■フーガとセットじゃなくても・・・〜BWV849プレリュード〜

今年は、2週間前の水曜(2月14日)が、「灰の水曜日」つまりレント(四旬節)の最初の日でした。(イースターや受難日が、その年によってカレンダー上の日付が変動するのと同様、「灰の水曜日」も年によって日は異なります)
信仰の先輩たち、あるいはこんにんちでも敬虔なクリスチャンたちは,レントの期間を断食や祈り、慈善活動のうちに過ごした(過ごしている)ものですが、タワシはごく普通の生活を送ってます(^^;;
とは言ってもこの日、十字架上のイエス=キリストを思わずには聴けない(弾けない)BWV849のプレリュード http://www.ymm.co.jp/pianorg/detail/23 を、身の丈不相応にも弾いてみたのは、神様の導きだったような気がします。

実は・・・それから今日まで2週間の間、たまに弾かない日を挟みつつも、このプレリュードを練習し続けてます。
未だにビフォー版を上げるにも程遠い状態ですし、多分これからもひっそりとひとりで音を並べて満足するような気がしますけど、でも大事に大事に弾き続けていきたいと思ってます。

BWV849・・・それはつまり、「平均律」第1巻第4番です。
今更言うまでもありませんが平均律クラヴィーア曲集といえば「プレリュード」と「フーガ」のセットが、24の各調ごとに一組づつ、調はハ長調から始まって半音ずつ上がっていく、という構成になっています。
もちろんプレリュードとフーガはセットで弾くことが極めて望ましいです。それはタワシだって百も承知してます。
でもシンフォニアの1曲も弾いたことがない(ついでに言えばインベンションだって遊び弾きで何曲か音出ししたことがあるに過ぎない)タワシには、平均律のフーガはどれも、あまりにハードルが高くて。
一方、プレリュードの方は、頑張ればそこそこ弾けるようになる可能性のありそうな曲がいくつかあります。
邪道と言われるかもしれませんが、そんな、もしかしたら弾けるかもしれないプレリュードたちだけでも、実際に指に当ててみたいなあと、そんな気になりました。

BWV849のプレリュードは、バッハが当時10歳くらいだった長男のヴィルヘルム・フリーデマンに教育目的で弾かせていた曲でもあります。
(フーガの方はおそらく、もっと後になってから、練習させたのでしょうね)
偉大な父はどんなふうに息子に教え、10歳の息子はどんなふうに弾いていたのでしょう。
もしタイムマシンがあったなら、ぜひその現場に立ち会ってみたいものだ、と、一瞬思いました。


■コメント

■ピアノで弾くバッハ [ぴあのけものみち]

ピアノで弾くバッハにはすごく抵抗がありますが、スヴャトスラフ・リヒテルの第1巻だけは好きです。
(最後のロ短調も好き)

■BWV849 [michael]

こんにちは

深みがあって好きな曲ですね、10歳の息子に弾かせたというのが驚きです。

とにかくフーガで書かれているというだけで、ハードル高いです、
インベンションは過去に2曲ほど練習しただけです;
リュートの為のフーガも曲自体少ないけど、テーマのアーティキュレーションを整えるのがやたら難しいです。

■No title [Nekoushi]

平均律のプレリュードだけ弾くのも、大いにありだと思いますよ(*^_^*)
有名な1番のプレリュードだってソナチネアルバムに単独で収録されてますし…。
神様のお導きの4番のプレリュード、ぜひぜひ大事に引き続けてくださいね。

■ぴあのけものみちさん> [私はタワシ]

>ピアノで弾くバッハにはすごく抵抗がありますが、スヴャトスラフ・リヒテルの第1巻だけは好きです。
⇨あら〜ピアノで弾くバッハあまりお好きではないですか?
私はピアノ版もチェンバロ版も同じくらいの割合で聴きますよ。
ただ、本物のチェンバロか、あるいはせめてチェンバロの音色をリアルに再現できる電子ピアノでも手元にあれば、ピアノよりそっちの音で弾きたいと思うかもしれませんね。

>(最後のロ短調も好き)
⇨ロ短調(24番)のプレリュードはいつかひいてみたいと思っている曲の一つです、もちろん、フーガは、はなっから諦めているので、プレリュードのみですが。

■michaelさん> [私はタワシ]

michaelさん こんにちは!

>深みがあって好きな曲ですね、10歳の息子に弾かせたというのが驚きです
⇨本当に心の深いところが揺さぶられるような曲です。
この曲について調べた時、「10歳の子供に弾かせたということから、そんなにシリアスにならずもっと軽くさらっと演奏すべき曲である」という趣旨のことを書いているサイトが目にとまりました。
でも「子供も弾く曲だから軽く」というのはどうなのかなあと私は思ってます。子供だって感性の豊かな子は豊かです、ましてあの大バッハの子供なら遺伝的にも環境的にも最強でしょう!そんな息子に対して、子供の頃から妥協せず最上級の教材で指導していたんですね〜

>リュートの為のフーガも曲自体少ないけど、テーマのアーティキュレーションを整えるのがやたら難しいです。
⇨10本の指が自由に使える(私のように思うように使えない人もいますが・汗)鍵盤楽器より、リュートやギターでのポリフォニーの演奏は一層ハードル高そうに思います。フーガなんてほんと難しそうです!弾ける人、マジで尊敬します!

■こんにちは~(・▽・) [いもコン]

バッハ先生 ちゃんとパパしてたんですねぇ(^▽^)ふふふ
とっても綺麗で素敵な曲だなぁ♪
小さな手に無理が無いように など 色々と考えて作ったのかな?

シューイチ 聴きましたよ~
スペインの曲はギターの音が良く似合っていますね♪
イタリアの曲は男性の歌声が聞こえてくるようでしたよ~(>▽<)

来週はリアルにお会いできますねぇ♪
みなさんの演奏を聴くのがとっても楽しみです(☆▽☆)
それでは また~

■Nekoushiさん> [私はタワシ]

>平均律のプレリュードだけ弾くのも、大いにありだと思いますよ(*^_^*)
有名な1番のプレリュードだってソナチネアルバムに単独で収録されてますし…。
⇨わ〜い♪音楽に造詣の深いNekoushiさんに、そう言ってもらえて嬉しいです。安心して練習に励めます!
そうそう、ソナチネアルバムに平均律の曲が入っているって考えてみたらちょっとすごいですよね〜。さらにあの曲は、グノーが自作の歌曲(Ave Maria)の伴奏に使っていたりして、それも含めると演奏機会、知名度ともに抜群ですね〜

>神様のお導きの4番のプレリュード、ぜひぜひ大事に引き続けてくださいね。
⇨目標は今年の受難日までに間にあわせることですけど、と言っても録音を公開したり人前(教会含む)で弾く予定は今のところ全くなくて、神様に聴いていただければいいと思ってるんです。神様は技術じゃなくて心をご覧になる方なので、完成しなくてもその時はその時で。なーんてね〜

■No title [ねこぴあの]

わあ、とても素敵!!讃美歌みたいですね。癒されます。
タワシさん、フーガもいけるのでは??

■いもコンさん> [私はタワシ]

こんにちは!お返事そ奥なってごめんなさい。

>バッハ先生 ちゃんとパパしてたんですねぇ(^▽^)ふふふ
とっても綺麗で素敵な曲だなぁ♪
小さな手に無理が無いように など 色々と考えて作ったのかな?
⇨平均律の中でもメロディの美しさでは最上級の曲だと思います!
最初から教育目的で作った曲というわけではなくて、既存の自作曲の中から 技術的に、また手の大きさ的に、子供でも演奏可能なものを教材として選んだんだと思いますが、本当に贅沢な教材、そして贅沢な先生です!!

シューイチも、いつも聴いてくださってありがとうです〜♪
最近世界民謡シリーズが続きまくりですが、またお付き合いくださいね〜

>来週はリアルにお会いできますねぇ♪
みなさんの演奏を聴くのがとっても楽しみです(☆▽☆)
⇨はい、私もいもコンさんはじめみなさんとお会いできるのが楽しみです。もちろん選曲や演奏も!

■ねこぴあのさん> [私はタワシ]

ねこぴあのさん、発表会お疲れ様でした!
本番を大いに楽しめたようでよかったですね😀
私も今週末頑張ります!

>わあ、とても素敵!!讃美歌みたいですね。癒されます
⇨バッハの信仰心が素晴らしく表現された曲だと思います。悲しみの向こうにも光が射してるのが、確かに感じられますよね。
この曲、ねこぴあのさんも是非弾いてもらいたいです!

>タワシさん、フーガもいけるのでは??
⇨あ〜それはないないない、絶対ないです!
フーガなんて、お手手的にもアタマ的にも完全に私のキャパを超えてます!涙
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

今日の練習メニュー

<6月12日> ♪マズルカ第41番嬰ハ短調 Op63-3 ♪同55番ニ長調 B4 ♪同50番イ短調『ノートル・タン』(以上、ショパン) ♪学生王子のセレナード(ロンバーグ)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム