FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

たのしい練習会(仮)vol.3

ご報告が遅くなりました!
一昨日の火曜日、たのしい練習会(仮)vol.3 に、行ってまいりました!
前日に降った記録的な大雪と、大流行中のインフルのため、欠席者が相次ぎ、開催も危ぶまれる状況でしたが、幸い当日はお天気は回復、午後には雪もかなり溶けて電車も動き、5名の参加で無事開催することができました。

会場は前回と同じく、スタインウェイのフルコンを擁する、都内・某ホールの練習室。
今回のメインは、バッハのドッペルコンチェルト。今回残念ながら参加できなかった人たちも「ドッペル、ぜひやりたい」と声を揃えていた、ヴァイオリン弾きにとっては鉄板曲です。
この曲に関しては伴奏はもう一人の伴奏者Yさんに任せっぱなしなので、タワシは聴き役に専念して、生ヴァイオリンの音色と、バッハの対位法の妙技を存分に楽しみました。
全員が参加できたら、さらに多様なカップリングで、曲を楽しめたはずでした。そして練習会のかなりの時間がドッペル1色に染まったはずでした。
それを見込んで、今回、今までにもまして練習不足のまま当日を迎えたタワシ・・・
ズタボロの伴奏で、ご一緒した方々には大いにご迷惑おかけしました。
特にエルガーの「夜の歌」は最初の1ページしか弾けず、お恥ずかしい限り。
次回までには必ずさらっておきますね!
CPさんが愛してやまない「タイスの瞑想曲」も第2回に続いて伴奏したんですが、ヴァイオリンは大いにレベルアップしていたというのに、タワシの伴奏は前回と比べてほとんど進歩なし。
今回初めての試みで楽しかったのが初見大会。エルガーの「6つのやさしい練習曲」なるものを、タワシがネットから発掘してきて、ヴァイオリンの方たちに初見にチャレンジしてもらったのですが、これがなかなか好評でした(ここでは特にMさんの初見能力の高さに賛嘆!)ちなみに『6つの〜』はエルガーがヴァイオリンの教師をしていた時に、初級者の教育を目的として書かれたいわゆる「教材」で、ヴァイオリン・パートは全てファーストポジションで弾けるように作曲されているのが特色です。

参考までに・・・当日演奏された曲たちです。
(☆印は伴奏タワシです。
 ★印は曲目が重複してますが演奏者がが違います)
★バッハ:ドッペルコンチェルト1・2楽章
☆エルガー:朝の歌/夜の歌
☆パラディス:シチリアーナ
いきものがかり:ありがとう(ピアノソロ)
冬のソナタより:はじめから今まで/My Memory(ピアノソロ)
★ベートーベン:メヌエットト長調
☆マスネ:タイスの瞑想曲
★バッハ:ドッペル1・2楽章
☆エルガー:Exercise tres faciles(とても易しい練習曲)
ベートーベン:スプリングソナタ
ヘンデル:ラルゴ
☆エルガー:愛の挨拶(D dur、E dur)
★ベートーベン:メヌエットト長調
バッハ=グノー:アヴェマリア

そういえば今回ピアノソロを弾かなかったなあと、後になって気がつきました。
人前で弾けそうな曲もこれと行ってなかったので、別にいいや〜って感じです。
伴奏でたっぷり弾かせていただいたので満足です。

二次会はこれまた前回と同じ、駅のそばのファミレスで。
曲の完成度をどこまで追求する?
たのしい練習会もいいが、時には「コワい(=厳しい)練習会」も必要か?
などなど、これからの会の方向性についても、かなり突っ込んだ有意義な話ができました。

主催のクレモナ親父様はじめ ご一緒した皆様、ありがとうございました!
今回ご一緒できなかった皆様、次回は是非ともにアンサンブルを楽しみましょう♪

[タグ未指定]
[ 2018/01/25 23:53 ] 練習会・弾き合い会 | TB(0) | CM(8)
お疲れ様でした
タワシさん、こんにちは。
交通の不安まであるところ、ご参加いただきありがとうございました。
少数精鋭の練習会になりましたが、それはそれで充実していましたね。皆さんの情熱の賜かと思います。

エルガー先生はあまり優しい人ではなかったように思います。だって、「簡単」のレベルが高すぎます。

また次回もよろしくお願いいします!
[ 2018/01/26 11:55 ] [ 編集 ]
こんにちは。
今回は、参加できずほんとに残念でした。
レポありがとうございます(*^^*)
楽しみにしていました。
とても充実した練習会だったんですね。
怖い練習会は遠慮して(^-^;
楽しい練習会、次回はぜひぜひ参加したいです。

[ 2018/01/26 15:52 ] [ 編集 ]
今回は初めての参加の予定でしたので、楽しみにしていたのですが、参加できず、残念でした。

レポート拝見すると皆様のレベルの高さに少し、気後れしてしまいますが、次回は楽しく^^;参加できるようにドッペルも、もっと復習しておかないとです・・・
[ 2018/01/27 10:52 ] [ 編集 ]
クレモナさん>
明日でもうあれから1週間ですね〜
あの日降った大雪の一部がまだ溶け残っていますが・・・
今回も何から何までお世話になりっぱななしでした。
大雪やインフルに祟られながらも無事に開催できたのは、ひとえに主催者クレモナさんの人格の賜物かも?

ドッペルやっぱりいい曲ですね。耳福でした♪
今回参加できなかった方も含め、ドッペルファンの方も多いようですので、今後も毎回取り上げて、ぜひ完成度を高めていってください。

エルガーの曲 難しかったですか?
とても易しいとエルガー先生が表題に書いてらっしゃったのですが。。。
Mさんの初見能力には圧倒されましたね。クレモナさんはどちらかといえば視覚より聴覚で曲を覚える方なので大変だったかもしれませんね〜
私の方は初見じゃないのに伴奏が下手くそで、失礼いたしました(汗)

次回も楽しみにしてます。
二次会で日程が決まらなかったので、また話し合いましょう〜
[ 2018/01/29 11:16 ] [ 編集 ]
こゆきさん>
こゆきさん、体調はいかがですか?
今回は本当に本当に残念でしたね。
遠方からのご参加に向け、準備万端でいらしたのに、このタイミングでインフルをもらっちゃうなんて、悔しすぎますよね!
今回無事開催できたのはよかったですが、やはり来られない方々のことを思うと、寂しかったです。
次回はぜひぜひご一緒しましょう!
怖い練習会は私も耐えられる自信ありません(こう見えてメンタル弱いので)
もし怖いのをやる時は「レッスン見学」に徹して観客席にいるつもりです(笑)
というわけで、まずは楽しい方で、お会いしましょう!
[ 2018/01/29 11:23 ] [ 編集 ]
anisさん>
コメントありがとうございます!
今回は本当に残念でしたね。
自然が相手ではどうしょうもありませんね。
今回インフルの大流行もあり来られなかった方が多かったので、次回はぜひ皆さん来られるといいなあと思っています。

>レポート拝見すると皆様のレベルの高さに少し、気後れしてしまいますが
⇨私のピアノを聴けばかなり安心できると思います(笑)
それに和気あいあいと楽しい雰囲気でやってますので、どうぞお気軽に!

次回は怖い方じゃなく楽しい方で、と、主催のクレモナさんにお願いしておきますので、安心していらしてくださいね〜
[ 2018/01/29 11:31 ] [ 編集 ]
タワシさん、こんにちは。
練習会の日は何とか、参加できてよかったです。
今回も充実した一日になりました。ありがとうございました。

今回参加できなかった方も、次回は一緒にドッペルできたらいいな、と思っています!
バッハは昔から好きな作曲家なのですが、きっとまだ知らない素敵な曲が沢山あるのではという気がしてきました。

エルガーの朝の歌/夜の歌、タワシさん&クレモナさんデュオの演奏は素敵なので、もしご都合など良かったら、いずれかの演奏会で聴けたらいいな、と思っています!

私もたまにはピアノ以外の楽器もやりたいな、ということで、リコーダー、購入を前向きに考えてみます。

次回も楽しみにしています。よろしくお願いいたします。
[ 2018/01/29 12:16 ] [ 編集 ]
ゆきさん>
当日はお疲れ様でした&ありがとうございました!欠席された方が多くちょっと残念でしたが、あの状況で無事に開催できて何よりでした。ゆきさんも来られて本当に良かったです!ゆきさんが不在だとピアノ弾きが絶対的に足りないですし〜

ドッペル、ほんとに名曲ですよね〜
ヴァイオリンをやっている人にとっては、一生手の届かない高い山などでは決してなく、なのに登ってみると、その都度新らしい素敵な発見がある山、というところなんでしょうか。
次回以降もこの練習会では定番曲になりそうな予感ですね。もちろん、今回来られなかった方々も含めて。

エルガーの、朝&夜の歌に 暖かいコメントありがとうございます!特に「夜」は難しいところも多いので本気で練習しないと〜。人前演奏の機会、いつかあれば・・・と私も思っていますが、こまめに合わせ練習できないのがネックですかね〜。まずは、(次回から新設される予定の)あの練習会の中の本番タイムで弾くところからですかね。

リコーダーいいですね!
購入したら是非おしらせください。
リコーダーならすぐ演奏できる人も多いでしょうから、二重奏、三重奏、四重奏・・・、などもできるかも!楽しみですね!
[ 2018/01/31 10:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。