダウンロード済みです(ダウンロードしただけで、歯が立ちませんが(笑))。いつか練習したいと思います。

■クレモナさん> [私はタワシ]

コメントのお返事遅くなってすみません。

>忙しい中欠かさずアップされる姿勢、すばらしいです。タワシさんの演奏を聞くにつけ、蓄積は力なりだな、だと思います。
⇨ありがとうございます!自分では「なんでこんなに亀のようにあゆみ(=成長)がのろいんだろう?」と、自分の演奏にがっくりすることが多いんですが、それでもやっぱり少しずつでも力はついてきてるんでしょうかね?だといいな〜

>この曲、最近バイオリン版がずっと気になってたんですよ。楽譜ダウンロード済みです(ダウンロードしただけで、歯が立ちませんが(笑))。
⇨クレモナさんでも歯が立たないということはかなり上級者向けのアレンジですよね?
もしかしてエルンストが編曲したバージョンでしょうか?
https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=uA0ugX-v5NU
この編曲かなり有名なんですよ。うちにも確かCDがあったと思います。
違うバージョンだったらごめんなさい。でもいずれにしてもクレモナさんのヴァイオリンでこの曲聴いてみたいです💖

■ [モル作]

後半の変奏がクラシカルでめっちゃ良いですね。
先に曲聴いてから本文を読んだんですが、タワシさん構成なんですね。
すんばらしぃ( # ´Д`)

■若っ [クレモナ親父]

そうです、このバージョンです。
が、なんともまぁ、バブル時代バリバリの衣装で、悪いですが「りぼんの騎士かっ」とツッコみつつ大笑いしてしまいました。

私はヒラリー・ハーンのバージョンを見ていました。
https://www.youtube.com/watch?v=rpss7GsCj7A

もちろん演奏は全く笑えませんです。
こんなに弾けたら良いなぁ・・

■モル作さん> [私はタワシ]

いつも聴いてくださってありがとうです♪

>タワシさん構成なんですね。
すんばらしぃ( # ´Д`)
⇨いやいや、ほとんど楽譜通りなんですよ、最初と最後に「原曲」(?)をくっつけた以外は。

モル作さんも ちょっと曲をいじったりすることありますか?

■クレモナさん> [私はタワシ]

やはり、エルンスト編のバージョンだったんですね!楽譜、真っ黒けなのでは(笑)尻込みせず、弾いてみようと思えるだけでもう十分かっこいいです。いつか生演奏で、聴かせてくださいね〜

>なんともまぁ、バブル時代バリバリの衣装で、悪いですが「りぼんの騎士かっ」とツッコみつつ大笑いしてしまいました。
⇨笑笑
確かに言われてみればそんな風にも見えてきました。
でも大笑いって。。。芸人じゃないんですから!
曲のきらびやかな雰囲気に合わせたつもりだったのでしょうね。

■ [モル作]

ちょろっと弄るのは、たまにやってます。
炎上しかねない気がするのであんまり記事には書きませんが、延々弾いてると飽きてくるので、学生が教科書読んでる時みたいな温度差が出てきたら、少し捏ねくり回します。
で、それも飽きたら元に戻す、みたいな。

■モル作さん> [私はタワシ]

やはりすでに遊んでますか?笑

>炎上しかねない気がするのであんまり記事には書きませんが、
ええ〜?そんな程度のことで炎上します?心配しなくていいと思うけどなあ・・・

思えばショパンだってモーツァルトだって自作の曲を弾くとき決していつも楽譜通りだったわけでなく、即興で楽譜にない装飾音入れたり、その他小さい改変をやってたりということはあったわけで。
そレ考えると捏造上等!ってとこでしょうか。
ただ明らかに かっこいい捏造とそうでない捏造はあると思います〜
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

今日の練習メニュー

<6月12日> ♪マズルカ第41番嬰ハ短調 Op63-3 ♪同55番ニ長調 B4 ♪同50番イ短調『ノートル・タン』(以上、ショパン) ♪学生王子のセレナード(ロンバーグ)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム