FC2ブログ

ST Rockerさん主催「知と音楽の世界・第3回」に行ってきました♪

ご報告が遅くなりました!この前の土曜日(11月25日)都内某所で、ブロとも ST Rockerさん主催の「知と音楽の世界」というイヴェントに参加してまいりました!

ST Rockerさんは、
理系なのに熱く音楽、政治・経済を語り、酒と冒険と音楽をこの上なく愛し、「ビートルズに関してはまだ誰にも語り負けたことがない」と自負する方です。
詳しくは ブログ ビートルズの新しい解析のページを、ご覧ください♪

このイベントは毎年1回開催されており、今回が3回目でした。
主催者・ST Rockerさんの「プレゼン」、アマチュア写真家・シンディ・ハーバーさんの写真による「スライドショー」、参加者が演奏や歌唱を披露したりみんなで歌ったりする「ミュージックタイム」の3部構成となっています。
会場は、ベヒシュタインのあるサロン。飲食可で、アットホームでリラックスした雰囲気なのがGOOD!
多趣味なST Rockerさんの人柄を反映し、参加された方々も、年齢層も趣味も、さらに参加のきっかけもさまざまでした。

今回のプレゼンのテーマは「宇宙」というスケールの大きな話題、二次会でわかったところでは、みなさんの一番の関心事は宇宙人の存在だったようです。笑
シンディ・ハーバーさんのスライドショーも素敵でした
そして休憩を挟み、いよいよミュージックタイムの幕開けです〜

第2回に引き続き、ST Rockerさんのお知り合いで、関西在住のフルート奏者・作曲家である上松明代さんがゲスト参加されました!
(第2回は参加できなかったタワシは、上松さんとは初対面でした)
上松さんのHPはこちらです⇨ 上松明代 音楽の力
せっかくベヒシュタインのピアノがあるのに、ミュージックタイムの時間枠は1時間半足らず、ピアノを弾いたのは4人のみというのは、ピアノ弾き的にはちょっともったいない気もしましたが、みなさん慎ましくて積極的に2局目を弾こうという方もおられなかったので、ちょうど良かったのかな笑
もちろん、ST Rockerさんの、ブログタイトルにするほどお好きなビートルズの弾き語りや、みんなで歌おうコーナー(今年は「ジングルベル」)などは、今年も大盛り上がりでしたよ〜♪

タワシのソロですが、
1巡目にあまり有名でない讃美歌2曲(「雪降る夜に愛の小羊」「ベツレヘムの町」)のタワシ編曲バージョンをメドレーで弾き、2巡目は Johann Wilhelm Hässler(ヨハン・ヴィルヘルム・ヘスラー)のソナタイ短調を演奏しました。
が・・・会場のベヒシュタインがタワシにとっては弾きにくい楽器で、タッチコントロールが思うようにできず苦戦・・・
ヘスラーのソナタに至っては、練習二日目のDustBoxといい勝負という出来で・・・(涙)
いろんなピアノに対応できる順応力が欲しいです、ホントに。

そしていよいよ、上松さんとのアンサンブルですが、長くなりますのでこれは別の記事にさせていただきます。
(しばしお待ちを〜)
演奏の後、上松さんによるミニレクチャーと、こ自身の新作動画の紹介がありました。
ホラーとコメディーが好きという上松さん。それを生かした映像と、ご自分の奏でる音楽を融合させて、独特の世界を作ってらっしゃいます。個性的なアプローチがとても興味深かったです。

興味深いといえば!二次会での皆さんの会話も、ピアノ弾き集団の二次会とは全く違った、「タワシの知らない世界」(笑)の話が続々出て、楽しかったですね〜
翌日の礼拝の準備がありますので、残念ですが二次会は途中でおいとましました。

イベントは、おそらく来年以降も続くと思います。
ご都合が合えば是非ご一緒しましょう〜♪

テーマ : 日記 - ジャンル : 音楽

comments

こんばんは

何かとても楽しそうなイベントですね。
ピアノばかりの練習会とか発表会とかしか知らない人にとっては、また別世界な感じがして興味深く読ませていただきました!
タワシさんも やっぱり もちろん 演奏されたのですね。
聴きたかったな~♪

ありがとうございます

タワシさん
おはようございます。
土曜のイベントをこのように紹介していただき、ありがとうございます。
なんかとってもくすぐったい(^^)/ですが、正直、とてもうれしいです。
今回、上松さんの伴奏をタワシさんにお願いして本当によかったです。
本当に素敵でした。ソロもとてもよかったです。
イベントはさらにバリエーションも頻度も質も量もさらに発展していく予定です。
今後ともよろしくお願いします。

No Title

こんばんは!
読ませてもららっただけですが、とても楽しそうなイベントですね~♪
タワシさん、いろんな方と交流があるんですね~
フルート奏者さんとのアンサンブルの記事も待ってます~

ピアノは、場所場所でいろんなピアノを弾けるのはいい所ですが、ピアノによっては弾き方も変わったりして、順応するのが難しいですよね。

ゆめゆりさん>

コメントありがとうございます。ピアノOnlyの会とは一味も二味も違う集まりの話ですが、興味深く読んでもらえてよかったです(^O^)
ゆめゆりさんもお近くなら是非来ていただきたかったですが、ちょっと遠すぎですよね・・・

>タワシさんも やっぱり もちろん 演奏されたのですね。
聴きたかったな~♪
⇨はい!アンサンブルもソロも演奏させていただきました。
アンサンブルの録音は次の記事でアップしますね。イベントからだいぶ日が経ってしまって早くアップしたいところですが、昨日は土曜日だったのシューイチを優先しちゃいました。

ST Rockerさん>

おはようございます。
先日はお疲れ様でした。こちらこそ、何から何までお世話になりまして感謝してます。
今回の記事で書ききれないことも多くかなり端折ってしまいましたが、多少なりとも会の魅力をみなさんにお伝えできていれば幸いです。

>今回、上松さんの伴奏をタワシさんにお願いして本当によかったです。
⇨私よりずっとピアノ上手な方もおられるのに指名していただいていいのかな〜と思いましたが、上松さんとのアンサンブルはとても楽しかったです。緊張でいつも以上にミスタッチはしちゃいましたけど。次回はちょっとでもいいので音合わせ(リハ)の時間があるとありがたいです。

>イベントはさらにバリエーションも頻度も質も量もさらに発展していく予定です。
今後ともよろしくお願いします。
⇨はい!期待してますよ〜
できる限り参加させていただきますので、よろしくです!

こゆきさん>

コメントありがとうございます。
このイベントも、今後とも定期的に開催の予定があるようなので、お近くだったら是非是非とお誘いするんですが・・・。

>タワシさん、いろんな方と交流があるんですね~
フルート奏者さんとのアンサンブルの記事も待ってます~
⇨ブログ歴も結構長くなりましたからね〜
交流の輪も それに合わせて着実に広がっていますね(^ ^)
もちろんその一方でお付き合いの機会がなくなったり減ったりする方もいますけどね( ; ; )
フルートとのアンサンブルの記事お待たせしててすいません。明日こそは(定休日なので)書きたいと思ってます。

>ピアノは、場所場所でいろんなピアノを弾けるのはいい所ですが、ピアノによっては弾き方も変わったりして、順応するのが難しいですよね。
⇨ほんとにそうですね〜
過去に何度も、弾きにくいピアノのためにただでさえ下手な演奏がますますひどくなる、という経験をしました。
でも、いろんな発表会、練習会に参加してみて、上級者の人はどんなピアノを弾いてもそれなりに対応できる傾向があるように思います。そこが中級レベルの人との違いの一つなんでしょうね。(なーんて、中級レベルにも程遠い私が生意気なことを申しました・・・)

No Title

楽しそうなイベントですね~
しかし、他の方も書かれてますがほんと交流があちこちあるのは羨ましい!

ブログ関係やら、教会関係やら、タワシさんは弾く場が多いのが凄いですよね

びこさん>

コメントありがとうございます。
マイ楽器は安物のデジピ、しかも独学と言う、上達のためにはとっても厳しい環境ですけど(涙)音楽仲間には恵まれてるし、教会でも弾く機会が与えられていることには本当に感謝してます。
アンサンブルは、自分のなかでは、最近になってぐっと身近になった感じです。(以前から憧れはありました)

びこさんも これからどんどん交流の輪が広がっていくんじゃないでしょうか?楽しみですね!

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
今日の練習メニュー
<12月18日> ♪Christmas dance (Vezzoli) ♪氷の国の踊り(森垣桂一) ♪コラールプレリュード・甘き喜びのうちに(バッハ) ♪パスピエ1&2(イギリス組曲第5番より)(同) ♪悲しいワルツ(ヴェチェイ) ♪ソナタイ短調・第1楽章(Haessler) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ)
にほんブログ村
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
TWITTER
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる